横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪



大掃除はちょっとしか終わってないけど、どうにかクリスマスの飾り付けを片付け、お正月飾りをだしました。




おせち料理は少なめにこんなかんじ。

2010年、いろんなことがありました。
が、子育てをしていると本当にあっという間に過ぎちゃいますね。

先日、レッスンでお配りした「お母さん業界新聞vol.30」の河瀬直美さん(映画作家)の記事にこんなことが書いてありました。
*********************
今、私には6歳の息子がいて、実際は本当にこれでいいのだろうかと彼との関係や関わり方を顧みて、思い悩む日々です。

けれど、ふと立ち返って思うに、その悩みはやっぱり誰かと比べたり、何かに照らし合わせたりしていることからやってくるもののようです。

全国の子育て中のお母さんも多かれ少なかれ、この競争社会の中で、自分も含めたわが子のことで思い悩む日々でしょう。

けれど、ほんの少しゆとりを持って、彼らの時間に自分を置いてみてください。

彼らは本当にきらきらした目で世界を肯定して生きています。

そんことを見守るように手をつないで歩いてみる。

その小さな手のぬくもりから、生きている、ただそれだけの喜びがほら、ふつふつと湧いてきませんか。

*******************

こんな文章です。

「その悩みはやっぱり誰かと比べたり、何かに照らし合わせたりしているところからやってくるもののようです。」

このフレーズに、はっとくるときが 私はあります。

子育てだけでなく、自分自身のことも。

社会では比較しながら生きていくのが常だから仕方がない、と思いつつも、ずーっと何かや誰かと比べたりしていると、ちょっと疲れちゃったり、イライラしたり、ネガティブな感情が生まれたりします。

子供のことなぜか怒っちゃったりとかね。

つい最近は、うちの夫が31日の今日まで仕事だったため、ねぎらう気持ちの反面、「まわりはみんなお休みしているのに~なんでうちだけ~?」って感情がでてくると、言わずにはいられなくなっちゃったり・・。

そんなときこそ、私はyogaに立ち返ります。
そして自分を自分へと戻します。

そうしたら、「きらきらした目で世界を肯定して生きる」ことができるから。

今年は30までyogaにでかけ、31日は家族と過ごすことを優先し、年越しの前に除夜の鐘を聞きながら瞑想をして寝ることにしました。

どんな関わり方でもいいから、自分を自分へとそっと戻してくれるyogaを、自分なりに伝えていけたらいいなぁと
思っています。

心をこめて 。

ナマステ。

RITSUKO

スポンサーサイト

サンパー

ようやく年賀状を出し終えました。
偶然にも、先日行ったTDSでウサギのサンパーと写真が撮れたので年賀状に採用!

来年はウサギ年ですね。

27日、レッスンにご参加いただいた皆様、そして、今年1年、ご参加いただいた皆様。
本当にありがとうございました。

来年は17日からのスタートです。

ちょっと遅めのスタートになりますが、皆様に会えるのを楽しみにしています。
寒くて出るのに勇気がいる季節ですが、無理のない範囲で是非ご参加くださいませ。

また、ノロウイルス、風邪、など、流行っていますね。
感染したお話を聞くたびにつらくなります。
早く皆様よくなりますように。





この圧力鍋はシラルガンのもの。普段はほぼ玄米を炊くためだけに使用していますが、今日はお正月のおせち料理にと、黒豆を浸水させているところです。
甘さ控えめ、甘みはてんさい糖とみりんで。
成功するかなぁ~?

年末年始、しばらくレッスンがありませんが、太らないように注意しましょう。←私がね!・・・って自分に言い聞かせてる話をレッスンでしたところですが、お正月は誘惑がありすぎますね。

年末まで大掃除がんばります(かなり手抜き)そして、私は年末年始ともyogaやっています。
皆様も良い年末年始をお過ごしください。




「クリスマスサンタ」がやってきて喜んでいる娘さん。
朝起きたら、用意していた長靴に、プレゼントが入っていたようで大興奮
去年まではサンタ???ってなかんじだったので、3歳児になるとその反応が面白く、ちょっと楽しみが増えます

さて、クリスマスサンタもやってきましたが、やっぱり「クリスマス寒波」もやってきましたね。
寒い・・

26日はディズニーシー(TDS)に家族に行きましたが、ハンパなく寒かった・・・
実は、blogに載せた通り、21日にTDS,22日にTDL,そして26日に再びTDSに行くというスペシャルweekだったんですが、その変わり様におどろきました。

21、22は比較的暖かく、上着がいらない時間帯もあるくらいだったんです。
が、26日は、何をやっていても寒い・・・。
そんなわけで、楽しむことはできましたが、早々に帰宅しました。
寒いと、やっぱり比較的すくようで、ダッフィーのショーとか、写真のミッキーのショーとか、普段混雑してみられないものも見られてそれはまたいいんですよ

娘の誕生日記念で行ったので、お誕生日シールをもらい、たくさんのキャストさんに祝福されてうれしそうでした。

あ、そうそう、TDSのアトラクション、「タートルトーク」って知ってますか?

