横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪



8月の開催日程です。

1、8、22(月三回)+29日(チャリティーyoga)


※8月15日はスタジオ夏季休暇のため、休講となります。


※8月は全四回ですが、前半の3回(1,8,22)が通常通り、(月謝5000円orドロップイン2000円orお手持ちの回数券)
そして、29日は、前回メールにてお知らせの通り、チャリティーyogaとさせていただきます。

29日の詳細は、決まり次第お知らせさていただきます。

また、8月いっぱいのレッスンを持ちまして、産休に入らせていただきます。



期限内の回数券をお持ちの皆様、お早めにお使いくださいますようお願いいたします。

また、妊娠、出産に伴う無期限の回数券をお持ちの皆様は、使いきれなかった分に関しましては、産後復帰後のレッスンでもお使いいただけますので、そのまま大切に保管をお願いいたします。

その他、不明点ございましたら、直接わたしまでお問い合わせくださいませ。

回数券をお持ちの方で、病欠だった方等、善処させていただきます


8月いっぱいでとうとう産休。

皆様に会えなくなって一番寂しいのは私です

というわけで、楽しい8月の夏休み期間ではありますが、スタジオに是非起こしいただけたら幸いです。

そして、29日はかねてよりご連絡の通り、スタジオ代、レッスン料等いただきません。

ただ、東北地方太平洋沖地震により被災された皆様へのチャリティーレッスンとさせていただきますので、

募金へのご協力をいただきます。

何卒よろしくお願いいたします

参加資格は、mamayogaメンバーの皆様、またはママorプレママでmamayogaメンバーの友人知人の方とさせていただきます。

通常通りのレッスンにするか、ランチ会も一緒にするか、まだ未定です。
詳細決まりましたらまたblogにup&個別にご連絡をさせていただきます。

namaste
スポンサーサイト




毎年、自然食品屋さんから頼んでいるシソポット。

ことしはずいぶんとイキのいいやつが届いて、写真におさまりきれないくらい伸びています。

このシソの葉を取って洗う係りは娘の係りになりました

なのに、この葉っぱのゴワゴワ感がニガテらしく、ごはんにのせはするものの、すぐにべーっと出してしまっています

と、今日は、こんなやりとりを夕方楽しくしていたのですが、早朝は娘と大喧嘩しておりまして・・・・・。

よくしゃべる我が家の娘。朝の五時過ぎから起ききだして、しまじろうのお手伝いキットでごはんを作りたいと
騒いでいたのですが、

私はその日の出かける準備やら、まだもうちょっと寝ていたい不機嫌さもあって、かなりの暴言を吐いてケンカとなりました

まぁ、ケンカといっても、当然、私のほうが娘を打ち負かしちゃうわけで

「あぁ、なんか悪いこといっちゃったなぁ~」の嫌悪感と罪悪感でいっぱい。

でも、こんなときに活躍する、魔法の言葉があるんですよね。

「今日、ママ、いっぱいおこっちゃって、ごめんね。」

:::

そこからは、すーっと仲直りです

言うのと言わないのでは、ココロのすっきり度がぜんぜん違う。

多分、相手のためだけでなく、自分のためにある言葉なのかもしれませんね。

まほうの言葉

「ごめんね。」

大人になると、この言葉をうまく使えなくなる傾向があるように思うのですが、

ちゃぁんと「ごめんね」っていえることは、とっても大切だな、と子供に教えてもらっている私です。

だって、次に進めるでしょ。

ずーっともやもやしてたままだと、ずーっとモヤモヤを引きずったまま、ほかのことできなくなっちゃうから




先日、取材にきてくださった「リトルママ・東京」(携帯版はこちら)より、冊子が届いております。

レッスンの時にお持ちしますので、是非お持ち帰りください♪

子連れママの情報満載です。参考になるかと思います。




♪shanti mantra♪

aum sahana vavatu

saha nou bhunaktu

saha viryan karavavahai

tejasvinavadhi tamastu

ma vidvishavahai

Aum shanti shanti sahantih

朝一番に行われたレクチャーはshanti mantra(シャンティマントラ)について。

他にももう一つ講義があったのですが、長くなってしまうので、それはまた別の機会に記載しますね♪

もう何年も、何度も唱えているマントラですが、

細かいイントネーション、アクセントについては、とても特徴があって、先生と一緒じゃないと
うまくうたえなかったりします

そして、内容も何度も習ったことでもありますが、
解説してくれる先生にによっても、また聞き手である私たちの状況や、立場においても、心への響き方が違うので何度唱えても、何度解説をきいてもいいなぁと思います

