横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
20160515105720_p.jpg

GWもあっという間に過ぎましたね。
今年はレッスンをいつも通りに行い、時期を少しずらして実家へ遊びにいってきました。
新緑の山梨。緑があって子供たちも満喫。
山や緑に包まれると穏やかになるように感じるのは、もともと人間が「自然の一部である」と
思い出させてくれるからなのかなぁなんて思います。

20160514095731_p.jpg
道端に咲いている花たちもこの時期はカラフル!

梅雨時期までの新緑期間。
子供たちともたくさん満喫したいですね。

ナマステ。
スポンサーサイト



春を過ぎ、久々のママ&子供たち、そして新しい方や二人目の妊娠で久しぶりの再会!なんてことが多かったここ最近のママヨガです。

そして先日久々にやってきたJくん。
おおーっ!言葉が増えてる増えてる!
ブロックの使い方も「壊す」→「創造する」へと見事な変化を遂げたのでした。
一時帰国して寄ってくれたY君は前よりもっと背が伸びて、スリムになり、
さらにびっくりなことにおトイレができるようになっていました!

子供を見ていると、人は常にに変化をしているということを改めて感じます。
子供はそれを「成長」というし、大人はそれは「老い」と感じる時があるかもしれない。
それでもそれは生きる上ですべてのものの法則というか掟のようなもの。

「絶世の美女」がいたとしても、それが永遠に続くわけではなく。
丸々と太っていた女の子がもしかして「絶世の美女」になるかもしれないのです。(←それまもしかして我が家の次女さんかも!?)

いつも変化するものならば、
その一瞬一瞬を嘆いて生きるか味わって生きるかは自分次第。

yogaでは、その瞬間を丁寧に味わうということを大切にします。
計画を立てることもいいけど、時にはその時にしかない今の自分を感じる時間を作れたら
それはとっても幸せなこと。

4月。
幼稚園&保育園&学校に通う子供たちのいるママにとっては怒涛の忙しさがやってきます。
私も然り。
園と小学校のスケジュールがなかなか決まらず、こちらのレッスンの都合も直前のお知らせになってしまい申し訳ございません。

5月を過ぎると少しペースが安定し、落ち着いてくる頃なのでは?
再開できるときにいつでもどうぞ。
本牧ママヨガでお待ちしております。

ナマステ

20160208110811_p.jpg

ずいぶん前だけど、今春幼稚園に入園したAちゃんの作品。

アンパンマン、ドキンちゃん、バイキンマンはお鍋の車に仲良く乗って出発!
なんか色もカラフルでメルヘン。

そして、Aちゃんの作品には必ずドア。

このドア、ドラえもん好きなお兄ちゃんの影響を受けた「どこでもドア」。

私もママもyogaを一生懸命やっているのですが、
そんな合間にこんな素敵なものを作ってくれるものですがら、もう本当に感動しちゃいます。

20160404105449_p.jpg

お次はこれ。
おままごと大好きなNちゃん作品。
ママへ一生懸命作ったお料理です。

Nちゃん、二人目がおなかにいるお母さんに甘えたくて仕方ないのですが、
おままごととなると夢中で遊びだします。
そしてできたのがこんなお料理。
カラフルでしょうー。
そして、てんこ盛り(笑)
今日はスープ作りにチャレンジしていました。
相変わらず具は大きめの多めです(笑)

本牧ママヨガは、ママのためのyogaですが、
こんなふうに子供もwelcome!

お待ちしております。

PhotoGrid_1460332886286.jpg

桜咲く東京のど真ん中。
都会の休日は静か。
そしてこんなに美しい桜を東京でのんびり見られるなんてすごい!

早起きは三文以上の徳があるなぁなんて思いました。

さて、早起きしたのは桜がメインではなく、映画。
「みんなの学校」
そしてその舞台となった大空小学校の初代校長先生、木村泰子さんの講演会のため。

この学校は、障がいをもった子供たちもみんな一緒に学びます。
公立の小学校。
そうするとね、みんな違うっていうことを子供たちは肌で学ぶんですね。
そうしてその先が大事。
じゃぁどうしたらよいか、を子供自身が自ら考えていく学校なのです。

みんなが違うってわかると、自分は自分の持ち味で良くて、それを生かそうとするのだと思います。

そんな輪が広がったらいいな。
終始感動しっぱなしでした。

劇場公開はすでに終了していますが、自主上映の流れがでており、
私も自主上映会場を調べて行ってきました。

興味のある方、機会があればぜひ!!

目の前にある子供を見る。
世間体でも立場でもない。
そんなお話の映画や講演会は、yogaにも通じるものがたくさんあります。

ナマステ



20160307193742_p.jpg

昨年から私、書道をはじめました。
縁あってyogaのような考えを持つyogaを全然知らない先生のもとへせっせと通っています。
私の場合、お手本を見ないと書けない。
でも先生は「お手本を見ないで自分の感性で書いて」といいます。

へっ??
私にはへっ??無理難題(笑)

がしかし、それを見事にやってのけてくれる人たちがいます。
それが子供。
特に小さな子供。

わが娘4歳。
ようやくひらがなが読めるようになり、書くことにもチャレンジしているようす。
そこで、先生のところから水で書いて消える書道セットを購入。
自由にかいてもらいました。

ね、
自由でしょ。
こんなかんじ。

しかも豪快!
線が元気いっぱい!
おまけに横線もくるくるもサービスして多くかいちゃってる(笑)

8歳のお姉ちゃんのほうも元気で豊かな字ですが、やっぱりもう「上手く書こう」の壁が
心にうっすらとできているのがわかる。

私もそう。
上手く書きたい。
どうやって書いたらいいかわからないけどうまくなりたい。
そんな思いが逆に障害となって硬い字にしてしまうようなのです。

のびのびと書くというのは、なにもスピードだして何にも考えずに書くのとは違う。

そう。
今、その場所にとにかく集中することなんだと思います。
集中する脳、マインドは波のない穏やかな海のような状態。

yogaの考え方も然り。
yogaでは人間を「五つの鞘(層)」ととらえます。
マトリョーシカを創造してもらえるとわかりやすいです。

そのマトリョーシカの5体目のハートがほんとの自分。
そこはいつも穏やかで喜びに満ち溢れているのだそうな。

外側にまとっているのは
世間体の自分。
身体的な自分。
先入観の自分。
培ってきた教育や知識、環境の自分etc...

