横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1456386618417.jpg

節分の日の我が家の恵方巻。
が、作ろうと思って時間がなくなり、手巻きすしに変更となり(笑)
黄色いのは卵ではなく、カボチャの卵焼き風で、これがふんわり甘くてなんともいえない手巻きのアクセントになります。
そんなこんなで今年はより一層の手抜きになってきてしまった私のごはん。

しかし、、、、先週家族がひどい風邪にかかり、やっぱり食って大事だなと思った2月なのでした。
手抜きといっても体調や季節に見合ったバランスは大切なわけでして。
ここのところ、買ってきたものとか、インスタントで済んでしまうものが多かったことを反省。
私も忙しかった週を抜けて気が緩んだのか、風邪がうつり、めずらしく食欲なし。。。

そんなわけで、春に向かい体も心もすっと立ち直り空に伸びようと思った2月の終わりなのでした。

2月もあっという間。
今月は28日本牧ママヨガレッスンあります。
一緒にyogaしましょう。

お待ちしております。
ナマステ
スポンサーサイト



リニューアルオープンしてお値段も手ごろになった玄米ごはんが食べられるお店。
「Gemu」さん。
上大岡にあります。
ここのお茶が好き。

20150805124623_p.jpg
こちらは「南青山野菜基地」
横浜駅です。
横浜駅の地下は最近リニューアルして、ヘルシーなもの、食材も増えました。
でここもニューオープンのお店。
これは野菜だけで作られたカレーのようです。

20150925204718_p.jpg
これも同じく横浜ジョイナス地下。
「TRUESOUP」
定番メニューは違うのですが、一つのスープは「began」メニューで出ていました。外国の方々もちらほら。
そして、ベビーカー&赤ちゃん連れのお二人様ママ(ママとbabyちゃん)率も多かったですよ。
どちらも一人でパパッとごはんに向いている小さなお店です。

ほかにも、美味しそうなお団子とか、ドーナツとかいろいろ。。

とはいいつつ、タイミング合わずにお店は全然リピートしていないのですが、とにかくきれいになって入りやすくなっていますので、おなかがすいちゃった時にはいいかも。

たくさん食べて子育てパワーに活用しましょ♪

ナマステ



9月の大型連休。
この時期は毎年yogaフェスタが横浜のパシフィコ横浜で行われるのですが、今年は家族の時間。
と、去年から思っていて。

マザーテレサの世界平和についてできることについて、インタビューされたときの言葉
~「帰って家族を愛してあげてください」~

これがいつも心の片隅にあります。
安保法案などなど、国が揺れ動く今夏今秋。
原点はこの言葉の通り。
子供たちが笑顔で過ごせることを願うばかりです。

さて、そんなわけで家族で山梨へ帰省。
の前に、前回渋滞に懲りたので、安宿をとって八ヶ岳方面を満喫しました。

この緑のはっぱに、オオムラサキという蝶の幼虫がいます。
さて、どこでしょう??
自然って、虫ってすごいね。
見事に葉っぱに同化してるもの。
生きる知恵。
ただただ感動するばかり。

PhotoGrid_1443840937609.jpg

そして、二年ぶりの来訪です。
穀物菜食の美味しいカフェ、キッチンオハナへ。
以前マクロビオティックのchiho先生に教えていただいて以来、大好きな場所です。
ごはんもデザートも本気度が伝わるんです。
そんなご飯からは元気をもらえます。
で、ここの三年番茶。しょうがが入っていてしょうが番茶になっています。
これがほんとにもう美味しくて。
家族で何杯おかわりしたことでしょう。
料理や生活のヒント盛りだくさんのランチタイムでした。

PhotoGrid_1443841140135.jpg

さて、あおむし君のいたオオムラサキセンターには自然がいっぱい。
オバケは怖いのに、トカゲはつかめちゃう我が家の姉妹です。
翌日は清里の牧場に立ち寄り。
娘たちは動物に好かれるオーラがあるようで、どこにいってもヒツジに囲まれる(笑)
で、標高1900メートルの山の頂上へ行く途中で野生のシカも発見しました。
高台から見下ろす大地は涙がでそうなくらい広大で、走ったら飛べそうだな、と思わず助走してみたわが家族。。。

PhotoGrid_1443841257144.jpg

実家に戻ってからは娘の従妹やじぃじ、ばぁば達と富士山方面を堪能。
ここでもなぜか動物に好かれる長女。
白雪姫だ。

久しぶりに家族で予定を合わせあった長いお休みに感謝。
大地に感謝
家族に感謝。

緑って、癒されるなぁ~。



この夏大絶賛で美味しかったもの。
私のyogaのパンフレットを置かせていただいている大好きなカフェKUKURUのこのランチ。
暑い日は食が進みません。いや、私に限ってはそうでもないか(笑)
でもね、玄米はさすがに食べる気にならないなぁということが夏はよくあります。

そんなときのメニュー。
海苔巻き。
韓国風でごま油が聞いていてこれがほんとに美味しいの。
ぱくぱく食べられちゃう。
そして、温かい味噌汁がついているというのが私にとっては幸せランチなのです。

おやつはかき氷。
ふわふあの氷で出てきます。
食後だと量が多いので少なめでお願いしました。
それでもこのボリューム!
ソースは自家製のあんずソースで、「今年はもうこれで終わり!」というのを聞いてすかさずオーダー!
酸味が夏にぴったりのかき氷です。

なかなか頻繁には行けなかったけど、来年もまた食べたいなぁと思う9月です。
ここのカフェはベジタリアン対応、体によい食材や手作りのお料理ですので、妊婦さんや産後の授乳で食事を気にしている方、
アレルギーの方などにもおすすめ。
また、キッズメニューもあるので、玄米を食べたことのあるお子さんでしたら是非!

20150830190341_p (1)

さて、これはところ変わりまして、野毛のとあるイタリアンレストラン。
久々に再開する友人はソムリエでして、さらにそのソムリエがさらに二人のソムリエを連れてきたものですから、三人のソムリエとともに食事をするという、なんとも異空間な経験をさせてもらいました。

ところが、、、
私飲めないんですよね(笑)
それでも快く受け入れてくれましたもので、一緒に楽しませていただきました。

ソムリエさんは、もう、口に入れる前から色や香りで美味しいワインかどうかの識別がつくのだそうです。
そりゃそうだよね、テイスティングのたびに飲んでたら、酔っ払っちゃって判断できないもの。(口に含んで出すのだそうです。)

で、この日は同じワインの年代別の飲み比べとか。
ほんとにね、香りも色も味も変わってくるのです。
私も舐める程度にいただきました。

で、赤ワインはお肉料理に合わせるということで、お肉料理。
はい。
私普段ほとんど食べません。まして固形のお肉はマクロビオティックはじめてからずっと・・・。
なんですけど、この日は少し食べました。何年ぶりでしょう!

