横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yoga2-096[1]

もうすっかり5月も下旬ですが、
今月のテーマは、「バランス」でやっています。

呼吸法はナーディーショーダナ(片鼻呼吸)で整えて。
こヴィラバドラアーサナⅢや、ブリクシャアーサナ(木)など、いろいろチャレンジしつつ、最後にゆったりと気持ちを静めて。

急に暑くなったり、日差しが強くなったり、4月のやる気モードや、GWの遊び疲れで燃え尽き症候群気味だったり、
子供達の進級であわただしかったなど、その心を落ち着けるチャンスでもあります。

そんなわけでこのテーマ。

今月はあと一回。
来週は11日がお休みでそれ以外の月曜となります。

ご参加、お待ちしてます
スポンサーサイト



先週あたりから、できなかったお座りが急にできるようになった娘さん。七ヶ月。

このアーサナはウパヴィシュタコーナアーサナ。開脚前屈のポーズです。
yogaオタクな母なので、こんなポーズするとすぐに記念写真。というか、日常全てがyogaに結びついちゃうのですね

さて、朝はこの娘に離乳食をあげて、4歳の娘は幼稚園へ送りださねばなりません。

というわけで、金環日食は見ずに終了。ち~ん(-_-)。。。

それから、直前に空をみたら雲もあったので、これはみなくていいよ、ということなのか?と自分なりに解釈しておきました

レッスンにいらしたみなさんの中にも、見られた人、見なかった人、テレビで見た人(笑)←(確かに、これが一番手っ取り早いですね♪)、それぞれの朝がありましたね♪


それでも、SNSでつながっているアメリカのyoga友から、日食の画像が届いたときは、「あぁ、月と太陽、地球を通じて、つながっているんだなぁ」なんだかしみじみ感慨にふけりました。

それに、みんな写真上手く撮りますねぇ♪すごい!神秘的でした。

さて、yogaでも月の満ち欠けを大事にします。
と、いいつつも私はそれほど細かく気にしていないヨギーニかなとも思います。何しろ雑な正確なものですから
雑ながら意識だけはしています。
思っていれば、言動も変わるからです。

新月や満月はエネルギーが強いので、思わぬ怪我につながりやすい、ということから、アーサナ(yogaのポーズ)はお休みする、という流派もあります。

そして、昨日は新月。そして、日食。日食だからyogaしない、というわけではないのですが、普段のエネルギーとは変わるので、yogaの練習をするときや、日常生活はちょっと意識して、丁寧に行動するとよいのです。

というわけで、月曜日のyogaは、普段どおりながら、前半、立位に入る前に、お休みして呼吸を聞く時間を二回長く取りました。

それから、新月に関していうと、身体をより空っぽにして、ゆっくり呼吸をしてあげるとよいのです。
アーサナも、これは個々の考え方があると思いますが、私は普段のペースを越えないようにして、そしていつも以上に無理をしない、お休みを多くしたり、呼吸を意識する時間を長く取る、と意識していたら、yogaするのもいいのかなと思います。天のパワーをかんじながら。

と、天文やアーユルヴェーダに関しては詳しくないのでここらへんにして。

さて、私は日曜から、のどのイガイガ感で微熱発生。極小規模な断食のような状態を経て復活しました。

ただの遊び疲れなのか、新月、日食を機に、身体がリセットされたのか・・・。真相は定かではないのですが、yogaをして、特にプラーナヤーマのナーディーショーダナ(片鼻呼吸)をして気持ちがクリアになったのは確か。

現代社会が自然とはすでにかけ離れた状態。
その中で、太陽や月の満ち欠けのエネルギーを感じられるほど身心に敏感である人や環境でいられることが少ないなと思えます。
でも、それが本来人間に備わっている感覚であるならば、こういう月や太陽の暦を意識して行動するのも自分自身を見つめるいいきっかけになりますよね