本当の自分は、もっとうちにあります。
そしてその誰もがこの次女の書のように、
自由でのびのびとしているのです。

毎日が学びです。
子供たちに感謝。

DSC_0414.jpg

去年の「一文字」シリーズに続き、今年の私の一文字。

「光」。
先生と共に書道で書いた字です。
見方によっては何か動物のようにも見える(笑)

どんなことにも「花マル」を!という先生の考え方なので、この字にも花マル付き。

「光」はなにも有名になることでも目立つことでもないのです。
yogaの世界ではよく、光を「内なる光」と表現します。

そう、内なる光。
生きとし生けるものすべてはもうそれだけで光り輝く素晴らしい存在であるということなんです。
「私は私」それを大事にし、それを生かし、それに満足し、肯定する。

と、そんな一年でありたいなぁと思っています。
自分がそうだとみんなもそうだったらいいのになぁと思うようになります。
なので自らそれを実践!

人っていつも「良い・悪い」で比較したり判断してしまう生き物。
たぶんそれは生き抜いていくうえで必要なことだから身についた能力なんだと思います。

でもね、いらないんです。もともとそういう評価。
そう思うと自分の嫌なところは「欠点」ではなくなり、個性として光ります。
「欠点」だから見るのが嫌だ、目を背けたい、ではなく、それを受け入れて「さてどうしようか?」
という行動に生まれ変わります。

そのためには「どう考えるか」ではなく「どう感じるか」を意識化することが大事。
そのためにyogaをすることが役立ってくるのです。

「光」
太陽でも月でも
キャンドルでもなんでも。
光り方は様々。

それでいいんだって思えるように。
「内なる光」を大切にした「yoga」を伝えたいなぁと思っています。

ナマステ。





今年も子供たちと一緒に味噌作り。

DSC_0447.jpg

大豆って、一晩お水につけるとものすごく水を吸収します。
一見見ると固くて水分なんて吸収しないようにみえるのに。。。
→人は見かけによらず。

DSC_0445.jpg

糀と塩を混ぜる。
手の感触は記憶を呼び覚ますようで、「ママ~これ去年もやったよね!!」と二人の会話。
→経験は宝なり。


DSC_0449.jpg

大豆と塩と糀を混ぜてお団子を作る。
私よりも綺麗なお団子を作る娘二人。
そして、これがじっくり時間をかけるとお味噌になるんだね~というお話を毎年恒例のようにしています。

→「待つ」ということの大切さ。(これ、毎年記事にしていること。)

味噌作りには生きるヒントのようなものも、子育てのヒントなようなものもあるんだなぁとしみじみと感じる如月。

そして、今年はほとんどの工程を長女は覚えていて、ほぼ二人に任せきり。
私は大豆を煮るのとお片付け係で終わったのでした。

子供の成長ってすごいな。
じっくりと、ゆっくりと。
それは決して悪くないこと。

それなのに、日々の私は「早くはやく~、もー!遅い遅い」を繰り返しちゃうんだなぁ~。
でもね、そうじゃないと決められた時間には遅れちゃうものね。

世の中バランスが大事。
だとしたら、「早く早く~」の生活の中に、味噌づくりのようなスローな時間をじっくりと味わう時間を入れていきたいなぁと
そんなふうに思うのです。

ナマステ。



お雑煮とともに迎えた新年。


20160102084150_p.jpg

長女初スキー!(次女初そりすべり)
いつ挫折するか?と思いきや予想以上いすいすい滑り、高いところにいすぎて写真では確認できず(笑)
子供ってすごいな。

1451796640319.jpg

帰省した山梨では、なぜか紙芝居屋さんがいて、これも初体験。(私も見たのははじめて。)
次女は紙芝居よりもなぜか紙芝居のおじさんのほうに興味津々(汗)個性的だしね。

20151231165931_p.jpg
年末にはミュージカルライオンキングを鑑賞。
二時間の長丁場の演目ですが、長女次女ともに真剣!ほんとに何度見ても(私三度目)素晴らしいのです。

みなさんはどんな冬休み?
私は5日よりレッスン始動!!
今年も楽しくyogaやピラティスをやっていきたいとおもっております。

どうぞ素敵な一年になりますように。

loka-h samasta-h sukhino bhavantu 
(世界のすべてのひとが、幸せになれますように。)

om,shanti, 


2016 RITSUKO



2015年から書道をはじめました。
これは先生の字
2015年を振り返って漢字一文字で表す。
というので私は「受」という字を選択。
すると先生が「あ、受けるはね、「一つ心を足す」とね、「愛」になるんだよ~。」とさらさらと「愛」という字を書いてくれました。

「受」
受ける。

2015年は自分から行動する、というより流れに乗るというか、来たものをただ受けていた年でした。
仕事を受ける
子供の気持ちを受け止めるとか。

「受け身」
「受動的」
こう書くと「受」はネガティブなイメージ?
そう。私は子供のころから「受」はずっとネガティブなイメージでした。
実際学校でも会社でも「受け身ではダメ!」みたいな教育や指導の影響があったと思います。

でもね、「受」は「愛」なんだって。
受け入れることは「愛」がないとできないこと。

そしてそれは強さも必要なわけで。

なんだか素晴らしい年末の締めくくりとなりました。
先生ありがとう。

DSC_0261.jpg

本牧のスタジオにも、愛があふれています。
いつの間にか出されていたクリスマスツリー。

DSC_0258.jpg

朝行くと、加湿器が動いていて、暖房がついています。

暖かくyogaができます。
本牧工房のSUw兄さん、いつもありがとう。

DSC_0257.jpg

本牧スタジオのお隣の幼稚園の塀には、いつも愛がはり、はっとする言葉が。


DSC_0256.jpg

DSC_0255.jpg

年末に行った蒔田のイルミネーション。ペットボトルに色を塗って作られた手作り。
表参道のイルミネーションもみたけど私にはまぶしすぎて、今の私にはこのぼんやりした灯りがちょうどよくて心地よいことに気付く。

丁寧にみていると、以外と「愛」があるんですよね、
「受」けてみるのも悪くないんです。
そしてその先にきっと進めるから。

ナマステ。




今年最後になると思われるtrainingに通っています。
基本的にWSスタイルより長いtrainingのほうが身になるタイプなので情報を久々にアップデート。
今回はピラティス。

来日している先生は解剖学のプロ。
そんなわけですべて骨と筋肉についてのアプローチが入ります。
忘れていることもあり、再確認できて脳みそフル回転!!!

で、私はヨガもピラティスも両方をやっているわけですが、先生曰く
「ヨガとピラティスはお互いに高め合う、良い相関関係であると思っています」と。

そう。
私もそう思っています。

似たピラティスエクササイズとヨガアーサナ。
いくつもあります。

ベースはヨガとして精神面をサポートし、産後のヨガについては実はピラティス寄りの
手法を取ることが多いのです。

そんなわけで、また少しずつレッスンでお役にたてたらいいなぁと思っています。

で、このお弁当はtraining中の持参ランチ。
玄米ご飯は冷えてもモチモチで美味しいです。
おなかがいっぱい過ぎても眠くなるけど、食べないのもやっぱりNG。。

20151117125436_p.jpg

近所にこんな美味しいランチのお店もあって、楽しみにしていたんだけど、改装に入るみたいなのでしばらく食べられず。

頭を使う勉強時間にひそかに楽しみなのはお昼ご飯。
って、やっぱり、私、食べることが大好きなのでした。。。。

また来週も頑張ります!!