大人も子供も楽しめる、海がめの「クラッシュ」とお話ができるっていうアトラクション。

これで、娘が選ばれて、クラッシュとお話をしたんですよ
なかなか楽しい体験でした。

変わり様といえば、装飾。

21、22日はクリスマスモード全開だったのに、クリスマス翌日の26日は、なぁ~んにもない。。。
この変わり身のすばやさはすごい!

この気持ちの切り替えがうまくできる生き方ができると、生活がぐっと充実して、楽しくなるんですよね。
yogaでいうと、シャバアーサナでリセットする感覚、とか「今」を大切にする感覚とか、「ヨーガスートラ」の中の「アパリグラハ(不貪)」という言葉がこれにつながります。

見習いたいところです。

私はというと・・・だらだらと、まだ終わらぬ大掃除をどうしようか悩んでいます・・・・




昨日から、天気予報で「クリスマス寒波がくる」を「クリスマスサンタがくる」と勘違いしてウキウキしている娘さん


今日は昨日作った、マクロビオティックのスポンジケーキとクリームを使って、娘と一緒にデコレーション。
作ったそばからつまみ食いしてる娘さんなので、クリームはかなり減ってますが、かわいく、いびつに仕上がりました
母(私)もたいして料理上手じゃないもんで、これでも上出来。

このケーキを食べる食べる
よ、よかったぁ、クリームも豆腐で
このクリーム、ほぼ豆腐でてきてます。
ココアを入れると豆腐独特の香りが消えるので、とてもおいしいのです。(私的には。)
でも、いつものケーキを食べなれている方には、さっぱりしすぎていてものたりないかもしれません。
我が家はこれで十分

パスタは二種類作り、梅&ネギ味と、ジェノベーゼソースにしました。
写真じゃよくわからないですが、この左側のパスタ(ファルファッレ)は、カラフルで野菜が練りこんであり、
ちょうちょの形でとってもかわいいです
以前、マタニティのWSにご参加いただいたフラの白井様からの頂き物。

美味しくいただきました

今年、数々のクリスマスソングをうろ覚えにおぼえた娘さん。
母はJohn LennonのHappy Christmas(war is over)が好きです。

子供を持ってより、世界中の子供たちの幸せを願わずにはいられません。

大きなことができるわけではないけれど、ただ、祈ります。

A VERY MERRY CHRISTMAS!






20日はスタジオにてレッスン+ちょっとしたお楽しみ会でした。
ご参加していただいた方、本当にありがとうございました。

みんなにお渡ししたクリスマスプレゼント。
大人用プレゼントはフォトブック。
子供たちには下のカードと、シールと塗り絵。
寒い冬におうちの中で遊べるものを用意しました。
カードはあいてる場所に自由にお絵かきもできますよ♪





カードは、いつもレッスン中におばあちゃんと待っていてくれる、うちの娘にも作りました。
クリスマスツリーはこんなふうに完成しましたよ

今日は、先週お弁当を作っていただいた、マクロビオティックの先生、chiho先生のところにケーキを作りにいってきたので、これから娘とデコレーションしたいと思っています。
それと、先日のランチ会の記事が先生のblogのほうにも載っています。是非ご覧くださいませ。







翌日(22日)はTDLへ。
ちなみに、これは、私と娘だけの母子二人旅です。
意外とこういう方いるんですよね。あとパパと子供とか。
とってもほほえましいです。

あたたかい一日でショーも少ない待ち時間でみることができました。

しかも今回は娘の誕生日(クリスマス)記念なので、キャストさんにシールを貼っていただき、
たくさんの方に声をかけていただきました。

それと、子供がいると、見る視点が変わるから、またディズニーランドの楽しみ方もかわるんですよね。
ゆっくり動くので、花が咲いてる、とか、ここにこんな飾りがある!とか、楽しみ方が新鮮です。