今回は特に、皆、震災復興への祈りを込めずにはいられなかったはずです。

マントラはyogaでは最初と最後に唱える歌です。
集中力を高め、祈ることで心を穏やかに鎮めます。

この「shanti mantra」はとても有名なマントラで、

「shanti」は調和とか、平和の意味。

多くはyogaの最初に皆で唱えます。

うたの内容は、師と生徒との関係がよくなりますように、という内容が入っているので、アーサナやyogaの勉強の最初にうたわれることが多いのですが、

「shanti」が平和を指すように、宇宙、世界全体の平和を祈るという意味もあります。

最後に「shanti」が三回あるのは意味があり、

一番目は身体的痛みに向かって、

二番目は自然からくる痛みに向かって

三番目は精神的な痛みに向かって

それぞれ祈るのだと教えていただきました。

また、自分自身のためだけでなく、他の人や世界の平和のためにも祈ることができるのがいいことだと。

興味があれば、ぜひ、チャンティングのクラスを受けてみてください

アーサナとはまた違った、心のサットヴァ、心の穏やかさを感じるはずです

aum shanti 

ランチはyogaスタジオのみんなでファラフェルピタサンド。

と、その前に、朝一番に マントラチャンティング&yoga哲学の講義をうけたのですが、
これはまた別の記事に記載します

ファラフェルピタサンド

すごいボリュームで、野菜がピタパンからはみでてる

ファラフェルとはお豆のコロッケだそうで、ほくほくして美味しいのです。
ベジタリアンフード。
一緒についていた、豆のスープもとっても美味しかったです♪
おなかいっぱい

こちらの食べログ

Kuumba du FaLafel のランチでした。





ちなみに、とある日の娘さんのお弁当。

パンダちゃん弁当。

勝手に真似して掲載するのはよくないので(しかも私のいびつだし)、参考にしているblogを紹介しますね。

コチラ→http://ameblo.jp/asami-obento/
すごく可愛いプロのお弁当がいっぱい!