で、
美味しかった!
何が美味しいって、赤ワインを口に舐める程度したら、あ、なるほど!これが美味しいんだな!と思いました。
ワインと合うのです。

これもまた陰と陽のバランスというのでしょうか??
分からないけど、バランスがいいから美味しいんだなって。

ソムリエの友は専門職はイタリア料理の先生なので食材の話聞いてるだけでも楽しかった♪

料理専門本格的だから、なにしろ玄米の炊き方も完璧だし、炊飯器、電子レンジ調理は全くしないし、ほんとに極めっぷりがすごくて、そしてなにより楽しそうで。

興味のある方、どれもまたご紹介しますね。

楽しいっていうのは、伝わるんですね。

私もyogaもそうありたいと思っています。








月曜日はご参加ありがとうございました。
本牧ママyogaのritsukoです。

3月は前半の三回(3月2,9,16日)開催します。

3月4月はドロップイン(一回券)も回数券価格で受けることが可能です。
4月はまだ未定なのですが、6日は確実に。そして13、20と行う予定です。
4月より、レッスン時間が10分遅くなり、10:10~11:10の時間となります。
ご了承くださいませm(__)m

春休みで子供達がいてバタバタな季節ですが、一回でも時間が合えば是非受けに来てください!

身体は正直です。
たった一時間ですがされど一時間。
意識する時間は身体を変え、心を変えるんです。

お待ちしております。

さて、無事にマクロビオティッククッキーが渡せて大満足です。
どうでしたか?食べてみました?

今回こられなかった皆さん、次回は是非。
また機会があったらこんなふうに食べてもらえる機会をつくりたいと思います。

アレルギーの人も、そうでない人も。
乳製品、白砂糖、卵のはいっていないクッキーです。
作り方にコツがあり、このクッキーはほんとうにサクッサク。
硬くないのです。

年末に参加したときに先生の作り方を見ていましたが、なんていうか、動作に無駄が無く、所作が美しいのです。
こういうのもきっとマクロビオティックの特徴なんと思います。

で、何回混ぜたの?というくらい少ない動作でサッと生地が仕上がりました。
そしてなんだかその生地さえもきちんとしているように見えるのです。

20150222201015_p.jpeg

だからほら、送られてきたクッキーもこんなに整ってる!

残念だけど、雑な私には持ち得ない能力です。
だからこそ学びがいがあるお料理法なんですね。

よかったらマクロビオティック、チホ先生のblogものぞいてみてください。

ナマステ

2月の本牧ママyogaは
2月2、9、23日開催です
(16日はお休み)


20150128205616_p.jpeg


なんだかいろいろ所用の忙しさと子供の病院探しに翻弄されてへろへろになっていた夜。
我が家にサンタさんが。

中身はこれ。

頼んでおいた酒粕を、マクロビオティックのchiho先生がわざわざ届けにきてくれたのでした。
玄関脇にそっと。
しかもメールで必要な情報を送ってくださり、そこには解決の糸口が!
なんだか偶然の感動的な夜でした。

私はお酒は飲まないのですが、酒粕は大好きです。
お料理に使ったり、甘酒にしたり。
子供の頃、田舎の酒造所の酒粕で母がよく甘酒を作ってくれたからなのかもしれません。
思い出の味は忘れないものなんですね。

しかし、酒粕は作った場所によってぜんぜん味が違う!好みがあって、なぜかニガテなものもあったりします。
これは美味しかった♪
20150131181121_p.jpeg

今回はパスタソースに。

まだまだ寒い2月。
しばらくこの食材で楽しめそうです♪

元気をもらえたから、今度は私がわけるばん。
一緒にyogaしましょう。
きっといいエネルギー、シェアできると思います。

ナマステ

DSC_0717.jpg

DSC_0716 (1)

私のマクロビオティックの先生、chiho先生が四国から関東に来ていたので、お料理教室へ。
今回はクリスマスパーティーメニュー六品。

ベジチーズフォンデュ
人参とプルーンのラペ
ピンチョス
玄米ごはんのライスコロッケ
聖護院大根のスープ
ジンジャーマンクッキー

盛りだくさんに学べて本当に幸せな一時でした。

クッキーがね、ほんっとにサクサクに仕上がるのです。
感動。
持ち帰ったお料理は、玄米ごはんのコロッケが好評で、長女さん、コロッケを最後まで残していたから「キライだった?」と聞いたら、
「違うよ、美味しいから、最後に残しておくの~!」だそうで。
ごはんも、こんなふうに活用するとまた美味しく玄米をいただけるものなのですね。

今回は普段テキトーにやっちゃっている基本的な切り方や、クッキーやコロッケのちょっとしたコツを伝授していただき、本当に大満足な学びでした。

私、クッキー作りがニガテでして・・・
が、今回はなんだかすごく楽しかった!!
おしゃべりもせず黙々と作る私。
瞑想のような幸せ感。

ちゃんと作れたら皆様にもおすそわけしたいなぁと思います♪

DSC_0711 (1)
それから、先生の教室で面白いのは、レシピ通り、ではなく、いくつかの実験をするということ。
普通のお料理教室はおそらくレシピに沿ってこなしていくのだと思いますが、

例えばこの人参のラペ。
油があるのと油がないバージョンを作って試します。
好みや養生しているときに合わせて作れるように。

味が全然違うからオモシロイのです!

チーズフォンデュも、好みに応じて入れるものを少しずつまぜながら、味を見ていくとどんどん変化が!!

「頭で考える」のではなく直観力や子宮力で味を見極めていく。
今年の私のテーマにふさわしい時間。
美味しかった!