レッスンは23日に祭日が入りお休みになりますが、30日にお待ちしております。
12月は前半3回の月曜日が開催月です。
お待ちしております。



20151029070020_p.jpg
今年の三月に仕込んだ味噌が出来上がりました。
今朝は渾身の(というかあまり野菜の)味噌汁から。

美味しいです。
三月は大豆と塩と糀だったのに、開けてみたらちゃんと味噌でした。


20151029064926_p.jpg
開けたらこんなかんじ。

20150327160319454.jpg

三月はこんなふうに娘二人とお味噌作りだったんだなぁ~。

「待つ」というのは様々な変化をもたらしくれるものです。
どうとらえるか、「いい」とか「わるい」とかレッテルをはらず、ただその変化を味わってみる。

するとお味噌みたいに熟成されていることがわかるんですね。

あのとき、すんごく怒ってたけど、時間がたったらあれなんだっけ?
あのとき、すんごく大変だったけど、時間がたったらあれなんだっけ?
あのとき、すんごく感動した映画をみたけど、時間がたったらあれ、ストーリーなんだっけ?

そう。
考えてみると心境に変化があることがよくあるのでは?
でもね、事実は一つ。
それは、時を経て感情や記憶が変化を遂げるからなんです。
だから、本当に感情的になっている自分を見つけたら、そしてそれがもし自分にとってネガティブな感情であるならば
少しでもいい、間を取ってみる。
そんなことを私は試みています。
うまくできないこともあるけれど。

まずは深呼吸。
ね、これは一番シンプルに間をおくことができるでしょ。
だから、yogaなんです。
深い呼吸とともにうごく。
マインドを鎮める。

20151024145332_p.jpg

時を経た変化。
長女、7歳の花かんむり作りがすごくうまくなっていたこと。
「不器用」というレッテルを貼るのは簡単なことだけれど、
そんなレッテル作りより、じっくりと待ってみる。
すると、あれ?そうでもないんだな、ってことに気がつくのです。
そんな発見をくれるのが子供たち。yogaに来てくれる子供たちも。

ありがとう。

20151028171027_p.jpg

夏にせっせと水やをしていた長女達のそだてたサツマイモ。
こんなに大きくなりました。

すごいなぁ。
人間も
地球も
みいんな。

ありがとう。



いつもご参加いただきありがとうございます。
夏休みは久しぶりの子供たちやママたちにお会いできてうれしい月でもあります。
ほんとにみんな大きくなって、ちょっと目頭が熱くなるそんなyogaのひと時です。

とはいえ、レッスンはママ中心。女性のためのyoga。
子供たち、時々飽きてしまうこともあるかもしれません。
それでもその一時間をママに捧げてくれたことに感謝をし、私はいつものように、ママのためにyogaを進行します。

それをなんとなく見ていること、これがいいんです。
お母さんが何に興味を持ち、なにをしているのか。
なぁんとなくでも見ていてもらえるのは子供たちの心の隅っこに残り、時間を共有したことが心の引き出しに入るからです。

そして、なかなか来られないなぁ~という方もこの夏が終わる前に是非!残り8月のレッスンは次回500円引きになる「がんばったねTICKET」配布中です。
夏が終わっちゃった~と思ったら、9月に是非!

先週のレッスン終わりの一コマ。
私の長女。
いつものように学校の預かり授業に行かず、「ついていきたい」というので、同席させていただきました。
その条件がお手伝い。
そんなわけで、一生懸命片付けや掃除を頑張ってくれました。
小さな子供が大好きな長女。
自分なりにできることをこの一時間で見て行動していたようです。
ご迷惑おかけしておりましたらクレームは私のほうまでお願いいたします

自分より年下のお友達にたくさん会えたことがとても楽しかったようです。
yogaについては興味ナシなようですが、それもまた彼女の人生。

夏休みならではの先週のyogaでした。

9月もありますよ。
7、14、28日開催。ママ一人だけのご参加も大歓迎です。

お待ちしております。
ナマステ



8月10、17日は夏休みとなりますのでご注意下さい。
また、本牧スタジオそのもののお休みが一週間程度ありますので、お店に寄られる方もご確認をお願いいたします。
【開催日程】
8月3、24、31 日(10、17日は夏休みとなります。)
9月7、14、28日 (21日祝日のためお休み)
8月は10日、17日と2週続きでお休みのなりますのでご留意下さい。
そして夏休み(7月末から8月末まで)中に来てくださった方には、
どのチケットも次回500円引きになる「がんばったねTICKET」をプレゼントしております♪前回の記事をご覧下さいませ。

夏休み。
私は通常にヨガクラスがあるため、全然夏休み気分ではなく、毎日2人の子供達のお弁当作りを朝からせっせとやっております。
夏って難しいですね。とにかく尋常じゃないこの暑さなので、お弁当に何を入れるべきか・・・日々試行錯誤です。

さて、そんな合間に早起きして、長女の畑(学年で栽培中)のお仕事へ。
いました!暑さもなんのその、青々とそしてすくすく育っていました。

暑い中子供達は熱心に水遣りや草取り、観察。時々バッタ取り(笑)
ふと地面を見ると、、、
20150806084200_p.jpg
あ!サツマイモ!!
まだまだ人差し指ほどの小さなおいもですが、お芋になろうとして一生懸命頑張っている感じでした。
感動。

日めくり「毎日修造!」
に、こんなことが書いてあります。ちょうど友達がfacebookにアップしていたのでふと読み返しました。

「ウサギとカメ」を読んで、僕はこう思った
(中略)カメは最初からウサギなどまったく気にしていなかった。ただひたすらゴールだけを見て自分のベストを尽くした。夢に向かうときは、他人との競争は必要ない。自分が決めたゴールだけを見て、ベストを尽くせばいいんだ。