しかし・・・不器用な私には難易度が高いので、簡単にアレンジして真似させてもらっています。




インドから先生が戻ってきたので、スタジオのイベントにでかけました。

しかし、妊婦のため、アーサナは受けず、座学のみ。

その一つがアーユルベーダの講習。」

アーユルベーダはインドの総合医学とでもいいましょうか、とても広範囲にわたり、人々の生活をよくし、健康にしていくための智慧の学問です。

そして、その一部にyogaがあります。

今日は夏を涼しく乗り切るためのアーユルヴェーダ活用法。

人間の持つ五感をフルに活用し、涼しさを呼ぼうをいう講義でした。

で、気に入って購入してきたのが、これ

一つは、サンダルウッドのパウダー。

もう一つは満月のパワーを入れた、ロータス、ローズ、ジャスミンのコロン。

いずれも講師の先生が持ち帰ったインド産のもの。
これらの香りには冷却作用があるのだそうです。

中でもサンダルウッドの香りのよさにはびっくり。

サンダルウッドはちょっとくせがあるため、好き嫌いの分かれる香りだと思うのですが、

アロマショップで売られている精油よりもうすこしやわらかく穏やかな香りでした

インドのカシミール地方のサンダルウッドは香りとしては最高級品なのだそうです

パウダー状なので 腕や首などにつけるとサラサラとしていて気持ちがいいです。

香りが強いと頭痛の原因になったりしますが、香りもほんのり。

しばらくは持ち歩いていますので、レッスンで試したい方がいらっしゃいましたら、声をかけてくださいね




クシマクロビオティック 料理教室で飲んでとっても美味しかったからお買い上げした、夏限定のお茶「むぎちゃん。」

むぎちゃよりもさっぱりしていて、でも香り高く、冷たく飲んでも温めてのんでも美味しいです





月曜日。早起きは三文の徳(得)以上のお得感がありました

なでしこJAPAN かっこよかったです

妊婦だから今は走れないし、サッカーのセンスはまるでない私には、サッカーはできませんが、
私にもなにかできることが、頑張れることがある、そんな勇気をもらえました。

サッカーの選手、子供がいる人、そうでない人、サラリーマン、男子、女子、若い人、おじいちゃん、おばあちゃん・・・・

みんなみんなそれぞれの立場で、全うすべきことを全うする。

それがお互いの勇気になるのだと思います

で。。。

写真は、サッカーとはぜんぜん関係のない、えのすいのショーの写真。

土曜日に急にでかけてきました。(年パス有効期限がきれてしまうので。)

ちょうど今日は新しいショーの初日で、いつものお兄さん達少々緊張気味。

でも、とっても感動しました

イルカの迫力あるジャンプと、ショーのお兄さんたちの一生懸命さと、ちょうどなでしこJAPANの力強さがなんとなくオーバーラップしたので、写真掲載。

ほんとにカッコヨカッタ




昨日は結構大きな地震がありましたね。
人間は「忘れる」生き物ですが、この震災のことは風化してはいけないという自然からのメッセージなのかな。

ま、あんまり神経質にならないのがいいと思うのですが、食と放射性物質の問題も含め、「意識する」というのはとても大事なのかなと思っています。

さて、我が家のひまわり。
娘が朝、晩、せっせと水やりをしてくれます

自分でお水を汲んでくるもんですから、たびたび、洗面所が水浸し

そして

ついに咲きました

小さくてかわいらしいですが、このひまわり、きちっと太陽のある方向を知っているのですね

光のある方向へ顔をむけて、すっと伸びている姿は、か弱そうな茎や葉とは逆に、力強さをかんじさせてくれる存在です。

先日、久しぶりにサン=テグジュペリの「星の王子さま」を読みました。

有名な一節に、こんなくだりがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「地球の人たちって」 と王子さまが言った

「ひとつの庭園に、五千もバラを植えてるよ…それなのに、さがしているものを見つけられない…」

「見つけられないね」僕は答えた…

「だけどそれは、たった一輪のバラや、ほんの少しの水のなかに、あるのかもしれないよね…」

「ほんとうだね」僕は答えた。

王子さまは言いたした。

「でも目では見えないんだ。心でさがさなくちゃ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小学生か中学生の頃に読んだときは、なんのことかよくわからなかった、という記憶があるのですが、
大人になればなるほど、この言葉に納得させられる一節です。

ひまわりは、太陽に向かって、咲いている。

大事なものが何か、目指すものが何か、きっと知っている。

昨日記事にした「月」と同じように、「太陽」もyogaとつながりがあり、人間たちを照らしてくれる存在であろうと思います。

では、自分たちを照らし、導いてくれる「グ ル」(師、導いてくれる人。昨日の記事記載)って、誰だろう?

娘にとっては、母である私であるときもあれば、おばあちゃんや、幼稚園の先生、
学生なら恩師や、会社にいる人なら社長や上司に、好きなアーティストがいれば、その人が師にもなりえるでしょう。