DSC_0708.jpg

美味しかったと言えば、こちらの焼きりんご。
これはカフェククルのおやつ。
竹嶋農園の無農薬のりんごを使っているそうです。
なので期間限定。この時期のみのお楽しみ。
忙しい時期にホット一息したくて、これを食べに行ってきました。

DSC_0720 (1)

で、食が華やかになるこの時期こそ食養生。
というわけで、我が家は11月末くらいから一週間玄米粥が続きました。
娘が風邪気味だったのですが、おかげさまでひどくなることもなく完治!
胃腸を整えるって、すごいなぁ。

なにより、お粥が美味しくて美味しくて♪
あたたまるし、この季節にはぴったりのごはんかもしれません。

皆様も楽しくて、美味しい、体にも優しい年末年始を♪

PhotoGrid_1415414382856.jpg


ここ連日、頭の中が飽和状態の日々が続いたので思い切って強行帰省しました。
当日は入園の面接に学校の参観と盛りだくさん。
でもやっぱりこれはリセットしないといけないなぁ~と、思いついて夜から山梨へ。

結局、子供がいるからあたふたばたばたとしてはいるのですが、
マインドフルネスに生きようと、携帯はほとんど使わず、「そこに在ること」に集中した二日間は心地のよいものでした。
マインドフルネスとは、ヨガにも共通する考え方で、「今そこに起きていることに集中する」という方法です。
だから、ヨガマットがなくても、どこかに行かなくてもできる。

息を吸うこと、吐くこと、歩くこと、食べることetc・・・日常当たり前になっていることを意識化することです。
ただそれだけのことだけれども、日常出来ていないのが事実で。
ただそれだけのことだけれども、心がクリアになって、内なる幸せに戻ることができる。
そんな方法です。

田舎はこんな干し柿が軒先にたくさんつるされていて、
子供達や母たちと古民家のおうちのような場所でほうとうを食べたり、はしりまわったり。

PhotoGrid_1415414382856.jpg

1415002230897.jpg


勝沼の朝市にも立ち寄り。
マクロビオティックcafe「農cafe hakari」さんの玄米ご飯やお土産のワインを買って楽しいイベント。
そして、公園のカビバラさん♪
いつみても癒される



今年に入って、長女の肌の質感が変わり、アレルギー性の皮膚疾患、アトピーの傾向がでてきました。
夫はぜんそくもち。なので遺伝はあることは覚悟があり。
しかしながらこれまで特に症状がでることもなく過ごしてきたのですが、結構急にやってくるもんなんですね。

症状は軽度ではあるのだけれど、食事や生活環境だけでなく、薬もステロイドもいろいろ試しました。
でも。
やっぱり特に症状が改善されるわけでなく。

で、思い切ってとある皮膚科へ。

「このくらいなら、ほっといていいよ。」の一言。
生活の改善についての話はあったものの。薬、保湿についてもやめてみな!とのことで。

私、背中をおされて娘と共にきっぱりとやめてしまいました。

なんだかねぇ、軽くなるの。心が。
まず、「薬をのませなきゃ」「クリームぬらなきゃ」の呪いというか、わずらわしさから開放されるのです。
と同時に、心に迷いがなくなるから、クリアになる。心が。
症状と薬と保湿に執着していた母親がいなくなると、娘も楽になる。そんなかんじなのです。
その分楽しいほうに時間が使えるなぁ~と。

もちろん、症状によるのです。必要なら薬、中には入院する方もいるのだと伺いました。

どうなるかわわからないけれど、とりあえず、娘もなんともないようだし、様子をみようとおもっています。

人間の自然治癒の力を信じてみようかなと思って。
そのかわり、身体と心に思いっきり愛をかける。
yogaの方法も入れながら、見守っていようかなぁ~と思っています。

で、この写真は我が家が食べているお米。
ほっておいた、というか、水切りのカゴ受けに落ちていた玄米さんが勝手に芽をだしていたのでした!!

自然ってすごい!!これ芽が出てまた稲になろうとしているんだよなぁ~。

yogaは人間のもつ自然治癒の力を促すパワーをもっています。
アーサナはyogaとしてはほんの一部。
心のホントに奥ふかーいところに向き合って意識を変えていく作業なのです。
次の記事にも関連してそんなことを思った最近の出来事。

9月の本牧ママyogaは、9月29日開催。
9月23日は連休の中日のため、お休みになります。

ナマステ

20100830015032.jpg

本牧ママyoga、9月10月の日程です。

本牧ママyoga9月10月開催日 
9月1,8,29日(全三回)※祭日と9月22日はお休みです。
10月6、20、27日(全三回)※13日は祭日のためお休みです。


秋は身体を動かすのが気持ちいですね。
呼吸も味わいたい方、深めたい方も是非!

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

ナマステ

9月の本牧ママヨガ、1、8、29日月曜日に開催です。



夏休み。子供は夏休みでも私はまとまった夏休みがなく。
合間にちょこちょこと子供達とおでかけ。

まずは七沢温泉へ。
途中の公園は緑が多くて、アスレチックも人がダレもいない・・・
誰もいないのはのんびりでいいけれど、ちょっと寂しかったりして、早々に退散。
で、こちらのほうの公園や山はヤマビルが出るらしく、あちこちで注意書きと塩を見かけました。
皆様も要注意です。
夫が私好みのcafeをみつけてくれて、遅めのランチへ。
厚木の「晴れ屋」さん。
マクロビオティックにも対応可で、寝ていた次女用にお願いして玄米おむすびをテイクアウト。
玄米が美味しくて娘もパクパク食べていました。ステキなお店です。

PhotoGrid_1408756394550.jpg

大好きなcafeKUKURUでは、ママヨガのパンフレットを置かせてもらっています。
ここでは、サプライズ、横浜の母にお誕生日をお祝い!
DSC_0023.jpg
ベジメニューもベジメニューでないものもありますので、家族みんなで楽しめるのがいいです。

急にお願いしてしまったのですが、頼んだみんなのデザートがこんなふうにプレートになって出てきました。
ホントに、いつも感謝感謝です。

通常デコレーションケーキについては何日か前に要予約だそうですので、アレルギー対応、マクロビオティックのケーキを希望の場合はお店にお問い合わせを。

PhotoGrid_1408756623326.jpg

そして、本牧ママyogaがお休みだった私の三連休は実家の山梨に帰省。
河口湖にいったり富士山をみたり、公園で遊んだり、自然満喫の帰省でした。
帰省の度に楽しみにしている農cafe hakari へ。