そういうこと。
お芋はお芋で、ただ毎日コツコツと養分をため、大きくなることを目指しています。
誰のためでもなく。

その場その場のベストを尽くしたら、あとは身をゆだねる。結果は天に手放す。
ヴァイラーギャとアヴィヤーサ。
ヴァガヴァットギータ。 yogaだなぁ。。。。

人もきっとおんなじ。

子育ても。
子供は子供の人生だから、子育ても、その日その場で頑張ったらあとは天にまかせる
それが本当の見守る、ってことなのかな。

お芋はそっと土をかけてあげました。

すくすく大きくなぁれ、こどもたち。
そして、すくすくおおきくなぁれ、私達大人の心も。

ナマステ

20150730131242_p.jpg

満月の前日に友達とプラネタリウムに行き、星空をいっぱい満喫してきた子供達。

7月の最後は満月。
グルプルニマ。

以前紹介した記事にも→(コチラ)月について書いたのですが、yogaと月はつながりがあります。
yogaのポーズの中にも名前が使われていたり。


家族でみました。
幻想的な月でした。

moon

これは私が撮ったものではないですが、こんなふうに丸くて強く光る月。

時々幻想的に雲がかかっては晴れて、私は目を閉じたり、深呼吸したり。

そんなふうに満月にちなんで自然を感じるのもいいなぁと思います。
つながる。
私と月
私と自然。
私の身体と私の心。
プラネタリウムの星のようにあんなにたくさんの星の光を浴びることができなくなった現代ですから。
そんなつながりを改めて感じるとあたたかい気持ちになります。

そんな神秘的な日に Aさんから出産の報告も。
新しい命。
ホントに素晴らしいです。

もう満月ではないけれど、まだまだキレイな月が見られます。

ナマステ。




夏休みに入りましたね。
お仕事の方はもうすぐ夏休みの方が多いのかな。

町で子供や親子連れの子達にたくさん出会うと、ちょっと嬉しくなる私です。
若かりし頃、別の仕事とフィットネスの仕事を掛け持ちしていて、ホントに休みなくハードに仕事してた頃。
夏休みにスーパーに行くと子供達がちょこちょこと駆け回っていて、急いで帰って早くごはん作って寝たかった私は「もう、夏休み、子供達じゃまだわぁ~」
なんて思ってたのを思い出しました。

でも、私も母親になり、時間の使い方が変わって
街でいろんな子供達をたくさん見ていると、
「夏休み、いっぱい遊んでおおきくなあれ~!」
と応援したくなる。

この心境の変化。
感謝だなぁと思います。

幸せは心の内側にある。
yoga。

そういうことです。

ま、今でも我が子見ていると一人になりたいときがありますけど(笑)

さて、我が家も夏休み。
が、大人は休みではないので、お弁当作り、預かり保育や学校への送り出しの合間に遊ぶというかんじで、
夏休みのほうがむしろあわただしいです。

20150801144134_p.jpg

道路に落書きをしてもいい!という日があったのででかけた日。
この後、2人はチョークまみれで真っ白!!
その後お片づけで水をまいてくれたのでびしょ濡れ!

20150729185449_p.jpg

しまじろうの抜き型が届いて大喜びの次女。
お姉ちゃんと一緒にカレーつくりをお手伝いしてくれました。

前に自分で掘ってきたじゃがいもと美味しいベジカレー。
こんなときは玄米ご飯をもりもり食べてくれるから、じっくり浸水させて、夏らしくさっぱり炊き。

にんじんキライなはずだったのですが、こんなにのっけて食べてる!すごいな。

20150730131622_p (1)

激混みのはまぎんこども宇宙科学館。

でも混雑に負けず夢中で遊んでます。

この建物はその名も「GRAVITY」
重力?
ちょっと傾いた箱でなんの変哲もないようにみえるのですが、

もう中をのぞいただけで めまいが・・・・・・

実際は傾斜があるのに、平らであるかのように家具装飾品を置いてある部屋で(多分)
視覚による錯覚で平衡感覚がとれないんですよね。特に大人。
そんなわけで部屋に入るともう目が回ってる気分になります。

大人→ブランコやでんぐり返しでなぜか目が回る
子供→いつもぐるぐるいろんなことして回ってるのが好き。

この差なんでしょうか。
子供達は平気でこの不思議な部屋で走ってる!!

うーん。すごい!!

子供には子供の素晴らしい能力がある。
人には人であるだけでそれだけで素晴らしい。
花も、犬も、海も、山も。

それに気づける毎日なら、平和であることは簡単であると思うのだけど。
8月。
平和への祈りもこめて。




7月のレッスン残り13日27日とあります。
8月は3、24、31開催です。(10、17はお盆休み)
10:10~11:10開催。
お待ちしております!


IMG_20150711_061347.jpg

先日、梅雨の合間にほんの少し晴れた一日があり、
我が家で育ったあおむしさんが、立派なクロアゲハチョウとなって無事飛び立ちました。

我が家にもらわれてきたときは、まさに
はらぺこあおむし
の食いしん坊なあおむしさん。

IMG_20150711_061741.jpg

ちっちゃかったあおむしが、どんどんみかんの葉っぱを食べ、毎日足りなくなるからこまめに補給をし、
そしてある日
20150616071641_p.jpeg

さなぎになりました。
それからまる二週間。ほんとにそのまんまの状態。

20150628080956_p.jpeg

そしてまたある朝、
急にこんな立派な姿に!!

感動する毎日でした。

本当は、夫と娘がこのあおむしを持ってきたとき「げっ!!!」と思ったのが正直な私です。
でもね。
ホントにまじめに葉っぱを食べ、まじめにウンチをし、まじめに動かない(眠る)姿をみていてなんてかわいいのだろうと!
最終的に一番真剣にお世話をしていたのは私だったりして。
これもまた、私の中の 幼虫←ちょっと気持ち悪い の固定観念を崩してくれた新しい出来事でした。

羽ばたく瞬間。
羽を一生懸命バタバタさせて、途中落ちそうになりながらも一生懸命羽ばたいて。
そしてしばらくすると風に乗るように羽を広げるだけで遠くのほうまで飛んでいきました。

アビヤーサ(頑張ること)→ヴァイラーギャ(離欲)へ。
アゲハにとっては、羽ばたいて→風に乗ること。

yogaだな。
すごいな。
ありがとう。



7月のレッスン残り13日27日とあります。
8月は3、24、31開催です。(10、17はお盆休み)
10:10~11:10開催。
お待ちしております!


今年は雨が多く、梅雨らしいというか、降りすぎというか・・・。
そんな中、我が家のほっこり暴れキャラの次女さんの願い事が、(笑)大ヒット中です。

ほっこりしますね。こんな願い事。
ウサギを飼いたい、ではなく、なりたいんですね。

ちなみに、長女は「空を飛びたいな」だそうで。

小学生にもなると皆、何かの職業になりたい、とか○○が欲しい(クリスマスと勘違い?)とかあるのですが、
我が家は姉妹ともどもメルヘンの世界にいます。

20150709191920_p.jpeg

そしてこれは、どうやらウサギを書いたらしい。。

次女さんはひらがなにも絵にも興味がなく、家の物品破壊が趣味な自由奔放人間。
子供って、ほんと産まれ持っていろんなタイプがあるのだなぁと、新しい価値観をくれるのでした。

yogaにきてくれる子供達も。

前回は結局スタジオに足を踏み入れずに帰宅となったAちゃん。
それもまた個性なのです。
そしてそれを受け入れるお母さんの素晴らしさったらないです。ホント。

でも、でも、、、
待ってるね~!