が・・いまだに「隠れミッキー」ってのは見つけたことがありません・・・・




ディズニーシーにいますツリーがきれいです
初めてダッフィーのグリーティングとケープコッドのショーをみましたが、かわいらしくてよかったです♪

それから、ハロウィンでは断念したビッグバンドビート(BBB)のショーをクリスマスバージョンでみることができました。
大人向けのショーですが、ミッキーも仲間たちも登場するのでおススメです。
これから行かれる方がいらっしゃったらご参考まで




たった今、明日お渡しするクリスマスプレゼントの準備がおわりました。
みなさまお楽しみに♪

今日はyogaを受けにいったり、いろんな手続きやらかなりハードスケジュールで一日が終わりました。

せわしない一日の中で、ひといきする時間は、前に記載した、ティータイムにもいくつか訪れます。
最近はこれ。

娘さんとお風呂あがりにクリームを塗ります。(いつもくまやロディと女子会しながらぬっているようです)

ぺたぺたぺたぺた・・・

教えたわけでもなかったのに、いつの間にか自分ではじめるようになっていました。

恐るべし、観察力! 

私のをみていたのねぇ。

というわけで、お風呂上りは、親子でぺたぺたの時間。

しかし、いつまでもぺたぺたやっているので私は別の用事にとりかかります。

娘さんはいつまでもぺたぺた・・・

おわったころには顔がしっとり・・・を通りこえてベタベタ・・・

うっかりすると、クリームがすぐなくなっちゃうので要注意なんですが、

本人が楽しそうなので、私も一緒に楽しむことにしました。

それから、ひといきできるのは、本を読んであげる寝る前の時間。

我が家は「童話館ぶっくくらぶ」というところから、毎月2冊の絵本が届きます。

これは山梨の母がプレゼントしてくれている配本。

いくつかお気に入りの本がありますので、そのうち紹介しますね。

明日もクリスマスの絵本もって行きます。
時間に限りがあるので、短いお話のにしようかなぁ?


それから、今月は明日(あ!あしたじゃなく、もう今日か・・)だけでなく、来週27日月曜日が年内最終レッスンとなりますので、ぜひご参加ください。

年明けのレッスンは

1月27,24,31(月3回) となります。

どうぞよろしくお願いします。

以前記事にしたことのある、そして、先月のマクロビオティックランチ会に参加してくれた私の友達、Kちゃんのところにピザ&クッキーを作りにお邪魔してきました♪




完成したランチはこちら
生地は白神こだま酵母であらかじめ仕上げてくれました。

具財はマクロビではないけれど、一緒に作った(というか、トッピングしただけ)ピザは格別に美味しかったです♪

娘ちゃんとK君はピザのトッピングをお手伝い。

娘・・・コーンは一粒一粒乗せる慎重派(日が暮れるよ)しかし、終わったときには、コーンが一箇所にてんこ盛り

K君・・・ブロッコリーを生地のふちに並べ始めた・・・というか、新幹線大好きなK君。並べるというより「車両連結」しているらしい

いやいや、並べるだけでも性格って現れるもんですねぇ

私は雑な性格が料理に出ちゃってますから、たかが料理とあなどるなかれ。

あ、そういえば、家庭科の実習授業時間って、性格が表れませんでした?

しきる人、ひたすら洗い物ばっかの人、特になにもしない人 etc・・・

話がそれちゃいましたが、とにかく美味しかったです。

特にジェノベーゼソースのピザは最高!
ピザ→トマトソースの固定観念しかない私には特に新鮮で美味しくかんじられたのでした。

美味しいもの食べると、「作ってみようかな」って意欲もわきます

子供がいると、料理っていうより、お手伝いっていうより、「実験」ってかんじですね

スープはマクロ仕立て。

豆乳、にんにく、たまねぎ、プルーン、かぼちゃ、さつまいもの自然な甘さのスープ。
9ヶ月の妹ちゃん、Mちゃんも離乳食としてしっかり食べていましたよ。




で、おやつにはクッキー作り。これもマクロビじゃぁありません。
とにかく、手作りで作ってのは楽しくて美味しくて、それだけでもいいエネルギーですよね。

これ、くまちゃんなの
それだけでテンションがあがるのは、子供だけでなく、私も

でもねぇ、顔を書くのは意外と難しかったです

Kちゃんはこんなりっぱな出来栄え。さすがです!




で、私はというと・・・こんなかんじ
一応くまちゃんには見えるかなぁ?