でも、本当は、師は、導いてくれる人は、きっと自分自身の中にいます。

普段は忘れちゃっているけど、大事なときに導いてくれる。

道端にごみをポイっと捨てちゃったとき(そんなことしないですけど)、誰かとけんかしちゃって、ついココロにもないことをいっちゃったとき

誰かに言われるでもなく、「本当にいいの?」って、ココロの師が問いかけてきます。

何かがとても好きだとか、誰かを愛する気持ち。

何かをやろう!と決断したとき。

これも心の師が導いてくれるものなんだと思います。

その内なる力を研ぎ澄ますのに、私はyogaをやります。

深ーく呼吸をして。

心身をシンプルにして。

そうして、大切なものは何かを見失わない。

夏のひまわりみたいに。

ナマステ











moon

昨日は、月の光の神々しさに目が覚めて、しばらく瞑想し、しばらくその光をぼーっと眺めながら夜中の一時を楽しみました。

yogaでも月(チャンドラ)や太陽(スリヤ)を意識した呼吸法やアーサナがあるように、月はyogaとつながりのあるものでもあります。

また、満月はエネルギーが満ち溢れるので怪我をしやすいという理由から、アーサナをお休みする流派もあります。

と、いいつつ、私は今日はyogaを受けに産院に行ってきました。

アクティブではなく、この満月のエネルギーに身をゆだねるようにゆったりと。

満月は身体を休める日、と思うのも悪くないです


今日は満月。

7月の満月は「グルプルニマ」といって、インドではお祭りをするくらい、特別な日なのだそうです。

グルは師の意味。
日本ではあまりいいイメージをもっている言葉ではありませんが、「グ」は無知、暗闇の意、「ル」は明るい、明るく導くという意味のサンスクリット語だと教わったことがあります。

そして、「プルニマ」は「満月」の意味。

今年、3月11日に大震災が起こってから四ヶ月。

この満月の光が、日本を明るく照らし、導いてくれることを祈らずにはいられません。

今日の夜もまた、満月の光に照らされたいと思います

ナマステ


長芋のビシソワーズ風早速作りました

美味しい

玄米麦ごはんにベジミートと玉ねぎの肉味噌風と、夏野菜(というか、残り野菜)をのっけて


ごはんには少量の梅酢を混ぜています

あと写真では隠れちゃってますが、青ジソと蒸しカボチャを入れるとこれが美味しいの

新しい味の発見についついごはんがすすむ

満月だからか食べすぎました
お腹いっぱい


またまたクシマクロビオティクに行ってきました

今日は2種類のベジピザを天然酵母生地で、それから長芋&豆乳でビシソワーズ風冷製スープをつくりました

乳製品不使用なのにチーズ風味&シーザーサラダのピザ

スープも簡単でさっぱり
美味しくいただきました




産まれる前に、娘とパパと三人でどこかへ、と思い立ち、急遽ディズニーシーにいってきました。

夏から始まったこのキッズプログラム「ナミナミナ」はキッズエリアがもうけられ、ミッキーたちと一緒に踊れるのでオススメです




シェリーメイちゃんのグリーティングもはじまりました
ああ、カワイイ癒される

しかし、、シェリーメイちゃん、暑いだろうな・・・。
ちょこちょこと、休憩をとって調整をしているようでした。




そして、ついに身長が規定に達していただいた娘さんのバンド。
これをつけていると、乗れる乗り物が増えるんですよ
以前、「未来のチャレンジャー証明書」というカードをいただいていたので、待ち時間なく、フランダーのジェットコースターを楽しんでいました

さて、暑いと思われていたので、敬遠していた夏のディズニーリゾート。

確かに、日なたは暑いのですが、ところどころにミストシャワーがでているところがあり、
なにより、木陰が多く存在して、そこに入る海風の気持ちいいこと!!!

室内でずーっとクーラーにあたるより、外にいたほうが、少し自然に関わったほうが、「どこが涼をとれるか」、そのありがたさをかんじるには必要なんだなぁんてことを再認識して帰ってきました。

しかも、夕方から夜の涼しいこと!!
思わず、最後のショーまで堪能してきました。(コレ、オススメですよ♪)