今週のレッスンもご参加ありがとうございました。
来週は梅雨明けなるか??

お待ちしております。
ナマステ



本牧ママヨガ、6月29日お休みします。
7月は6、13、27と開催します。
梅雨時のどんよりした時期ですが、yogaをするとのびのびすっきりする感覚、是非一緒に味わいましょう。
ちなみに、私は、何も動かない日より、yogaをした日のほうがやりたいこごがサクサクと片付きます。そしてヒラメキます。

また、ここのところお問い合わせもあるのでここでも連絡ですが、お1人だけの参加も可能です。(ママ、プレママ限定です)
いくつになっても産後は産後。産後に特化したyogaクラスを是非。
そしてマタニティの方も参加可能です。クラスの中でアーサナを変えて行っていきます。是非。


さて、この写真。先日yogaに一緒に来てくれたR君です。
この「男の子のおもちゃ」が大好きで、yogaの一時間、ずーっと集中して遊んでいました。
この集中力はすごい。やっぱり好きなものは人を集中へと導いてくれるのですね。
ある意味このときの脳の状態は、yogaですから、R君も立派にyogaをしているというわけです♪

で、わかります?このおもちゃ。
すごーくきれいに整頓しながら遊んでいるのです。
丸いわっかのようなおもちゃはタテにかさね、そこからそっとやさしく使いたいものをとっていくR君。

20150622104622_p.jpeg

ママも私も何も言ってないのにこの整頓能力!
私に教えて欲しいです。
ほんとにすばらしい!

残念ながら、私にも、私の娘たちにも引き継がれなかったこの能力ですが、R君は持っている。
そしてきっと、私や私の娘たちが持っている能力もきっとあるのでしょう(と願いたい。)

子供の頃からみんなが違ってみんなが素晴らしいを教えてくれるのが子供達です。
私の師です。
ほんとにそう思います。

ガミガミしてる場合ぢゃないな、大人の私。と、毎度反省するのです。

そしてね、この「男の子のおもちゃ」本当に男の子に大人気なのが不思議。
このおもちゃ、ピストル型だったり、攻撃的な音と光が出るので、実は私自身がニガテだったんです。

女の子しか育てたことない私。
戦隊物のおもちゃは攻撃的に人をさせる?
ヨガの非暴力(アヒムサー)的精神に反するのでは。

いえいえ。
違っていたのは私自身の考えでした。
そんな考え(壁)で見るから、本質が見えてこなくなっちゃうのです。

それを教えてくれるのはここのyogaにきてくれる子供達でした。

彼(彼女)達は、このおもちゃがどんなふうにしたら音が鳴り、動くのか
ものすごく真剣に体験しています。
複雑な構造であるが故に比較的取り合いもなく、それぞれがそれぞれの部品とにらめっこしていたり。
組み立てられる発見や変化の過程に驚きや喜びの表情もみられたり。

ただ、興味深くこのおもちゃの体験をしているだけなのです。
と、壁を取り払った私の心がそんな思いに導いてくれました。

どんな事物であれ、そこの体験からアヒムサ(非暴力)を教えていくことは可能なんですね。

感情や先入観を取り払うと新しく見えてくるものがある。
そんなクリアな心を養うのがyogaです。

教えていながら教えられることがいっぱい。
そんなyogaクラスですが、よかったら一緒にやりましょう。

ナマステ

20150607114906_p (1)
本牧ママヨガ
来週6月15日はお休みします。22日にお待ちしております。
尚、6月29日もお休みとなります。


先日、韓国へ引越ししたKさんとY君がyogaに来てれました。
とても嬉しい再開でした。
Y君はちょっとほっそりして背が伸びて、驚くべき安定感で歩いていました。
子供の成長はすごいなぁ。
そして、韓国と日本、二時間ほどで行き来できちゃうのだそうです。
飛行機早い!すごい!
ほんとに便利な世の中です。そしてそのおかげでこうやってyogaを受けにきてくれたり再開ができるわけで。

さて、先日
海に散歩へ。
晴れていた江ノ島はサーファー達でいっぱいでした。
娘2人は砂遊び。
棒があると持ちたくなる→子供。
そして、適度な距離感で夢中で遊んでいます。

自然てすごいなぁと思います。たいして道具がなくてもこうやって何時間も遊んでるのですから(おかげで日焼けしました(汗))
海でサーフィンをやっている人を見るのが大好きです。
スローな時間。
波を待ってる人達見てるのも好き。
板一枚で遊べる大人たち。(あ、最近子供達も増えました)
波があればそれに乗り、なければぷっかり浮いて待っている。
この自然と共に遊んでるかんじか大好きなのです。

が、この日はジェットスキーを楽しんでいる方々もいて。
趣味は人それぞれ。それはそれでよいのです。
が、見ていて癒されるのは断然サーフィンやっている人達なのですね。なぜなんでしょう。。。
ジェットスキーのすごい轟音と波しぶきとスピードは求めてないんですね。
そんな私の休日でした。

早いもの、便利なもの。
そのおかげで恩恵を受けることも多々。
でも人間てやっぱ動物。
バランスをとりたくて、スローなものや自然そのものに魅かれちゃうのだと思います。
待つこと、スローなこと。それはちょっと不便でもあるのかもしれないけど、それが心に効くことってありますよね。

子育てでも。ね。
我が家の次女「はやく~」と私がいうと「はぁやく~はできません!」と返答するようになりました(汗)
ま、そんな日もありです(笑)

ヨガの呼吸はスローですね。
動きも。
そんなスローな時間は急かされる現代生活の中ではバランスをとるために必要なことなのでしょう。
今月も、そして来月も一緒にyogaやりましょう♪

ナマステ

~おまけ~
20150607124720_p.jpeg

長女画伯作、アンパンマン。
からだの部分がジバニャンミックスでなんだか味があってお気に入りです。

20150607124735_p.jpeg
次女画伯作、 うさぎ。
ねずみに見えますけどね。

よい一日を!