ちなみに、一番右端は、娘ちゃん作。

ちゃあんと目が小さくつけられているんですよ




後ろでナマステ~なミッキー&ミニー。

このポーズ、最近私のレッスンで頻繁にでてくるはずです。
先月、今月のテーマにあわせて肩関節周りと背中の筋肉をほぐすためです。

間違ったやり方をすると手首をいためたりするので、それはまたレッスンの中で他のポーズも含め、紹介していきますね

と、そんなことをやっていたら、先日の日曜日、自分のプラクティスも肩まわりで、
同じことをやって勉強してきました。(キープが長く、それからずーっと筋肉痛

ハムストリングス(腿の裏)、そして、肩関節周辺と背中の筋肉が固まっていると、腰椎への負担が大きくなります。
師は「banana spine」と呼んでいました。このbanana spineに気がつかずに長いことyogaをやっていると、yogaが怪我の原因になってしまうのです。

多分アクティブなyogaやvinyasaスタイルを長年やっている人、柔軟性がとてもある方なんかは経験があるかもしれません。

身体は、絶妙なバランスでできていて、全てが繋がっています。
なので、身体全身をくまなく良い状態に導いていくのがベストなのです。

そして、柔軟性がある人ほどより高度な意識を必要とすると師はいいます。

動かすべきではい部分が柔軟性があるがゆえに動いてしまい、怪我をしやすくなるからなんです。

と、ちょっとyogaオタクな記事になりましたが、ご質問あればレッスンの際に分かる範囲でお答えしますね
そして、注意すべきことや、やるべきことは、レッスンの中にちりばめて行っていますから、安心して、楽しんでyogaしてくださいね♪




NAMASTE

今日は寒い中のレッスン、本当にありがとうございました。
寒くても「えいっ」とお出かけしてレッスンに足を運んでくれたその「yes」な気持ち。
それだけで、もう十分yogaの効果ありだと思っています!
これからもっと寒くなるかもしれませんが、無理のない範囲で、でも「yes」な気持ちで、スタジオにいらしてくださいね♪

お待ちしております♪

さて、来週月曜日のママヨガクラスは、
プチクリスマス会です。
既存の会員様はご予約は特に不要ですが、新規にご参加されるという方は、前々日までに必ずご連絡をいただきたく思っております。(プレゼントのご用意の関係上)

今月のyogaテーマは、 こちらの記事をご参照ください。

って、子供たちがわいわい騒いでいる中なので、毎回テーマどころじゃなくなっていますが

テーマを作る、ということについては、私の学んでいるyogaの流派から由来しています。

そして、そのテーマによって、フォーカスするアーサナ(ポーズ)も違うのです。
または同じアーサナでもどこを意識するかを変えたり、完成形のポーズをどこにするかを変えています。

そこら辺は、きちっと意味をもって皆様にyogaをしてもらってるのですね。

意識や呼吸という目に見えない漠然としたものだけでなく、身体でも体感してもらうのが分かりやすいからなんです。

って、そんな感じでレッスンは進めておりますが、ここら辺のことはあまり考えなくていいのです。

とにかく、身をゆだねるように私についてきてくださぁい(←頑張ります、私




ママヨガ&プチクリスマス会

12月20日(月)10:00~11:00ママヨガwith baby 11:15~12:15ママヨガ with kids

通常のレッスン時間帯に行います。
そしてyogaも45分~50分程度、いつもよりショートプログラムで行います。

最初にyogaレッスン→子供たちのちょっとした遊びの会→プレゼントのお渡し

で終了となります。

既存の会員様・・・予約不要。いつものようにいらしてください♪
新規でご参加の方・・・必ず事前にご連絡くださいませ (プレゼントの用意の関係のため)

yoga.r@docomo.ne.jp(こちらからの返信をもちまして予約完了となります。)

プレゼントはいつものようにあまり期待せず(なにせ私の作るものですから)でも、楽しみにしていてください♪

で、ほんとに欲しいと思ってるものや、高価なものは、すみませんが、サンタさんにお願いしてくださいまし~。
じぃじサンタ、ばぁばサンタ、パパサンタ、いろんなサンタさんがいますからね