母はここの車麩のフライが大好物。そして娘たちも大好きなようで、私のメインのおかずは次女さんに奪われたのでした。。。

このおいもの絵手紙は河口湖のお隣、西湖「いやしの里」に行ったときに長女が初挑戦した絵手紙。
お芋の絵、ほんとにステキに描かれています。

絵手紙はお作法があるのだそう。そして、地元の小学生は4年生からこの絵手紙が授業に組み込まれているのだそうです。

筆は下を持たず、一番高い場所をもちます。
そして線はとても弱く、ゆっくりであればあるほどよい。と先生に教えていただきました。
「おうちでは、早く早く~!って言われてるでしょ。でもねぇ、絵手紙はゆっくりであればあるほどいいのよ。」
先生のお言葉、なんだかあたしに言われているような。

なんだかこの出会いも、私にとっては必要な出会いであり、メッセージであったのかも。

とはいいつつ、いってるそばから「はい、早く~終わったら次~」とせかしてしまう私なのでした・・・・。母や従兄弟たちを待たせていたのでそうせざるを得なく、今度はもっとじっくり、私も習ってみたいな。

もうそろそろ子供達の夏休みもおしまい。
みなさんはどんな夏休みでしたか?
大きく成長した子供達とみなさんにお会いできるの楽しみにしています。
9月のママヨガは、1,8,29日開催。
22日は連休の間の日なのでお休みとさせていただきます。
またまたお休みがやってきますね。楽しい休日を♪



冷たいものを飲みすぎると、お腹の調子がやっぱり悪くなる・・・
といいつつ、飲んでしまう暑いなつがやってきました。

久しぶりにいくことができたKUKURUのマクロビオティックランチ。夏休みシーズンはちょこちょこと合間を見つけてすでに何度か。
ここにyogaのパンフレットを置かせてもらっています。

冷たいスープ、これが美味しいの♪
あ、また冷たいもの・・・
でも不思議なことに、ここで冷たいスープを飲むと満足できるようで、そんなに強引な飲み方は不思議としなくなるのです。

DSC_1537_convert_20140726232332.jpg

マンゴーのロールケーキもでていましたよ♪動物性不使用。

DSC_1506.jpg
これは仕事の合間に寄った青山にあるビオクラのマクロビオティックごはん。
味噌汁が美味しくて♪ 身体が塩分を欲しているのかなぁ?ちょうど電車のエアコンで冷えすぎた身体にはありがたいごはんのプレートでした。
都内はいろんなところにベジタリアン、マクロビオティックのお店があり、まだまだ行ってみたいところがたくさん。

DSC_1522_convert_20140726232209.jpg

家ではこんなサラダどんぶりな晩御飯が美味しいです。
中は玄米ご飯に切干大根やひじきをまぜたまぜごはん。
梅味だったり、お稲荷さんの揚げを刻んでみたり。

DSC_1520.jpg

宿題とともに並べておいて、終わったら盛り付けのお手伝いをしてくれる娘さん達。
自分で盛り付けるとほんとうによく食べてくれます。
もちろん、そうじゃないときもあるんだけれど、子供は教えるよりも、参加させたほうが断然「食べる」ということの大切さに気がついてくれるようなのです。

DSC_1548_convert_20140726232420.jpg

娘二人の大好きな遊びもおままごと。
おばあちゃんが、本格的な器を使わせてくれて、庭の植物をいただき、混ぜ混ぜ。
これが飽きないらしい。

そして、「できたよ~♪」と持ってきてくれる器がなんだか美しいから、さっきまでぷんぷん怒ってた自分を手放そう、って気持ちになっちゃうの。

そんな毎日の繰り返しです。

今のところ夏バテもなく、食欲満点な我が家です。

DSC_1347.jpg

もうずいぶん前だけど、初めて我が家で育てたラディッシュを収穫!!
ちっちゃっ!!
だけどすんごく甘くてみずみずしかった!!葉っぱも食べてみたけど甘い!!

これは種から育てたもの。
遺伝子組み換え種子はNO!土は有機のものを準備してチャレンジ。
ちっちゃかったけど、なんだか自分の子供みたいで嬉しかった。

種から芽が出て、水をあげて大きくなって、その過程を子供と見守る時間は心を一緒に育ててくれるんだなぁと思う。

種は実となりやがてまた種が土に還り、次の世代の実がなる。
「つながる」ってこと。
これが普通なのです。
なのに、遺伝子組み換えの種子は一度実ったらそこで終わり。
次につながる種子はない。
これを人間に置き換えてみたら・・・恐ろしい。。。
以前紹介したことのある映画「モンサントの不自然な食べもの」にそんなお話があります。

さて、その後、このラディッシュたちですが、虫たちがどこからともなくやってきて食べられてしまい、収穫できたのはほんのわずか。
自然農とか有機農とか農業ってほんと大変なんだなぁと痛感する素人園芸人なのでした。
美味しい野菜を作ってくれる人達に感謝だなぁ~。

DSC_1500.jpg

そしてこちらは種から育てたプチトマト。
すくすく育ったけれども、ここから成長ストップ。花が咲く、実がなる気配なし。。。
う~ん。やっぱり素人が小さなプランターで育てるには無理があったか。

台風接近の中、どうなることやら。
頑張れ!野菜たち!

DSC_1470.jpg

梅の季節。
梅酒も梅干はつくらないのだけれど、梅ジュースは作る!!
てんさい糖とほんのちょっぴりの酢
今年はすでに二回目の梅ジュース作り。

美味しくできました♪

で、残った梅は煮てからジャムや葛と寒天でゼリーに。

じめじめな梅雨だけど、漢字に「梅」ってつくぐらいだから、梅を楽しんで雨の季節を過ごします。

yogaで身体を動かしたら、梅ジュース!
サイコーの組み合わせ♪

本牧ママヨガは7月は21日が祭日でお休みです。
残り14日、28日10:00~開催。
お待ちしております




更新がすっかり遅くなってしまいました。
今年は学びの時間が多く先週先々週と所属レッスン先の勉強会いろいろ。
さて、ランチ会&yogaの報告です。

お弁当美味しかったー!
みんながピカピカに食べてくれていて私も本当に嬉しい。

chiho先生は徳島在住ですがこちらに帰省の際はさまざまな講座をしてくれるし、徳島では滞在型のプログラムや宿泊もやっているそうですので、興味ある方はコチラの先生のblogをご覧下さいませ♪

スタジオのmakiさんはじめセッティングお手伝いしてくださって本当に感謝です。

女子が喜ぶ、おかずちょっとずついろんなもの盛りだくさんの玄米マクロビオティック弁当でした。
メインはベジミートのしょうが焼き。
そして野菜もどれもみんないろんな味付けでしかも素材の味を感じられるほんとにステキなお弁当。