温故知新・古民家でヨガ&ランチ初夏編 ご参加いただきましてありがとうございました。

6月横浜レンタルスタジオ本牧でのママヨガは、1,8、22日の月曜三回開催です。
15、29日がお休みになりますのでご注意くださいませ。


今回、予定が合わなくお会いできなっかたかた、次回是非!お待ちしております。
カメラマンが私なのでなかなかいい画像がなくて申し訳ないのですが、間門の家も、庭も、yogaも料理も皆さんも
ほんとに融合するようなステキなひと時でした。

R君が「コミンカ」のフレーズを大変気に入ってくれて連発発言するものだから親子yogaは「笑いヨガ」状態に。
楽しかったです。子供ってほんとに可愛くてオモシロイ。
あ、ちなみに「間門の家」とおうちにお名前あります。が、ついつい「コミンカ」っていっちゃうんですよね、私。

お料理写真など豆松カフェさんのたえさんのブログに記載されております。コチラ→記事

yoga古典ヨガスートラの中にある教え「アヒムサー(不殺生、非暴力)」を元に、精進料理風にランチを構成していただきました。
洋風な要素も取り入れていただいた、お豆腐ステーキ・ラタトゥイユソースもありバリエーションも彩りも豊か。
で、このアジサイがステキなのです!パクッと食べちゃいました♪

入ったときのひんやり、どっしり、しーんとした家の空気感。ほんとうにたまらないです。
ここでのyogaはシャバアーサナが最適なアーサナ。
私も朝一人でごろんと寝転んでみました。
沈みこむような、自分が古民家に溶け込むような、包み込まれるような。
自分が「つながっている」ことや「守られている」こと、「身をゆだねることができる」こと
改めて感じたyoga時間になりました。
古いお家は昔を知っています。そしてその昔に生きていた人々、祖先がいるから私は今ここにいるのですね。

皆さんはどうでしたか?是非感想お聞かせくださいませ。

6月のママヨガは6月1日、8日、22日月曜日10:10~小港のスタジオにて。
お待ちしています。

感謝

RITSUKO



6月の本牧ママヨガ、1日、8日、22日の月曜日開催いたします。(15、29日休み)

先日、千葉の海で見つけたカニ。ちっちゃいけど、上方に見えるかな?
すんごい素早い!少しでも物音立てるとあっという間に穴の中に戻っちゃいます。
でも、また出てきてはせっせと砂のお団子を運びだしている。
この集中力、業を全うする精神、、、私なんかよりずっとyoga道進んでるなぁ~と感心。

さて、いよいよ今週木曜日、古民yoga開催です。
楽しみですね♪
詳細連絡いたしましたのでご確認下さい。

また、今回都合が悪かった方、ごめんなさい。次回是非ご参加いただけたらと思います。

さて、今日のママヨガ。
久しぶりの再開が嬉しいyogaの一時になりました。

以前blogの話「ほそ~くなが~くね、続けるのがいいのよ」
と、yogaの大先輩の先生に言われた言葉を皆さんが実行してくれているかのように、久しぶりにyogaをしにきてくれたこと
本当に心から嬉しいなぁと思います。

今日はじっくりゆっくり、スローなyoga。
バランスを整える最終週のyogaにふさわしいyoga時間でした。

夏になったらもうちょっと動こうかなぁ~
いやいや、六月はね、じっくり調整する動きも入れたいかな。

それから久しぶりに会えたH君。
感動的に大人になって(気持ちも)でもまだまだ無邪気なところがあって。
本当にあたたかい気持ちになれました。ありがとう。

みんなに人気のおもちゃ、本牧工房の兄さんが直してくれたようですよ。

そんなこんなであっという間に5月も終わろうとしています。

このカニさんのように、私は私のやるべきことをきっちりとこなしていきたいなぁと思います。

6月は1日、8日、22日の月曜日開催。
久しぶりでも、毎週でもwelcomeです。
ほそーく、ながーく、続けてみましょう。
ナマステ



母の日。
私の2人の母にはお花をおくりました。
歳を重ねるほど母の存在の偉大さにしみじみとします。
あ、もちろん父もです。
そう思えない人もきっといるでしょう。
私も反抗期はそんなふうに思えない時期があった。
ケンカしたり。

でも、自分がここに存在するのは、父や母やそのまた先の人々がつないでくれるからで。
自分が自分だってことを受け入れるためには父と母が不可欠なわけで。
そしてまた自分自身を好きでいるためには、父や母を好きであったり、そう思えない人であっても存在を受け入れるという思いが必要不可欠になってくるのだ、とそんなふうに思う。

命のリレー
人はそうやってつながっているのですね。

で、娘(長女)からのプレゼント。
折り紙のチケットケース付きでかなりのお気に入りです。

ありがとう。
本当に感謝。

娘に「何が欲しい?」
と言われたときに、そういえば、具体的に欲しいものが浮かばなかった。

それはまたyogaの「知足」でのあるのかもしれないなぁ、なんて思ったり。

でも、疲れてたある日は「何もいらないからお休みちょうだい、お母さん、ご飯作りたくないの!」
と悪態ついて困らせてみたり・・・(ごめん。。)

と、そんないつもいい母さんではない私を好きでいてくれることに胸がいっぱいの一日でした。

ちなみに、数日前に次女さんからももらったんですが。。。。(幼稚園で作ってきた)
もらった日のコンディションが最悪で。疲れていたらしく、泣くわわめくわ・・・・(汗)

そんなもんで感動もなにもなく。。。

長女から初めてプレゼントもらったときは、感動して泣きそうだったんだけどなぁ~。

やっぱり経験値があると心に勝手に壁ができてしまい、感動が薄れちゃうのか。。。
いやいや、日々新鮮に感じていよう。

yogaをしてまた心をクリアにしてみよう。。

我が家の子供達2人、できることも性格も本当にバラバラ。
長女の子育てで通用した経験は次女では通用しない。
そんなことが多々あります。

でも、むしろそんな環境にとても感謝しています。

子供は、というより人はみんな違っている!ということを分からせてくれるのだから。

ね、yogaに来る子供達もみーんな、個性バラバラですものね。
できることも。
体重も
身長も
髪の毛の量も(←薄くてもかわいく、たくさんでもかわいい子供達。)

そして私達も。

みんなちがってみんないい、なんですよね。

私は、みんな違ってみんな好き。

ナマステ

2月の本牧ママヨガは16日がお休みになります。
9日23日開催します


PhotoGrid_1423321024793.jpg

ジブリ美術館。
ようやくチケットを予約していくことができました。

行った人達から「小さいからあまり期待しないでいったほうがいいよ~」
とのこと。

結果→大大大満足!