ちなみに・・・私は夫サンタからもらえそうにないので、セルフサンタ。
4℃のディズニーコレクション。


細かいですが、これ、手の部分がマグネットになっていて、くっつくのです。
だからこんなふうに手をつないだり、に可愛いの♪

ナマステ~もしてくれます

そういえば、今日きてくれたM君も、ありがとう~を日常言ときにナマステ(手をあわせる)をしぐさをしてくれるのだそうで、なんだか可愛い

手を合わせる、という所作は、そこで、間がとれるというか、一息気持ちと呼吸を落ち着かせる時間というか。

そして、自分を自分自身に戻してくれる所作。

そしてそして、丁寧な所作だなぁと思います。

なので、私もレッスンのみならず、「ナマステ~」をよくしているような気がします。

ちなみに、うちの娘ちゃんは手をあわせると「なぁ~むぅ~」といっています(←曾祖母の影響大。)
この間、サンタさんにまで拝んでいたので笑えましたよ




一緒にyogaを楽しんでくれているYちゃん
こんな瞬間がかわいらしくてたまりません
妊婦さんでも出来るアーサナです。

このアーサナはアド・ムカ・シュヴァーナアーサナ。
ダウンドッグ、下向きの犬のポーズと呼ばれるアーサナです。

師曰く、師の流派で、初めて学ぶ人は他のアーサナをやらず、ひたすらこのダウンドッグを半年くらい
練習することもあるそう。

半年、は経験がないですが、丸一日とか、半日を数日にわたってとか、そういう形で、ひたすらこのアーサナをやったことはあります。

それだけ、yogaの基本となるポーズで、身体全身を使うポーズです。

そして、「このポーズに完成形はない」という師もいます。

それだけ学ぶべき点も、目標にすべき点も、意識すべき点も多いからなんです。

私のレッスンでも必ず入るこのアーサナ。

一度として同じポーズにはならないのです。
だから同じアド・ムカ・シュヴァーナアーサナをやっているようでも、毎回違う。

「同じ」ということはこの日常に存在しないのかもしれません。
だからこそ毎日が新鮮に感じられる。

同じアーサナがでてきたら、新鮮な気持ちでそのアーサナに向き合ってみてください。

新しい発見があるはずです

NAMASTE




先週、自由が丘のルピシアでランチ。

ここはランチタイムに4種類の日替わり紅茶が好きなだけ楽しめます。

狭いお店の多い自由が丘で、中にはベビーカーでいくとお断りのお店もあったのですが、
ここは広々していて、子供用の椅子もあり、良心的なお店でした。

コーヒーも含め、あらゆるお茶が大好きな私。

なぜって、味だけじゃなく、「ホッ」とするから。

これは、お酒やたばこ、いわゆる嗜好品のなせる醍醐味なのですかね。

ちなみに私はお酒も飲めず、たばこも吸いません。
なので、お茶にはまったのかも。

(ちなみに、アンガールズの田中さんは紅茶が趣味らしいですよ。←かなり親近感up

とにかく、忙しい子育ての毎日で、「お茶を飲む」という行為は、私にとってはとても丁寧で、まさにホッとさせる行為なのです。

今日はakiちゃんからyogiティーをいただきました。
ホッと一息つきながらblogを更新しています


てんとう虫号、出動
本日初日です

しかし…

まだ足で漕ぐだけで今日は終了です

「教えずに、自然に乗れるのを待つ」

そうすると、いつのまにか操作やバランス力がおいついて、乗れるようになるらしい。
先に乗っていた友達はすいすい

しかし、かなり運動音痴の素質が見える娘さん…



どうなることやら…

でも「待つ」「受け入れる」という、親としての器の大きさを試されているようで、娘というより、親の修業なのかもね

子育ては、精神的yoga実践の場だなぁといつも思います

ストライダーという乗り物。
二輪でブレーキはないので公園で遊びます

どんな自転車系にしようかなといろいろ考えて、結局これに決定

楽しそうです




友達の家におじゃまして、クリスマスパーティーをしました。
子供達も楽しそう

忘年会&クリスマスパーティーシーズン。
さすがに夜出掛ける忘年会は子供が生まれてからはほとんど行かなくなってしまいましたが、
子供がいることで、「クリスマスパーティー」という名の、大人的には「忘年会」が増えました。

子供同伴&昼間開催でね。

「忘年会」って言葉、結構好きですよ。yogaをはじめてから特に。

だってこれ、シャバアーサナと同じですもの。
(ちなみに、シャバアーサナは、レッスンの最後で仰向けで目を閉じ、お休みするポーズです。)