まだ授乳中のママ達や妊娠中の方、子供達と一緒にこのお弁当をシェアできたことが幸せです。
玄米菜食が基本ではあるけれど、別にそうじゃなきゃいけないわけじゃない。
身体の声を聞いて、陰陽のバランスに従って食す。
何より楽しくておいしくなきゃなものだし。

yoga=マクロビオティックではないのだけれど、共通することがたくさん。

yogaではサットヴァ(純質)を心がけるけれど、それはマクロビオティックでは中庸を心がけるのとおんなじで、バランスをとることなんだと思います。
それから身体の声に注意深くなること。自分を大事にすること。

そして前半のyogaはにぎやかな中、いつものように。

いただきました募金と諸経費お弁当代を除いた参加費はジョイセフのほうに寄付させていただいております。

また開催できるといいなぁ~。

そしてまた、通常のレッスンのほうにもご参加お待ちしております。
続けることこそ力になります。

ナマステ



安曇野は父母への温泉旅行のプレゼントだったのですが、ちゃっかり自分の行きたい場所にもいってまいりました。

シャロムヒュッテへ。

穀物菜食をベースにしているcafeで、宿泊、自然農、エコロジー、パーマカルチャー、さまざまな活動をしている場所です。
シャンティクティというところにも行きたかったのですが、なにせ父母と甥っ子姪っ子を連れた団体旅行だったため、cafeのみの利用にて。

到着したのは本当に森の中で、駐車場も舗装なし。
森の中に駐車します。

到着したらものっすごい混雑でびっくり!
こんな山の中なのに大人気のcafeのようです。

DSC_1129+(1)_convert_20140522001223.jpg

着いてしばらくは 子供達は探検ごっこに森遊びを堪能。
ここはシュタイナーの幼稚園が併設されているらしく、自然の中に楽しい遊び道具がちりばめられています。
自然なので当然ながら虫さんもいるわけで、、、、
虫のこわい娘さんたち、時折悲鳴をあげながら遊んでいました(笑)
でも、ある意味虫にも動物にも畏怖の思いが必要なわけで、怖がりすぎるのも困っちゃうけれど、怖いと思うのは人間の本能なのかなぁ~って子供達を見ていて思う。

fc2_2014-05-05_06-46-49-188+(1)_convert_20140522001557.jpg

玄米のランチプレートやデザートを堪能。
ほかにもアースオーブンで焼き上げたピザやカレーなどみんなでいろいろ美味しくいただきました♪

fc2_2014-05-05_06-55-39-171.jpg

宿のほうはたまたまベジタリアン対応可能の宿だったため、お願いすることに。
これはお豆腐のステーキ。
ベジ対応でなくても野菜いっぱいで、多くはみんなとおんなじメニュー。
お腹いっぱい満たされた旅でもありました。

オムツがとれた次女さんも温泉を堪能!
自然に癒された旅なのでした。



今週も可愛いベビーちゃん達にお会いできて幸せなレッスン。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

風邪とノロ、インフルエンザ流行でこの時期はキャンセルの方々も多数。
それでも元気になったら来てくれるyoga人達、嬉しく思います♪

さて、先日レッスン先のスタジオで買ったチョコ。このチョコ、ローチョコレートです。詳しくはコチラ

非加熱、乳製品、白砂糖不使用でできているのです。

で、そういったものはあまり美味しくないって声も多々聞くのですが、これは美味しい!!
大満足な自分ご褒美でした。

今週末はちょっと体調不良(頭痛)でどうにかレッスンを乗り越えたこともあり、このご褒美食べつつ来週はさらに元気アップで頑張りたいと思います。
チョコ買ったスタジオにて来週末夜に開かれる勉強会にも参加予定。楽しみだな~。

というわけで、風邪に負けず、うがい手洗いも忘れず、寒いけどyoga一緒に是非楽しみましょう♪

本牧ママyoga2月は3、17、24日がレッスン日
10日はお休みとなります。

お待ちしています

DSC_0678.jpg

りんごのくず煮。
マクロビオティックの教室に通い始めてすぐに習ったデザート。
我が家の場合はアレンジされてレーズンが入っています。

竹嶋さんのりんごで作ったりんごのくず煮。
私は果物が酸味のあるほうが好みなので紅玉りんごの味がかなり好み♪

葛や寒天がニガテな長女ですが、これは喜んで食べてくれるおやつです。

と、本当はアップルパイにしたかったのですが・・・面倒になっちゃって、くず煮に変更♪エヘヘ。こんな手抜きでもあっという間にできて美味しいから大好きです。

本牧ママyogaは1月6日よりスタートしております。13日は祝日のため休みとなり、
1月は6、20、27の開催となります。
2月は3、17、24日(全三回)の予定。


*************************
PhotoGrid_1389449411487.jpg

元旦過ぎから、おかゆを食べていた我が家。
どうも食べすぎにブレーキがかかったらしく、数日シンプルなごはんにしたらスッキリ

そして、スッキリしたところで行ってきました♪楽しみにしてました♪
私のマクロビオティックの先生、chiho先生の主宰で、穂高養生園料理長、野本弥生さんの料理教室。

(chiho先生のこの紹介記事はコチラ)

本当にたくさんのメニューをデモ形式で勉強させていただきました。

とにかく、美味しい!

穂高養生園で食べられるのですが、ここは滞在型の園で、乳幼児連れは不可。
行きたいなぁ~と思いつつ娘がまだ小さいからあきらめていたところに先生が開催してくれました。

感謝。

DSC_0621.jpg

レシピ本にも「感謝」の文字が。

DSC_0607_convert_20140112005337.jpg

準備段階ではこんなにキレイに整然と並ぶ野菜たち。
弥生さんをはじめ、chiho先生やアシスタントの先生の繊細さに感動です。(我が家はもっと雑然。。反省。)

DSC_0608.jpg

メインディッシュの一つ、ベジミートローフ。型からだしたところ。
味も見た目もお肉のボリュームですが、動物性不使用。

デザートまでホントに美味しくいただきました。

食はyogaでも大切にする一面。
養生園では作り置きは一切しないのだそう。
yogaでもフレッシュなもの「サットヴァ」なものを取り入れることはよしとされています。