私が子供の頃から映画の大ファンということもあるかもしれませんが、
小さくて十分。
ほんとにステキな美術館でした。

先入観、人の感想にとらわれなくてもいい、というのはすがすがしいことだな、と思います。
口コミって、ネットであるとどうしてもみてしまいますよね。たとえばホテルやレストランに行くときとか。

でもね、結局はそこの先入観を一度払拭して、自分のハートで見ると楽しみ方がまた変わるんだと思います。
yogaだなぁ~と思います。
と、いいつつ、やっぱりリサーチだってそれなりに必要ですけれどもね♪

それともう一つ。

館内に関しては、ここは撮影禁止なのです。
最初私は「ちょっとざんねんだなあ~」なんて思ってたんですが、
写真は撮らなきゃ撮らないで十分楽しめるという発見が。
しかも、「写真を撮る」という行為自体が減るとこんなにその一瞬一瞬が楽しいのか!ということにむしろ驚いてしまいました。

やることを手放してみると、見えてくるものがあるんですね。


迷路のような館内と触ってもよいという斬新な作品。
スペースは小さいから、子供達にはむしろ空間的にも時間的にもちょうどよいのです。

と、これも私の個人的口コミでもあるのですが、
写真を撮らずに楽しんでみる!
というのは体感してみると楽しいかなと思います。
スマホ全盛の時代、ついつい写真とっちゃいますものね。
yogaと同じ、マインドフルネス!

今を楽しむことはすばらしいなと思います。

yogaはまさにマインドフルネス。今を生きることで思考をシンプルにする手法です。
一緒に体感しませんか。

お待ちしています。

ナマステ



今年初の夜景&新年会。
といっても、夜出歩くのは一年に数えるほどなのが母の現状なのですが、久しぶりにyogaとピラティスの仲間と楽しみました。

同志たちは、ベジタリアン、ノンベジタリアン、マクロビアン、ヴィーガン、ゆる~くベジ、ノンベジだけど野菜主体派、、と、食の好みもさまざまです。
お酒も飲む人と飲まない人と。
なので、気楽です。
自由に自分のスタイルを楽しむし、それを尊重してくれるので嬉しい。

多分、そんな雰囲気は食に限らず生活全てにおいてこの世の中がそうであったら、みんなスマイルでいられるなぁなんって思います。
大人になると、無意識に自分の価値観を人にも押し付けていることがよくあるから。

「みんな違ってみんないい♪」
なんですね。

DSC_0889.jpg
とある夜景のきれいなホテル。
そんなわけで、私と私の友達にはメインにお豆腐のステーキが出てきました。
これがねぇ、もう、ほんとに美味しくて!!
カレー風味でお豆腐がふわっふわに柔らかいのに崩れていないという奇跡。
斬新さと味付けの絶妙さにしばらく無言で食べ進めた私達なのでした。

さて、今年初めての新月。
月は海の満潮干潮をはじめ、水と深く関係しています。

およそ70パーセントほどが水分でできているとも言われる人間の身体。
なので、この月の影響力を受けているのですね。
お産もこの月に関係するとも言われたりします。

でも、自然界から程遠い生活になりつつある現代では、それに気がつくチャンスがなかったりします。
そして私自身もそこまで深く考えてこなかった月の存在。

ここ数年、子供との生活がはじまってお月様の絵本や、お空の話、空を見上げて月をみながら散歩したり、昔よりも月を感じる生活が続いています。

そしてyogaをすればするほど、この月の存在をとても感じます。
大きなカテゴリーとしてのインドのアーユルヴェーダには、占星術が出てきますし、yogaも含まれているからです。

新月。
お願い事をするのによいとされています。新しいことをはじめるのにも。
やり方についてはいろいろ。興味があれば本や検索もありですね。
自分自身の内に向かい、是非お願い事を。

たまにはそんな時間もいいですよね。

ナマステ



家族でディズニーランド&シーへ。
ワンスアポンアタイムのショーが当選し、こんな幻想的な月とお城を堪能しました。

きれいだな。

夏もまた好きだけど、光が映えるのは断然冬。
イルミネーションもきれいなのは冬。
季節には季節なりの楽しみ方があるんだなぁなんて思いながら。

寒いのももそれはそれで良しってことなんですね。

今、そこにある季節を楽しもう
今を楽しもう。

そんなことを思った夜でした。



夜からふらりと横浜ベイサイドマリーナにお散歩にいったら、もうサンタクロース!!
早い!!
緑のサンタクロース結構好きです。
イルミネーションを早くも堪能してきました。

そして、ママヨガのほうも12月にランチ込みの年末イベントがあります。
詳細また改めまして皆様にご連絡いたします。
いち早く月曜日のレッスンにてお知らせいたしますので、興味のある方は是非レッスンにいらしてくださいね♪

PhotoGrid_1414208214825.jpg

週末は鎌倉に。
知り合いのスタジオSUGATAにて、子供フラワーアレンジの企画があったので娘二人と初のアレンジメント。
二人ともすごくステキな仕上がりになりました。
他のお友達もすごく上手&個性的に仕上げていて、子供ってすごいなぁ~とつくづく思う。

お野菜やら国産無添加のドライフルーツも買えて大満足♪
ランチはいつもの「life force」にてマクロランチ。
残念ながらキッズプレートがなくなっていたものの、大人メニューを娘たちでシェアして、大好きな車麩のフライをパクパクと完食です。私は玄米ご飯とカレー。デザートも美味しかった♪

DSC_0374.jpg

その後、大仏を見てみたい、というので、かなりの距離ですが歩いて大仏様に会いに。
二人とも思いのほか大興奮していていました。
どうやら想像以上におっきかったようです(笑)
三歳の次女さんのほうは怖かったみたいでお姉ちゃんにしばらくしがみついて離れないし・・・。

青い空にどーんと鎮座するお姿。
子供達もじっくり手を合わせていました。
私も。
このお祈りする時間が好き。
心がそこに止まるようで。

DSC_0330.jpg

さて、話はもどりましてスタジオにあるこの小さいコたち。
あれ?キャラクター1人増えてました。

DSC_0204 (1)
まだまだクリスマスの前にハロウィン。

27日も用意していますよ♪27日も私のほうからのハロウィンギフト用意してお待ちしております。

yogaする時間は大仏様にお祈りするときのような静かな時間です。
心の中にお祈りしましょう。
ありがとうの気持ちをこめて。



次女の三歳のお誕生日をちょっとだけ早く、ママヨガのパンフレットを置かせていただいている、cafe KUKURUにて。

ここ最近、まともに写真を撮られてくれず、手だけ頭だけの出演の次女さん。

長女がプログラムを作ってくれていて、お誕生日の歌の前に、なぜか「おにのパンツ」を歌うことになる我が家(汗)

大人のメニューはお腹すきすぎていてうっかり撮り忘れです(笑)
子供達はこのキッズプレートをもりもりと全部たいらげ、頼んでおいたデコレーションケーキ。
マクロビオティック仕様なのですが、私はここのクリームが世界で一番好きです。
子供達もそうみたいで、おさらはピッカピカにきれいになりました。

お誕生日のプレゼントリクエストは「りんごとみかん」。
ちなみに、サンタさんにも「りんごとみかん」をリクエストしているそうです(笑)