12月末で、全てが終わりになるわけではないですが、ここで区切りをつけて、新年に向かい新たなスタートを切る。

そういう意味では、忘年会は、心身をからっぽにするシャバアーサナと同じ。

そんなわけで、年末は楽しみましょう
あ、食べすぎ注意ですよ!(←と、自分に言い聞かせてみる。)

シャバアーサナは、出てきた思い全てをいったん全てリセットします。
いやなことだけじゃなく、イイコトも、一旦全部忘れちゃうんです。
忘れるというか、整理するというか。


なぜなら、覚えていることでそこに「執着」がおこるから。

たとえば、「○○大会」とかで一位になったとします。
達成感って大事。
それは喜んでよいことではあるのです。
が、そればっかりにとらわれると、それを人に自慢しすぎたり、燃え付きて無気力になったり、それに酔いしれて、先に進めなくなってしまう。

キレイさっぱりリセットすると、本当に必要なものがまた、新たに心と身体に自然に入ってくるものなのでしょうね。




さて、クリスマスパーティーにはケーキのかわりに、マクロビかぼちゃぷりんを作りました。
甘みは米飴、メープルシロップ、てんさい糖で。
かぼちゃは蒸して使うと甘くておいしいのです。

寒天とくず粉(粉末)で固めます。
ちょっと和風スイーツになりますが、さっぱりしていて私は大好き。

が・・この写真、なんか寂しいでしょ

そうなんです、私、飾りつけようの苺や星型にくりぬいたカボチャの皮を忘れていってしまったのですね~。

わざわざ「忘年会」やらなくても毎日何かを忘れているそんな私なのでした




これ美味しかった~

レシピは雑誌「ESSE」11月等特別付録掲載のカノウユミコさんのレシピ。

蒸し白菜とワカメの中華仕立て。

白菜をどどーんと4分の1個使っちゃいます。

マクロビオティックでは「一物全体」という言葉があります。食物を丸ごと使うという意味です。
食物の外側と内側はエネルギーが違います。
なので、全体を食べることで陰と陽のバランスが取れる、という考え方。

yogaでは、個々の人々、モノ、万物は全て源は同じ、つながっている、という考え方にも通じています。
アーサナ(ポーズ)においても身体全身を使うことや、身体だけでなく、心とのバランス、調和を大事にすることとか。

この料理では、白菜の芯も外葉の捨てずに蒸して使用。

蒸し白菜の上にワカメ、ネギ、ショウガをのせ、熱したごま油をジュジューっとかけて、しょうゆをかけて出来上がり
レシピでは、ラー油とありましたが、ちびっ子がいる我が家では不使用。
それでも、白菜がとっても柔らかく、甘くて美味しくいただきました

白菜、丸ごと買うことを躊躇していた私ですが、今年からは白菜丸ごと購入デビュー

浅漬け、お鍋、蒸し物と大活躍しそうです

2011年1月のレッスン日程です。

1月17日、24日、31日 の3回になります。

祭日が入るので新年遅めのスタートになりますが、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

1月は3回なので、月謝の場合5000円、5回チケット10000円、ドロップイン2500円です。

どうぞよろしくお願いいたします。





3年程、毎年クリスマスに飾っているアドベントカレンダー。
12月からクリスマスイブまで、毎日一個ずつ箱を空け、箱に書かれたパズルのような絵を完成しながらクリスマスを待つ、というシステムのカレンダーです。

毎日毎日を丁寧に過ごすことができるようで、このカレンダーは私もお気に入り。

去年までは?だった娘ちゃんも、3歳を迎える今シーズンは、サンタさんやクリスマスが待ち遠しい、という意識が芽生えたようで、このカレンダーを毎日楽しみにあけます。

なぜなら・・・

箱の中には娘ちゃんの大好きなおやつが入っているからなのです

毎日箱を開けては、ものっすごいいい笑顔を見せる娘ちゃん。
そして、そのおやつを丁寧に手に包んで、おでかけの電車の中で食べることもあれば、
その場で大事に食べることもあり、食べ方も様々。

本人は「サンタさんが入れてくれたおやつ」と思っているらしく、すごく特別なおやつだと思っている様子。

なので、食べるときも、にやりと笑って、ちびちび食べたり、口の中にいれても、しばらく飴のようにナメてはまた出してを繰り返して見たり(←きたなくてごめんなさい
とにかく、うれしくて、大事にしている様子がかわいらしいのです

「特別」という気持ちを毎日の生活に持てたら、毎日は丁寧に過ごせるし、楽しくなる。
クリスマスは特別の中の特別、なのかもしれないですね。

特別、といえば、うちの夫は5人兄弟で、外食することが子供の頃から「特別」だったようです。(私もそうだったかなぁ~、昔って、そんなに外食することがなかったような・・)