そしてこの穂高養生園、yogaやアロマなど、食以外でもさまざまなプログラムが設けられ、yogaのリトリート場所なんかでも使われています。

冬季は休業。

なので弥生さんの料理教室はこの冬季にちらほらと開催されるそうですよ。子供が小さくて養生園に行けないママさん是非♪

DSC_0605_convert_20140112005253.jpg

あ、そういえば、先週行った大好きなkukuruのランチも動物性不使用のミートローフ風。でも味も食感も今日のとは違うもので、それぞれ美味しく、比較できて楽しかったです。

DSC_0627.jpg

帰りにサロンで竹嶋さんのりんごも購入。完全無農薬。

娘と私の好物焼きりんごにしようかなぁ~。

DSC_0606.jpg

それともcafeで食べておいしかったアップルパイにしようか。。

養生園のレシピ本にもアップルパイが載っていたので、おなかをぐぅ~っと言わせながら検討妄想中~。

美味しいものは人をhappyにさせますね。

今日に感謝

DSC_0235_convert_20131017222944.jpg

山梨帰省の続き。

翌日は栗拾い。

自然をそのまま生かした「白州・尾白の森名水公園べるが」へ。

栗もどんぐりもたくさん落ちていて、娘さん達、夢中で拾います。

DSC_0236_convert_20131017223013.jpg

宿泊もでき、キャンプ場もあり。

DSC_0232_convert_20131017222918.jpg

そして、ここのレストラン「灯鳥(ポトリ)」は、ベジ、マクロビオティック対応のブッフェレストラン。

木々に囲まれて食べるごはんは美味しい♪

ごはんの後はハンモックでゆらゆら~♪

DSC_0233.jpg



DSC_0243_convert_20131017223114.jpg

で、公園の名の通り、白州は水が有名。
山梨の水はキレイで美味しいのです。

当然水を使った施設(水遊び場)もあるのですが、案の定、入っちゃった娘さん二人。

10月も中旬だっていうのに(汗)

「水があったら入りたい」ってのは子供の本能なんですかねぇ。

この後併設の温泉で身体をあたためて。

さぁ!

両親にも会い、パワースポットで充電したので、このエネルギー、大切にもって帰りますよ♪

本牧ママyoga 10月のレッスンは残り 21日28日共に開催します!

それと、万が一台風などの悪天候で休講する場合は、このblogとメールにてお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします

ナマステ

fc2_2013-10-12_08-18-02-767.jpg

先日、久しぶりにあったyogaの友人と、パワースポットの話をしていて、伊勢神宮や出雲大社、いってみたいなぁ~なんて、話をしていたのですが、実は、私にとっての大きなパワースポットの一つはこれ。

富士山。

子供の頃から見て育ってきたこともあり、これを見ると元気になれる。

週末、急に予定が空いたのでまたまた急遽、山梨帰省。
子供達は寝たまま輸送するため(笑)夜中から出発。
そして、日の出にちょうど照らされた富士山を見たときは、もう、大きな深呼吸をして、このエネルギーをいっぱいに浴びたのでした。

DSC_0203.jpg

そして、またまた縁あって、実家の母を連れ、八ヶ岳に移動して古民家cafe「キッチンオハナ」へ。
このお店の詳細は、マクロビオティックのchiho先生のブログに掲載されています。

日曜月曜定休日で、行けないなぁ~、でも行きたいなぁ~という私の思いが通じたのでしょうか。。。土曜日の予定が急遽空いたので、行けることに。ウレシイ

途中、ここの近所のお家に上がりこみお茶までいただく、というあたたかいハプニングもありつつ、ゆっくりと古民家でのごはんを堪能しました。

DSC_0204_convert_20131017230528.jpg

子供ごはんのおにぎりプレート。
長女、おにぎり二つを美味しそうに完食です

DSC_0209_convert_20131017222802.jpg
おひさまプレート。玄米ご飯とスープ付き。
「おひさまプレート」って名前に癒されるなぁ~。

母や娘たちもこのおかずの大根餅がとっても気に入った様子。

そして、ここのお店、ひっきりなしに人が来ること。
周りは何もないところなのですが、ここだけ、人がたくさん。人気のcafeでした。

DSC_0210_convert_20131017222828.jpg

「あまいもの」もみんなでシェア。
ほおずきのブラマンジェがイチオシです。
はじめた食べたほおずきの味。美味しかった!

DSC_0217_convert_20131017222851.jpg

大好きな版画家・小林煌さんの作品が置いてあったのでお土産に。

DSC_0214.jpg

ちなみに、、畑山農場さんにも立ち寄ったのですが、不在。
アポナシで行ったので仕方ないか・・・。

八ヶ岳もパワースポット。
子供の頃の遠足といえば、いつもこの周辺が定番でした。
そしてこの季節、八ヶ岳は山からの風がビュービュー吹き始めます。
それもまたいいエネルギーをもらえるのですが、これからの季節、寒さ対策は必須です。

fc2_2013-10-13_17-52-18-181.jpg

ちなみに、食べるのも好きだけど、遊ぶのはもっと好きな次女さん。動き回る・・・・。
キッチンオハナは格好の探検場所だったようです(汗)


DSC_0194.jpg

急遽 マクロビオティックの1dayクラスへ。
時間が空いたので講座に入れてもらいました。

先生が四国へ移住されたので、久しぶりの横浜レッスン。

レッスン終わり、ダッシュで移動!と思っていたら、すっかりスタジオにエプロン&タッパーを置き去り・・・。
一つに集中すると一つ忘れてしまう、単純な脳細胞の持ち主です、私。

今回はベジキッシュ。

記事もフィリングも全て動物性、乳製品、卵、白砂糖は不使用です。
ほんっとにシンプルな食材と調味料。

でも、ものすごく美味しく仕上がりました!