ナマステ




土曜日。賑やかな鎌倉へ。
早起きして、ピラティスつながりのnonさんのスタジオSUGATAにて、娘とキッズチアダンス二回目に参加してきました。
ランチは、前回も行ったマクロビオティックカフェ、ライフフォースにて。
ここのお味噌汁が娘が大好きで、私も気に入っているので、鎌倉に行くと、いつもここのお店をリピートしています。

下の娘さんはいい子でついてきてくれて、おトイレのベビーキープでポンポン持ってます


さて、チアダンスのレッスン。
この日はスティッチの曲、ディズニーランドでは、「チキルーム」で聴ける「アロハエコモマイ」の曲にあわせて。

あれ?若干運動音痴の傾向が見られる娘なのですが、二回目だから、かなり上達してる!
他のお友達も、前回やっていた子達は、確実にうまくなってる!

なれない動きでも、「繰り返す」「継続する」ということのパワーはすごいのですね!

今日は母の日。
毎日繰り返し、日々の家事をこなす世のお母さんたち。
繰り返す、継続する、ということはすばらしいです!
あたり前なんかじゃなく、すごく素晴らしくて、大変で、大切なこと。

私の母にも、夫の母にも改めて感謝。

PhotoGrid_1336800386796.png

さて、これは娘からのプレゼント。
かわいらしいノートでした。
ヨカッタ~怒ってるお母さんの顔じゃなくて(笑)


NEC_0920.jpg

鎌倉は駅もこんなふうにボタンの花が飾られていて、人も花も賑やか華やかでした。

母の日。ママyogaにいらしているママたち、初めての贈られる側にたつ母の日の方も多いかもしれません。
この世界の全ての母にありがとう。



以前からお世話になり、レッスンのランチ会でもマクロビオティックの美味しいお弁当を作ってくださっているchiho先生のところで、女性のためのセルフケアコースが開講され、私も学びの場に参加しています。

マクロビオティックの講義・あずさ先生の鍼灸の施術と講義。

私の心の軸を、yogaの教えが支えてくれているというのは大きいです。
けれど、yogaとはまた別の世界でも、身心を健やかに保つために、何ができるか、この答えは何もyogaだけに留まらないと思うから、マットの上を離れて別の学びをしています。

blogに食の話題が多いのは、単に食いしんぼ、ってのもあるんですが(笑)やっぱり身心の穏やかさは、マットの上でやるyogaのみではなくて、瞑想やら呼吸法やら、考え方やら、そして食もかかわっているなぁって思うからなんです。

yogaをしていて、女性と男性のアサナ(ポーズ)の相違を感じるし、必要なものも違う。
身体の周期ともずーっと付き合っていく必要があるし、更年期のこともある。
女性ならではのライフバランスが必要といつも思っていたから、まずは自分から改善して、レッスンでシェアできたらいいなと思ってます




で、楽しみなのが毎回ついてくるランチ。
美味しいのです♪
幸せ幸せ。
ちなみに、これの二倍食べたかった私ですが、眠かった娘同伴のため、我慢。。(食べ過ぎなくていいのかも知れません

NEC_0907.jpg

と、白和えがとっても美味しかったので、翌日早速作りました。
余っていた納豆もまぜて、青菜もまぜて。
豆腐の水切りする時間がなかったので、そのまま混ぜてすぐに食卓へ。
さっぱりで、美味しいです

NEC_0914.jpg

ハンバーグは雑穀(たかきび、もちきび)のバーグ。
切り干し大根は梅酢で味付け。

鍼灸のほうは、母乳の環境を整えてもらい、抱っこで固まりがちな首から方をほぐすように。
私、右側の母乳の出が悪いのですが、右側のほうがコリがあるのだそうです。
身体ってつながってますね

ともあれ、子連れで学びの機会をいただける、というのがありがたくて仕方ありません
感謝感謝♪
娘にも感謝です




GWは近所でのんびりの毎日でしたが、最終日に、勢いでディズニーシーへ。
混んでるから、と毎回さけていた期間ですが、最終日なので意外にもスムーズでした。

花がいっぱい♪お花が大好きな人はそれを見にいくだけでもきっと楽しいです。

で、前回のyogaのお話で、「アパリグラハ」(不貧)「サントーシャ」(知足)なんて書いた私ですが、、、
ここには煩悩がいっぱい!
かわいらしいグッズがたくさんです。
「これもいいな~」「あれもかわいい~」
の、煩悩を思いっきり感じながら、それでも家族といけたことにサントーシャ(満足、知足)して帰宅しました。(ヨカッタ。)
ダッフィーとシェリーメイが可愛いすぎです