で、その夫、子供の頃、ラーメンを家族で食べにいくと、かならず、スープを口に含み、家までそのまま帰宅、で、家でごっくん、と飲むのが特別だったのだそうです。
自分だけ、最後までラーメンのスープを味わえている特別感と優越感がたまらなかったようで・・・

・・・ アホですね

その遺伝子を受け継いだ娘ちゃん、

私がレッスンの月曜日は、義母に預けているので、母と時々幼稚園の遊びの会にでかけるのですが、

「何が楽しかった?」
というと、

「おやつ~」と元気良く答えます
ものすごく大事そうに食べているのだそうな(預けている義母談)

・・・歌も遊びもしている幼稚園なはずなのに、他に楽しかったことはないんかいとちょっと悲しくなる母ですが、遺伝子的にしかたないか

母は 「幼稚園で食べるおやつは友達いっぱいと食べるし、小さなカップにはいっていて特別なんだよ。」

と言ってくれるのでちょっと救われます。

ちなみに、レッスンの時はいつも義母に娘を預けています。

かなり天然ボケの、大げさにいえばマザーテレサみたいな人です。


クリスマスには、サンタさんが来てくれる。
絵本を読みながら楽しみに待っている娘ちゃん。

来てくれるかな?






そして、一足早く、私にもクリスマスプレゼントが届きました!
玄関にりっぱな大根が!

サンタさんはマンションのお隣さん。

畑が趣味のようで、時々お野菜を届けてくれます。

しかも届け方が粋なのです。

サンタさんのようにそーっと、さりげなく玄関にいつも置いてくれます。

会ったときにお礼を言うと、微笑んで、ささっと通りすぎていくのです。

大根の葉っぱはゆでて、ごま油、しょうゆ、ごま、酢で和えて。
納豆にも合うので朝食にもgood!

大根は、おでんにしようかなぁ~?




今月のレッスンのテーマは「大掃除」。
「ヨーガスートラ」のニヤマでは「シャウチャ(清浄)」がこれにあたります。

12月は毎年同じテーマになります。


私は掃除や片づけが子供の頃から大のニガテ
掃除するといつもあたふたドタバタっ
家じゃ一応主婦だから片付けるものの、我ながら、効率悪いんですよね~

それでも、12月は大掃除したくなるのね。
掃除するとすっきりさっぱりする気持ち、すごーく好きだから。

でも、まったく手をつけておらず、年内というか、正月に大掃除をしている予感が・・

というわけで、効率のよい整理整頓術、お掃除術をしってたら、誰か私に教えてください~

キッチン周りとリビングを徹底的にやりたいなぁ~。

1年の締めくくり。といっても、12月31日で急に生活が途切れるわけでなく、続いていくものなんだけど、
「区切り」っていいきっかけになるよね。

今年一年を振り返ること。頭の中を整理すること。
そんな気持ちもこめて、12月のレッスンに気楽にいらしてください。
スッキリしますよ~

ついでに、今年の脂肪は今年のうちに落としちゃいましょう~(←と、いつも自分に言い聞かせてる私

なかなか掃除に手が回らず、現実逃避に友達とティータイム。
ルミネのアフタヌーンティー。クリスマスの紅茶。みてるだけでもホッとする




家でのティータイムには、自家製のハニージンジャーで、ジンジャーティーやジンジャーエールにして飲んでいます。
気持ちもスッキリ




これは、アップルソーダ。
ビンもかわいいし、おいしいし、お酒っぽくてクリスマスパーティーによさそうでしょ♪
りんごジュース100%&ソーダって、書いてあるけど・・・ホントかな?
コストコで売っていまーす♪


FC2blog テーマ:ヨガ - ジャンル:ヘルス・ダイエット




昨日、吉村正先生にどーしても会いたくて行ってきました映画館は渋谷ユーロスペース

昔よく行ってたクラブエイジアの近く。
このクラブ、名前も姿も変わらず営業してるみたいだったから、なんかちょっと嬉しい。
時代の変化とともに、どんどん変わってく、特に渋谷なんて町はさらに速いから、もうないのかとも思っていたけど。懐かしいなぁ~。