自家発電や省エネを感じるところがパーク内には多々あり、夏の楽しみかたも一緒に教わってきたような気分です




先日、娘と朝早くから山下公園に遊びにいきました。

バーニーズニューヨークに立ち寄ったり、パンケーキを食べたり、義理妹の演奏会を聞きにいったり、かなり暑いけどよく歩いた一日になりました。

娘さん、だいぶ体力がついて、よく歩くようになりました エライ、エライ

で、娘が公園でみつけたこの木のようなもの。

「あ!ニワトリの足が落っこちてる~」 だって

この発想力、ステキです

そういえば、先日の幼稚園の給食参観で、クラスメイトのYちゃんが、

「先生、お弁当箱にヘビが入ってるの!」

というのでみんなでのぞいてみると・・・

・・・

正体は、肉じゃがに入っていた細切りのこんにゃくでした


そういえば、レッスンに来てくれるK君も、おもちゃや車がヨコになっていると、「ねんね、ねんねしてる」

とよく話てくれます

少ない語彙力の幼少期に、大人よりも鋭く、かわいく、繊細な感性を表現している子供達には、時々、いや、いつもいつも、教えられることがたくさんあります




blogの更新がすっかり遅くなってしまい、今頃ですが、七夕の記事です。

七夕、お願い事、何かしましたか?
大人になると、七夕なんて意識しなくなってしまったりしますが、季節の行事や風物詩をあらためて楽しめるのはいいなぁと思います

今年はあいにくのお天気で天の川が見えず、しかも、その日はなんだか忙しく動き回った日で、私も、「電動ママチャリが欲しい」というお願いごとをすっかりし忘れてしまいましたっ

誰か、お願いかなえてくれるかしら?(と、家族にさりげなくメッセージを送ってみる私。)

幼稚園で作ってきた七夕飾り。
とっても可愛く織姫や彦星ができています。

しかも、この笹、かなり大きくて

お迎えのバスのなかでかなり目立ちました

娘さん、どんなお願いしたのかなぁ?と思ったら、

コレでした





親としてはビミョー

まぁ、幼稚園生らしいといえばらしいのですが

しかも、ずーっと「ディズニープリンセス(ベル)になりたい」といっていたのに、ぷりきゅあはテレビも見ていないし、知らないはずなのになぜ??

と思っていたら、先日、給食参観(給食の手伝いをして一緒に給食を食べる)でその理由がわかりました

ぷりきゅあ、女の子の間で流行っているんですねぇ~。

幼稚園、お友達の影響力大です。

みんなに「なんてお願い事書いたの?」ときいてみたら、9割がた、「ぷりきゅあになりたぃって書いた~」と返事が返ってきました

ちなみに、男子は「ごーかいじゃー」が人気のようです。

あ、一人、「ニンジャになりたい」というかわいい男の子がいました

それにしても、園児たち、食事の時間なのに、「食べる」より「しゃべるしゃべる」

全部に返答しきれないくらいで、でもちょっぴり幸せだなと思った七夕&給食参観でした。

ちなみに、うちの娘さん、きれいに給食食べていましたよ




本日のbabyクラスはNさんともうすぐ4ヶ月のR君が初体験してくれました。
風邪から復活し、久々にお会いできたKさん&K君親子とNさんとY君。

男の子がせいぞろいの楽しいクラスになりました


そして、kidsクラスは、今日はにぎやか。

と・・・途中で気がついたのですが、ママも子供たちも総勢13人、こちらは女子だらけ

私の前で子供たちがなにやらお絵かきの「女子会」を開いていたので、私も一緒に参加させてもらっちゃいました

この女子っぽい雰囲気、なんともいえません

あ、もちろん、ママ達はしっかりyogaをやってます

このクラスではおねえちゃん格のYちゃんとIちゃんがみんなをひっぱるように、それを真似てRちゃん、Rちゃんがついていきます。
ママが大好きでいつもくっついているRちゃん。
今日はこのおねえちゃん達に影響されて、楽しそうに同じ遊びを真似ていました。

子供たちのかかわりあいって、すごく大事なんだなぁって、見ていて思います。
だって、すごく影響しあいますものね。

ごろごろしていた最年少、Mちゃん、Mちゃん。お姉ちゃんたち見てたくましく育ってね。

そして今週は歩き始めてびっくり!とってもうれしかったMちゃん。
動じることなくマイペースに遊んでくれました
さすが第二子!貫禄が違いますね。
歩けるようになったから、もうすぐお姉ちゃん達と女子会に参加できるかな?

さて、今日もママ達からはステキなお話を、たくさんきかせてもらいました。

babyクラスにきてくださったNさん&Y君。
最近「イヤイヤ期」らしいのですが、
それでも「いつか子供は離れていってしまうから、今、一緒にいるこの時間を大事にしてあげるようにしている」
のだそうです。