ちなみに、私、乗り物一個も乗りませんでした
7ヶ月の娘さんを終始抱っこ。
しかし、大満足なんです。
もともと、ショーを見るほうがすきなのもあるかもしれませんが、子供たちが楽しんでくれている姿を見られるって、本当にいい。

何か見返りを求めずに、誰かのために何か行動する。
これは、「カルマヨーガ」といいます。
子育てって、まさにカルマヨーガそのものですね。

ナマステ




fc2_2012-05-01_17-27-13-968 (2)

連休はちょこちょこと娘二人といつものCAFEにランチ。
マクロビオティックのランチがいただけるのでありがたいです。

さて、ねこ好きなカフェのオーナーさんだけあって、カフェには「ねこ」にちなんだ絵本が置いてあります。
ノンタンのシリーズもあり。

そして、4歳の娘のお気に入りはこの写真の「かばんねこ」

これ、調べてみたら、ランドセルのおまけとして作られた絵本なのだそうです。

意地悪で、気難しやのかばんねこのお話。
おおきなかばんの中に住んでいるねこ。

意地悪な性格とはうらはらに、ひょんなことからみんなに感謝されて、逆境に立たされてもどうにか解決しながら、最後に自分のかばんや持ち物はなくなってしまうのだけれど、人生悪くないなって思うようになるお話。
ユーモアたっぷり。

このお話、「サントーシャ」、「アパリグラハ」なお話だなぁ~と思いつつ私も気に入っています。

yogaには「ヨーガスートラ」というyogaの教科書的本があります。これは2~4世紀頃、パタンジャリという人物が編纂したといわれる教典で、yogaを教える人が必ず学ぶ基本の本。
その中に「サントーシャ」(知足)「アパリグラハ」(不貧)という項目があります。
「サントーシャ」はそれに満足する、「アパリグラハ」は必要以上に欲張らない、といった意で双方とも似たような意味合いを持ちます。

ネコは状況にくやしがりつつも、「仕方がない」と、穴の開いてしまった自分のかばんをなおし、時には入りきらない荷物を捨てて小さいかばんに作り変え、「このほうが自分似合っているのさ」と満足(ちょっと強がり)しつつ、逆境をユーモアたっぷりに生き抜いていきます。

教科書のように「欲張っちゃだめですよ。」なんていわれたら、なんだか心に響かないのですが、こんなふうに
絵本になっていると、その状況に納得し、解決していくことも大事だななんて、思えてきます。

しかも、このネコ、悪巧みしたり、くやしがってみたり、なんだか好感がもてるのです。
人間も本来そういったネガティブな要素と共存しながら生きていると思うから。

私もyogaの教科書に書かれている「サントーシャ」や「アパリグラハ」はいつも心に留めていますが、人間そんな教科書通りにいくもんじゃぁありません。いい人ぶってもしかたがないし、自分をつくっていても仕方がない。
時にはかばんネコのようにちょっと意地悪になったりもします。

でも、かばんネコはまわりの動物たちに生かされ、感謝され、最後には幸せな表情をしています。

周りから与えられるエネルギーってすごいですね。

私もこんなふうに与えられるいいエネルギーを持ちたいなぁと思うし、与えられているということに気づき、感謝しながら生きられたらいいなぁと思います。


何が大事なのか、何が必要なのか、シンプルに立ち戻りたいなと思うときにyogaの精神が軌道修正してくれる。
別に、いい人になろうと頑張らなくてもいいのですね。
ちょっと立ち止まって、考えてみる時間をつくる。そして、思考を軌道修正するのです。
yogaをして、深呼吸して。

ママyogaは 5月は14,21,28 開催です

ナマステ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。