産まれてきてくれて、ありがとう。

IMG_20140916_225108.jpg

年に一度のyogaのお祭り、ヨガフェスタが行われていたみなとみらいを通り越して、電車に揺られ、
三日間、新たな学びにでていました。
お祭りもよいけど、もう、自分の心がじっくり学ぶほうにシフトしているようで。
全国から学びにやってきた方々とのシェアの時間は本当に貴重でした。

アーサナではなく、瞑想系。
最後シャバアーサナの体制で最近私が少し取り入れているものです。

実際に静かに自分を内観する時間、イメージングの時間は本当に穏やかで。でも、過去の忘れていた悲しい記憶もふっと沸いてでてドキドキしたり。

この絵はyogaを勉強する上で大事な身体の層です。
パンチャコーシャといいます。

私達は生まれたときは無垢、
自己肯定感じにつつまれています。
(そうそう、子供って6歳くらいまでは癒しのアルファ波とシータ波が勝手に出でいるんだって。だからかなぁ~。子供と一緒にいると癒されたりするのって。)

でもね、いろんな経験をかさねることで、勝手にフィルターを作って物事をみてしまいます。
「○○であるべきだ」「○○しなきゃいけない」「○○で当たり前」という具合に。

そうすると、本当の本質が見えてこなくなっちゃうのです。

例えば、肌がかゆいアレルギー体質の娘がいるとします(うちの娘もそう。)
「かゆそうだなぁ~かわいそうだ!肌に発疹や傷があるから見た目もかわいそう、なんとかしなきゃ」
と思います。
でも、実際はそうじゃない。
娘は別にそんなことなんとも思ってないのです。
それなのに勝手に「問題アリ」とレッテルを貼ってしまう。
これは、過去の記憶、経験が自分の歓喜鞘(心のより深部にある)を邪魔してしまうのです。
本当は何があっても幸せで穏やかでいられるのに、肌の状況を冷静にみて観察し、日々の生活を楽しいものにすることができるのに。

と、そんな自己の経験に寄り添い、思考の方法をより良い方向へ変えていく、そんなトレーニングなのです。

普段はyogaのアーサナメインですが、またこの方法は折に触れてシェアしていきますね。

さてさて、この三日間の先生も含めみんなとのシェア。
私が当たり前、と思っていることを仲間は知らず、私が知らないことを仲間は当たり前とおもっている、そんな感覚。

そう、「当たり前」なんてないのです。
そして、みんな違ってよいのです。

あぁ~、最近の私、長女に何度「当たり前」っていっちゃったでしょう~。そんなとこから日常を反省した三日間。

もう、みんなの感性が響き、シェアする時間が楽しくて仕方ありませんでした。
多分、私の心がそのときオープンで、みんなの「よいところをみる」というこのyogaのよいところに触れていたからなのだと思います。

まわりの笑顔や幸せを喜べたら、楽しいことはより増えていく。
そんなことを思ったトレーニングでした。

ろうそくの明かりのように、個々の内側にある幸せな光が、みなさんの周りの子供達、家族、友達、少しずつ少しずつ広がっていきますように。

om,shanti

DSC_0141.jpg

先日観に行ったドラえもん。
笑いながらポロポロ泣きっぱなしの映画でした。
ドラえもんをみて大人になった大人必見、といったかんじです。
小学生くらいだと一緒に涙してみていました。

のび太がねぇ、もう頑張るの。相変わらずドジなんだけど。

「超えられない試練は天から与えられない。」
先日、スタジオに来てくれたNさんからシェアしていただいた言葉です。

この映画ともリンクしたテーマ。私に対してのメッセージでもあるのかな。

私は多分、必要だからこの世に生を受け、必要だから今yogaを人に伝え、必要だから子を授かり、育てているのだと思います。
人に対してやっているようだけれど、実は自分を育ててくれるためなのだと思う。

長女は今、ピアノを習っていて、新しい課題曲に進む時に必ずつまずきます。
すぐにはすらすら弾けるもんじゃない。
たどたどしく、これがメロディーになるのかな?っていうくらい。

壁です。試練でもあります。

でも、私でもピアノの先生でも助言はできても、彼女の指になることはできない。
つまりは自分で乗り越えるパワーが必要になるのです。

時には怒ったり泣いたりしながら弾いてたりもするのですが、翌週にはすらすらと弾いてその壁を乗り越えていることがよくあります。

私にも子育ての壁やら 家事とレッスンとの両立やら、いろいろな試練がやってきます。
試練といったら大げさかなぁ。
でも毎日のようにいろんなことが起こる。

逃げちゃったり無視しちゃうと楽なんだけど、それじゃずーっと心にモヤモヤが残ったままになる。
そんなときに、時間はかかってもいいから向き合ってあげるのです。その山とか試練とか壁に。
その試練を与えられた意味を考える。自分なりに折り合いや意味合いをつけると、「今何をやるべきか」が見えてくる

そんなことの繰り返しのようなきがします。
うまく解決するかどうか。
しないときもあるかもしれません。

でもね、その与えられた壁に対する意味を考えたり、折り合いや意味合いを考えられる人はその先に成長があるんだろうなぁと思うのです。

上手くいえないけど
STAND BY ME (ドラえもんの映画のサブタイトル)
自分は自分の思いにそっと寄り添ってあげよう。

そして私は少しでもそんなみんなの心に寄り添ってあげられたら、って思っています。

ナマステ







とある公園の古民家。
お気に入りの公園で時折遊びにでかけます。
中にも入ることが出来、囲炉裏があり、木のおもちゃがあり、土間にはかまどがあり、お昼寝もしたり。

これがまた居心地のいいこと!!
この日は蒸し暑かったのに、中は風が通り抜けて涼しい!
しかも、縁側から見る庭の緑はまるで額縁から絵をみているように芸術的で。

昔の人ってすごいなぁ~。
今は気密性があったり、耐震設計であったり、それはそれで建築技術も発達しているのでしょうけど、なにがすごいって、もう、そこにいるときの居心地の良さが抜群なのです!

温故知新。

今では茅葺きの屋根自体が維持することが難しいのだと推測しますが、それでもこの良さを伝えていくことは意味があるんだろうなぁって。

ヨガもまた古い歴史を持つものです。
紀元前2500~1800くらいにはその起源をもつ可能性とあると言われていて、そう考えると4500年も前から
それまでに何人もの人達に受け継がれ、ここにいる私達につながっているのです。

古民家と同じで、ビビビっ!てなにかいいものを感じるから伝わってきたんだろうな。

古きヨガを紐解くように学びながら、現代の生活にその智慧を活かすというのは、まさに温故知新。
そんなつながりを大事に受け継いでいきたいなぁって思います。