帰宅後、娘たち二人も大満足な様子。
ヨカッタ

子供達の「美味しい~!」の顔はたまりません

タルト型なんて持っていない我が家ですが、これを機に購入予定です。

で、クリスマスに作ってみようかな~。

DSC_0186.jpg

同じ週に2歳を迎えた次女の誕生日ケーキもタルト。
これはお手製ではなく、大好きなcafe kukuruさんで作っていただきました。

フルーツいっぱい♪タルトって、見た目にも幸せ感大です。

yogaとマクロビオティックはまた別の理論に基づいたものではあるけれど、共通点もたくさん。

yogaではアヒムサー(不殺生)という教えのもと、動物性を摂らない人が多いのですが(体質によってこれは異なります。詳しくは、アーユルヴェーダを。。)、マクロビオティックも禁止ではないにしろ、基本の食事は玄米菜食。

そしてサットヴァ(純質)を意識するという面でも、同じ。
フレッシュなものを摂り、エネルギーをいただく、という意識がいいのです。

自分たちが生かされている、というのを食を通して味わい、楽しみ、感じる。
よく噛むことでそれが増します。←私、かなりの早食いだったんですが、だいぶ改善されてきました。(まだまだ熟達には程遠い・・・)

それにしても・・・はぁ~この週はとにかく走った一週間でした。

でもね。そんなことがありつつ、家族と誕生日をお祝いしたり、料理をならったりする時間は、自分自身で選択し、自分自身で創りだすもの。

そんなエネルギーが私の生きる原動力になっているのも確かです。



今週も、今日も一日に感謝。

ナマステ





娘の幼稚園では、毎年十五夜におだんごを作り、お供えして翌日に食べるという、お月見会がありました。
今年の十五夜、本当に月がキレイでしたね。
季節感と伝統を大事にしてくれる行事、大人になると忘れがちなのですが、子供たちがそれを教えてくれるようで好き。

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)
(1986/06/20)
林 明子

商品詳細を見る


次女の大好きなこの本を読んで、眠りにつきました。

そんな十五夜翌日の私の1人ランチ@kukuruは車麩のすき焼き風どんぶり。
美味しい~♪
下の甘辛ダレの玄米ご飯をしっかりかみしめながら味わいました。

そして、お花のディスプレイがまた十五夜っぽくてステキ。

DSC_0090.jpg

ちゃっかり、この日限定のマフィンまで。ごちそうさまです♪

う~ん。
花より団子、月より団子?
毎年そんなことを記事に書いている気がするのですが(実際そうだったりして)
食欲の秋。到来です。




DSC_0031_convert_20130904223749.jpg

青梗菜とモチキビの炒め物。
モチキビは水分を吸ってくれるので、炒め物にするととろみをつけたようにまとまりやすくなります♪
食感が楽しい~


DSC_0030_convert_20130904223718.jpg

早くもグラタン。
中身は大根と玉葱、残り野菜で、豆腐と豆乳でホワイトソースのように仕上げてます(白味噌味。)

と、ちょっと秋めいてきたからメニューを変えはじめたのに、う~ん。まだまだ暑い・・・。

でも、先日、一日中冷房ついたままの家にとじこもっていたら、すっかり体調不良。
頭痛に背中や腰の痛み、食欲減退・・。あれ、喉もいたい・・・

どうやら、冷房病になっていたみたいです。

一日養生し、その後外に出て汗をかき、またyogaレッスンをする日々に戻ったら復活!

汗をかくこと、身体を動かすこと、一日一回は外の光と空気と温度を感じることは大事なんだなぁって実感したのでした。

でも、暑すぎて(泣)マンションは壁や天井に熱がこもります。
さすがにマンション住まいで小さい子供がいると、エアコンなし、はキビシイですよね。。

1376547394725.jpg

キャベツ、まだ必要か。。。



アイスが食べたくなる8月中盤の猛暑。
たっぷり家族で楽しみたい、ってなわけで、ちょこちょことバナナソルベ作り。

イチゴソースをかけて、クッキーを添えると、それなりに美味しく見える

DSC_0016.jpg

保存はこれ。野田琺瑯の一リットルサイズの保存容器が活躍♪
ちなみに、つい最近までてんさい糖の梅シロップが入っていたのですがあっという間にこれは家族内売り切れ。

作り方は、
バナナ、豆乳、レモン汁などの酸味のある果実汁少々、それに玄米甘酒でおしまい。

これをブレンダーでガーっとして、冷やしてまたガーっとして、で、冷凍庫入れておしまい。

大雑把な私にも出来ちゃうわけです。

ただし、クリーミー感を求めるなら、配合ももっと丁寧に考えないといけないかもしれません。
できあがりはソルベなかんじです。

最近は涼しくなってきたから、もうアイスの季節もおしまいかな~。

夏の我が家は玄米甘酒が夏バテ予防にも栄養補給にも活躍してくれました




NEC_2385.jpg

まだまだ混雑のマークイズにて、仕事終わりにランチ。
「OGADA」にて。
ベジメニューがありましたー。
そんなわけで、ベジタリアンな友達とも一緒に来られるお店みっけたぁ~
お茶におやつにランチに、活躍してくれるお店です。

NEC_2387.jpg

ドリンクが変わった器にでてくるのですが、安定感があってのみやすい。しかも、おやつ付でした。(なっつとおまんじゅうみたいなもの。)

NEC_2386.jpg

お店はこんなふうにオシャレ。
でも狭いのでけっこうすぐに満席。
そんなわけで子連れにはう~ん。混んでいるお昼時ははずしたほうが安心かもしれません。
テイクアウトもいくつかできるみたいです。

NEC_2336 (1)

新しくなったボーネルンドも子供達大喜びです♪

1375455465846 (2)

娘が作った「ネバットライス。」
ナイスなネーミング

でも、娘が考えたのではなく、良く見ているNHKの「みぃつけた」のキャラクター、ライスが大好きなコッシーが美味しそうに食べていたもの。

長女に「これ食べよっか~」と提案すると、喜んで、ごはんにのせてモリモリ、生き生きと食べていました。

ホントはトロロだったんだけど、なかったから、豆腐のそぼろで代用。

実は、オクラも豆腐も少々ニガテ
でも、ちゃあんと残さず完食!本人も嬉しそう~

子供達と食。
とっても難しいです。
「身体にいいから」っていっても食べないときもあるし、私が「絶対美味しい!」と思っても食べない。
かといって、ごはんじゃなく、お菓子類が全てすきなのかと言えば、そうでもない。
意外なものを好んで食べたり。

そして、思いどうりにはいかない。

気分のときもあるんですよね。

長女の場合、基本的には自分で作ったもの、お手伝いしたものは良く食べます。
あと「目」がついている。かわいい顔や動物にできなくても、これだけでもう喜んで食べてくれるときもある。そんなときはキライな野菜でもけっこう食べてくれたりする。