うん、うん、ほんとそうですね。

大変だから「あー!!もう、めんどくさぁい!!」たまには「一人になりたぁい!」
なんてこと、私も多々あるんですけど、子供はほんと、自然に離れていきます。

うちの娘も、まだまだ私にくっついてきてくれる年頃ではありますが、幼稚園に入ってお友達がふえ、幼稚園に楽しそうにでかけていきます。

それから、沖縄旅行から帰ってきたKさん、Rちゃん。

子連れの旅行はホントに大変だけど、楽しいことや新鮮なことがいっぱいで、ホントに楽しかったそう

うん、うん、そうですよね。

子供の目線を通して、親は一度経験した体験を新鮮に感じる力を取り戻すのだと思います。
とにかく新鮮で、発見があり、楽しさと、学びがあり、
大変さのかわりに、なんだか味わったことのない輝きを見るのだと思います

子育てはyogaそのものだ、と思うのは 子供を通じてこの今を生きている「新鮮さ」を失わないからなのかもしれません。

繰り返される日常のように見えて、「今」はいつも、はじめてやってくる新しい世界だってことを教えてくれる。

yogaスタジオでも、そんな輝きがあふれています

いつもいつも、
きてくれてありがとう。

ナマステ





じゃがいも。
娘さん、幼稚園の畑でじゃがいも堀りをしたそうで、嬉しそうに持って帰ってきてくれました。
ちっちゃくてかわいいのもあったりして、大小さまざま。

蒸しポテトにして、もろみみそをつけておいしく食べました。

ごちそぉさま

じゃがいもや、きゅうり。
実は、マクロビティックをやる方はあまり使わない食材なんだそうです。(私も習うまで知りませんでした)

陰性が強いからだとか。
なので、お肉(強い陽性)のつけあわせにポテトがつきものなのは、なるほど、これはこれでバランスがとれているのだそうです。

でもね、旬を食す。これも食育。我が家は夏は特にありがたくいただいております。
でも、適度にほどよい量が大切。

まして、娘が収穫してくれたなんてとってもウレシイ

夏の味、ちょっぴり土の匂いのほくほくのおいもでした

ありがとう

本人も自分が採った野菜は格別のようで、美味しそうに熱々をふぅふぅしながら食べていました

普段子供たちが食べない食材でも、お手伝いや収穫、友達と一緒など、「自分が関わった」ということをきっかけに食べてくれることってありますよね。

私は蒸しただけなんですけど手のこんだ、自分的にはがんばった(手間をかけた)ものよりあっさり食べてくれることがあって。


子供との食の関わり方は、どれだけ、手間をかけたか、よりも、どれだけ子供とふれあい、子供がその食材と関わったかのほうを優先することも大事かなぁと思います。(・・・って手抜きの言い訳にしたりして

素材のいいもの、新鮮なものを食す、ということはすなわち旬を食すことにもつなあるし、yogaでも「サットヴァ」な食事は推奨すべきことでもあります。

それから、「ありがたくいただく」
やっぱり感謝の気持が、ウンチクより理屈より何より大切ですよね




さて、こちらは、玄米甘酒と、玄米甘酒でスイーツ(プリン)を作って濾したときに、あまったカスとお味噌を混ぜたら、とっーてもおいしかった「もろみみそ」

こちらもお隣さんからいただいたキュウリと一緒に。

(ちなみに、我が家では、いつもおすそわけをさりげなく玄関に届けてくれるので、サンタさんと呼んでおります」)

以前、記事にかいたように、「甘酒」は夏の季語。

夏バテ、疲労回復にとっていいのだそうです。

そして自然な糖分が身体にとっても優しい。

とはいっても、飲みなれていないと、あるいは好みがあるのでこのままではちょっと飲みずらい・・・という方には、私みたいにスイーツに使ったり、お味噌と混ぜたりするととってもおいしく補給できます。
フルーツ野菜ジュースの甘みに使うのも美味しいですよ。

冷やして飲むととっても美味しいです。

以前、「玄米甘酒って何?」というご質問をいただいたので、写真に載せました。
自然食品のお店でよく売られています。あと、お味噌屋さんとか。

この甘酒、こうじでつくる発酵食品で、麹があればおうちでもできちゃうんです。
とはいうものの、私も作ったことがなく、結局お店で購入しています。

美味しいものがいっぱいの夏。

旬を楽しむのも、暑さを楽しむ秘訣になったらいいなぁなんて思います






紛らわしいタイトルですが、産まれたのは私のbabyじゃないです
以前掲載したこのお写真のYさんH君親子に新しいbabyちゃんが誕生したのです。

本当におめでとうございます

熱心に通っていただいたYさん。
yogaが好きなこと、趣味なこと、続けてくださること、とっても嬉しく思いながら毎回お会いできるのを楽しみにレッスンしておりました。