見てきた映画は「玄牝(げんぴん)」。
とにかく、感動しました。
ドキュメンタリーでナレーションがないところが、女性の神秘性や先生やそこにいる人々の人間らしさをぐっと引立たせる。
映像だけで、十分に命の尊さや切なさが伝わってきました。
多分、私が女だからかなぁ。映像の目線、捉え方が、すごくぐっとくる。


もし、もういちど産むチャンスがあるのなら、吉村医院のようなところで産みたい、と思う一方、自分自身のことや、これまでに出合ったたくさんのマタニティの生徒さんたちの状況を見る中で、「自然出産」って、ある意味この時代にしてはエゴなんじゃないかって、思う気持ちも心の中にあったの。
「自然」ってナンだろう?
現代社会の営みがすでに原始野生の時代とかけ離れてるのだから、どうやったら「自然」になれるの?って。

だって、自然育児を推奨している産院や助産院でも、高齢者お断り、リスクがあればお断り、不妊治療した人お断り・・・そんなところばっかり。
以前、自分の思うように産みたくても受け入れてくれる産院がない、そんな話を聞いたときに、自然出産ってなんなんだろう?って思いました。
じゃぁ母乳じゃなくミルクをあげる母親や、私みたいに予定日超過で促進剤をうった母親や、帝王切開になった母親はいつも後悔や懺悔の気持ちををもって生きていかなきゃいけないのか?とも思っていたのです。
自然でなければバーストラウマが何とか…とか、なんだか母親を困惑・不安にさせるような言葉や情報ばっかり横行して…

そんなことないよね、レッスンをしながら、自分自身を振り返りながら、友達をみながら、みんなりっぱに出産を乗り越えて、ママやってる!
・・・自然出産ってなんなんだろう?って。

映画を見て、吉村先生に会って確かめてみたかった。

先生は、ちょっと毒舌で、おじいちゃんで、頑固そうで、なによりも、人間らしかった。
で、強い意志の中に先生も迷ったり、悩んだりするっていう人間くささがすごくいい。

子育て中のママに一言お願いします、と言われた先生。

「わしは、産むほう専門なんだから、子育てなんてよくわからん」と言い放った。
分からないことを「わからん」って堂々といえる先生はすがすがしい


「先生」って名のつく職業の人は、ついつい見栄をはってしまうものだからだ。
もっともらしいことをいって言葉でとりつくろったりして・・・

で、私の疑問はというと、自然とかそこにこだわること、そんなのどうでもいいことだったんだ、という結論でした。

出産に大事なのは、どこでどうやって産むかではなく、自分自身で産もう、挑もうとする強い意志。
誰かがどうにかしてくれるのでなく、お産は自分自身で産みだすもの。
それは、産後も、子育てのときにも通じる、母としての強くて優しい気持ち。
方法が大事でなく、自分でやろうという「YES」な気持ちが大事。
(←これは、yogaにも通じている考え方ですね。)
幸か不幸か、今の世の中は情報ばかりが先行するし、選択肢も多いです。
そんな中で、もともと備わっているはずの強い意志とか意欲とか、母性とか、シンプルな人間の思いがかき消されてしまうのでしょうね。きっと。

それを手助けしているのが吉村医院のあり方だった。

結局のところ、どの出産も子育ても、どんなママもすばらしいということ。
ただ、シアワセなお産のあり方を追求して今まで地道に努力してこられた先生がそこにいる、ということだった。


先生は映画のなかで語る。「何でも昔にもどれってわけじゃない、現代の医療のいいところは取り入れる」と。
そんななかで、「生きるものは生きる死ぬものは死ぬ」
そんなことも語る。
人間の「生」は神の領域で、それはもう、医者でも手を尽くしても尽くしきれないことだってあるんだと。

命はつながり、命はめぐる。
この映画を通じて、感動したことはたくさん。
そして、命は産まれることでつながっていくんだ、という、シンプルなことのすごさをかんじました。

うーん。長々とごめんなさい~。
やっぱりうまく伝えられないなぁ~。

blogじゃ上手く説明しきれないので、興味があったら、映画館に行ってみてください
日曜~金曜午後の1時~の渋谷ユーロスペースは「家族みんなで・あんしんシネマ」ってのをやっています♪
狭い映画館なのですが、オムツ換えスペースもその時間帯には設置されるそうです。

それから、1000円でパンフレットを購入してきたのですが、これまたステキで読み応え抜群なパンフレットでした
読み物大好きな方はオススメです

そして、これから出産を迎える方々。
いつもレッスンにきてくださり、ありがとう
きっときっと大丈夫ですよ!