次女は、一緒に皆で食べていて、周りが美味しそうに食べているものは欲しがる。

つまり、「美味しい!」、というのは、その場の空気感も含めて美味しい!というのだなぁと子供を見ていて思います。

そして、食べるタイミングというのも重要で、お腹がいっぱいだと食べないし、すいていると今度は待てない。それが子供。

昔、長女を連れてマクロビオティックの教室に連れて行ったとき、段々機嫌が悪くなって、ついにはグズグズ泣き出したことがありました。

「おなかがすいてるんだな~」
とわかってはいたものの、なにも持参していないし、かといって言い出すこともできず・・・

結局、ごはんまでぐずぐずでしたが、ごはんをおいしそうに食べ、かぼちゃのあまった皮をおいしそうにつまみ食いしてご機嫌復活!なときもありました。

それが子供。

そんなきまぐれな子供達に向き合いつつ、日々美味しいご飯作りについて日々研究してお母さん達は料理の腕があがるんだろうなぁって思う。(う~ん、私はそうでもないかもなんだけど

で、参考にしているのが、二児の母である、奥津典子さんのblog。

雲仙に引越しされるようで、cafeにいけずじまいになりそうですが、その思いは共感できるものがあり。

で、そこにつながってこの本
日登美のオーガニックな家庭料理日登美のオーガニックな家庭料理
(2013/06)
日登美

商品詳細を見る


を購入
まだ作っていないのだけど、料理の参考にぱらぱらと楽しく見ています。

そのなかに、「食べなさい、のやさしさ」というタイトルの項目があって、子どもの好きなものを食べさせることもとくにはいいと思う、という前提のあとに次のようなことが書かれています。

~「けれど、その時に食べたほうがいいものを親がすすめる。または、食べやすい形で食卓に出すとうこともとても大事だと思います。そこにはきちんとした理があり、その時はそれがわからなくても、その理に守られることはてても幸せなことだと思うのです」~と。

子供達にどんなふうに伝わるかは分からないけれど、大人になったときこそ思い出すお母さんの味。
そしてその味とそのときいっていたことが、将来子供たちが大人になったときに、「食」について考えるときの礎になるのなら、今できることを、出来るだけやってあげたいなぁ~と思います。

(あ、でも、ときどきおにぎりだけや、パンだけの日もあるけどね











時間がなくて、というか子供二人連れだとどうしても食べる場所が限られてしまい、たこ焼きで終わり、おにぎりで終わりっっていうランチな日もありますが、平日の幼稚園登園日や出来る日はおうち弁当にしたり、夜に野菜いっぱいにして一週間でバランスをとっています。



で、ひっさびさに美味しかった自分スイーツ。

したは玄米甘酒のプリンで上は、桃のコンポートと梅ジュースのジュレ。
玄米甘酒は、そのまんまだと子供食べてくれません。

同じようにマクロビオティックの常備食材の葛や寒天も娘たちはイマイチ。

そんなわけで、なるべくゆるゆるの食感にして、酸味のあるフルーツやジュースを使うと子供達は喜んで食べてくれます♪

玄米甘酒は夏バテ予防のお助けアイテム。

てんさい糖やメープルもつかわない甘みが欲しい!というときには必需品。

ただし、使い方によっては全く食べてくれないので、ジュースにつかったり、おかずの甘み付けやスイーツなど工夫しつつ甘さを取り入れています。

fc2_2013-08-03_00-06-43-863.jpg

そしてこれはベジピザ。ビーガン使用。

なので、乳製品不使用です。

このチーズ、豆乳、酢、塩、白玉粉でできているのです。
でも、ちゃんとチーズ。

ただし、配合によって豆乳や酢のクセが残ってしまうので、この配合バランスが大事なかんじです。

娘さん、ランチに美味しそうに食べてくれました。

fc2_2013-07-16_13-00-18-369.jpg

時々立ち寄る大好きなkukuruのランチ。

酵素玄米♪もちもちやわらかくてお腹にやさしいごはんでした。

で、先日いったときはなんと「うなぎ」がでてきてビックリ!
ホントはうなぎじゃないんだけど、うなぎみたいなのです。(のり、豆腐、そこまでわかったけど、あとは不明)
ほんっと美味しいランチでした♪

NEC_2274.jpg

withベビークラスの二人。
トコトコ歩いている二人ですが、お互い離れたところにいつつ、楽しそうなことがあると二人仲良くなにやら遊んでいる様子。

今日は数々の障害物(おもちゃ)に足をとられ、転倒したR君。そのたびにテンションが下がり、私が近寄る度に人見知りを発揮してさらに泣き出したR君。(ごめんごめん。)

食は草食系でも気持ちは肉食系の私はスキをねらってはこのかわいい二人にそろ~り、そろ~りと近づいてはいつも一緒に遊びの仲間にいれてもらっているのです
Aちゃんはもしや、笑いのツボが同じなのか、私の小芝居に反応して笑ってくれるようになりました。

NEC_2275.jpg

そしてそして、こちらはkidsクラスのMちゃんの作品。
「ぶっぶー」と走らせていたので、みたら、こんな立派な乗り物が!

子供の想像力、素晴らしいです

その前にはお店屋さんごっこも一緒に入れてもらいました。

・・・って、あれ?

yogaはいったいいつしているのでしょう??

ご安心ください

遊びながらもママ達と一緒にyogaちゃぁんとやっています

だから、妊婦さんでも、ママのみの参加もOKなんです。

ただ、子供達同伴のyogaであるゆえに、安全性の確保がとても大事ですし、「一緒にいってもいいよ♪また行くよ」って子供たちが思ってくれる環境づくりはとっても大切になるんです。

子供たちには、人見知りのほかに、「場所見知り」というのもあり、時間をかけてゆっくりじっくり慣れていく子もいます。
本当にその場や人が嫌いなのではなく、慣れるのに時間がかかる・・・私は子供達をみていてそんなふうに思っています。

オトナシイ子だけがイイ子だなんてNO!!
「みんな違ってみんないい」なのです。
だから、、、泣いちゃうかな~?なんて心配無用。まずは何度か来てみるのがいいんですよ

それがママYOGAです

ナマステ



大好きな豆腐なのですが、木綿豆腐は時折使わずに余っちゃことも。
そんな予感のときは、軽く水気をしぼってそのまま冷凍しちゃいます。

で、使いたいときに解凍し、水気をしぼり、小麦粉などをつけて揚げ油の中へ投入!

立派なボリュームおかずになります♪(この写真の右のもの)

私は水気を絞ったときに、余り食材や野菜をまぜ、がんもどき風にしちゃうのですが、甘めに味付けても、塩のみえでも、なんでもアレンジ可能かなぁなんて思います。

この日は暑い日だったので夏野菜いっぱいベジプレート。

ごちそうさまでした~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。