そしてH君。
今でこそやんちゃっ子なかんじですが、私と初めてあった当初は、泣いてる、ママのそばを離れない、私にも警戒心炸裂、だったんです。

次第に言葉が増えて、たくさん動きまわるようになって、そしてここ一年では、私もH君との会話と遊びを楽しめ
るまでに成長してくれました。

最近の口癖は「やーだよぅー」らしく、面白いからついつい話しかけてはこの「やーだよう」が出るたびに笑っている私。

でも、おもちゃの片付けとマットの片付けは率先してやてくれるジェントルマンなのです。

そんなH君がお兄ちゃんになったなんてね。

なんだか、とてもウレシイ。

陣痛のときはママの手を握ってくれていたそうで・・・私まで胸がいっぱいになったエピソードです。

「産まれる」って、いろんなドラマを「生み」ますね。

きっと皆さんもそうだったのでは?

今ではすっかり忘れている自分の出産ですが、胸がいっぱいな思いと、疲労と興奮でなんだか泣けてきたのをちょっと思い出しました。

でも、人間は「忘れる」からこそまた次に進めるのだそうです。

と、そんな話を先日産院の院長さんがぽつりとつぶやいていました。

「今」を感じ、「今」を一生懸命生きるというyoga的な行為は、その裏に「忘れる」という行為があるのかもしれません。いい意味で。


YさんH君、本当におめでとうございます。

また時間ができたらお会いできるの楽しみにしています。





ここ最近、娘の幼稚園の合間にパパっとクシマクロビオティックの1day料理教室に行っている私です。
今回はフライパンで作る天然酵母のナンとカレー、サラダに桃のヨーグルト風ドリンクでした。

このナン生地は、子供とも一緒に作れそうで、とっても楽しみです。

それから、桃のドリンクは、乳製品不使用なのに、トロっとして本当にヨーグルトみたい。
決め手は玄米甘酒と、レモン汁。
この組み合わせとフルーツ&豆乳が絶妙な組み合わせ

さて、話がそれてしまいましたが、

連日の暑さ、どう乗り切っていますか?

我が家は適度に汗をかき、身体をうごかし、そして適度に休む、そんな生活です。

そして、扇風機フル稼働

といっても、一台しかなく、先日買いにいったら全て売り切れでびっくりしました

窓って、ひとつ開けるだけでは、風ガ抜けませんよね。(私、数年前までそれを知りませんでした

二つあけて(できれば反対の方向に)風の通り道をつけてあげる。

暑い日にこの風にどれだけ癒されることか。

自然の力は偉大だと、多少の不便さがあって気づくのかも知れません。

というか、人間はちょっと便利すぎるせいかつにどっぷりつかりすぎ(電気もムダ使い)してたのかもしれないで
すよね。


サントーシャ(知足)です。

必要なものを、必要なだけ。

そんなyogaの考えを、深めるいいチャンスなんだと思います。

とはいうものの、熱中症も心配ですので、適度に暑さ対策するのも大切ですよね。

スタジオでは遠慮なくお水を飲んでくださいませ。

また、スタジオ内は風邪が通る環境がないのでエアコンで室温調整しながらレッスンを進めていきます。



さて、ココロのほうの風通しはどうでしょうか?

私は気分転換にyogaがあり瞑想があり、時折こんな料理教室で心に風を通しています。

入る道とぬける道。

インプットだけでは人間の身体には熱がこもります。

アウトプットだけでもエネルギーがきれてしまう。

ココロにも、二方向の穴をあけるように、風を通すことが快適に生活するコツなんだと思います。

皆様にとってもyogaが心身の風の抜け道となってくれていたら幸いです。



今月は 「心身に風を通す」をテーマに、身体を開き、開放するアーサナを多く取り入れていきますね。

ナーディーショーダナ(片鼻呼吸)も行う予定です。

ナマステ