横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪


7月1日はレッスンがお休みになります。
7月の日程は8、22、29日(全三回)

幼稚園も中旬より夏休みに入るかと思いますが、お子様連れ可能ですのでお越し下さいませ
また、賑やかではありますが、ママだけの参加、マタニティの方も参加可能です。
お待ちしています♪


さて、スタジオのマット用スプレー。
終了後、シュシュシュっとスプレーをしてマットを拭いてもらっていますが、あの謎の液体はスタジオのmakiさんがアロマをブレンドして作ってくれています。

ティートゥリー、ラベンダーなど抗菌効果のあるアロマに精製水、無水エタノールを混ぜて。

で、この写真は我が家のアロマ道具。
私は実験道具、と呼んでます。

夜な夜なアロマスプレー作り。これが楽しいんだなぁ♪

冬はディフューザーを使い、ユーカリなど、鼻や喉に効くアロマを芳香浴として利用することが多いのですが、夏はスプレーが大活躍。

玄関、オムツのゴミ箱周り、洗面所 etc・・・ そして、キッチンのゴミ箱やお掃除にも活躍です。

レモンがさっぱりしてお気に入り。キッチンにも違和感なく使えると思います。
これに殺菌作用のあるティートゥリーやラベンダーを入れて。

柑橘系は光毒性があり直接肌につけて日光に当たるとシミやトラブルの原因になります。
実際、私、昔、アロマストレッチのクラスを担当していて、柑橘のアロマが腕に付いたまま外の光を浴びてしまったら、シミ、かゆみでしばらく炎症をおこしてしまいました・・・

そんなわけで柑橘は芳香浴やルームスプレーとして使うのが安全でもあるのですね。

最近は小さなボトルでお手ごろ価格で試せるアロマオイルもありますのでミニサイズでお試しがお財布にも優しいかなぁと思います。

スタジオでもアロマは芳香浴として利用しています。

私のアドバイザー資格先、日本アロマ環境協会でもアロマテラピーについての詳細が載っていますのでご参考まで。


スポンサーサイト

20100830015032.jpg

7月の日程です。

7月8、22、29日(1、15日(祭日)が休み)


よろしくお願いします

あ、ちなみに、6月は24日も開催してます。お待ちしております

20100908095642.jpg

じめじめ蒸し暑い季節がやってきましたね。
蒸し暑くてだらだら一日を過ごしてしまった・・なんてこともあります。

そんな中、レッスンにご参加いただき本当に感謝です。
レッスンやると、私も元気がupします。
今月もあと一回ありますので、じめじめ空気に身体がだるいという方、雨で外にでかけられないな~なんてとき、ためしにyogaやってみてくださいね♪

yogaの効果って、すごいなぁって思うのです。

いろんなアーサナが効果ありますが、
まずはプラーナヤーマ(呼吸)で身心を一度リセットします。(詳しくはレッスンで。)

それから下半身をたくさん使う立位のアーサナで血流を良くし、胸や体側を開くアーサナ。
股関節周りを伸ばすアーサナ。バランスのアーサナ。で、内臓が冷たい飲み物や水分取りすぎなどで滞る時期ですのでねじる。これがいいんですよね。

・・・って、ほとんど全てのyogaアーサナですね。これ。

つまりは、自分の知っているyogaのポーズをしてみるのがいいんです。できるだけ、いろんな動きを。

と、私は時間があるとyogaの練習に通っているのですが、数日次女の体調が良くなく(発熱)ようやくの自分のために練習にでかけることができました。

いいですね。自分のための時間。
ほんの少しだけだけど、そこがまた貴重で大切な時間。
だから普段よりも集中するし、気持ちが前向きになれる。

全身筋肉痛での帰宅でしたが、それはそれは気持ちは晴れやかでした。

忙しいお母さん達。
そうなんです。自分のために時間を作っていいと思うのですよ。
子供と向き合うとき、心に隙間がなきゃ、穏やかではいられないもの。

と、今日レッスンでお会いしたYさんからそんな話を聞いて、ほんとその通りだと思いました。

私自身、子供が二人になったとたんなんだかあわただしく日々が過ぎています。
ご飯作るのも二倍、しゃべるのも二倍、部屋が散らかるのも、洗濯物も二倍・・・・・・。
こんな生活のなかでいかに平常心を保っていられるか。
その答えの一つは自分のために深く呼吸をし心の中を掃除することなのだと思います。

yogaのアーサナをやるのもよし、プラーナヤーマ(呼吸)だけでもいいし、哲学のなかから子育てのヒントも見出せる。

そうしたらまたカルマヨーガのごとく、子育てに没頭することができるから。

横浜でも、数年前に比べたら格段に預かり保育が充実したと感じます。(働いていなくても預けられる)
それから、次女を産んだ助産院でもこんなケアがはじまったようです。

値段等はともかく、お母さん達のサポートがもっともっと充実して、元気なママ達がたくさん増えたらいいなぁと願います。

お母さんの元気は子供にも伝わるから。

そんなわけで、私も少しでもそんなママたちやこれからママになる人たちをyogaを通じてサポートできたらいいなぁと思っています。
大きな意味でいうと、子供を産む産まないにかかわらず、女性のためにできることはなにか。
そんなことを模索する日々です。

6月は来週もあります。
7月は1日が休み、8、22、29日の三回です(15日は祭日のため休み)

ナマステ




私は食の専門家でもないし、ときどきジャンクなお菓子も食べてますのであんまり参考にならないかなぁ~と思いつつ、私のマクロビオティックの先生chiho先生から毎年この季節の過ごし方のメールをいただいて、ハッと我に帰り、自分の食生活を見直す時期でもあるので、それに基づいてちょっぴりご紹介。

梅雨時期は食べ物が腐りやすいように身体が酸性に傾いて身体の不調が出やすい時期なのだそうです。
で、冷たいものの飲みすぎ、摂り過ぎも身体の排泄を滞らせるのでNG、とのメール。

そんなときは梅酢や梅干しを活用するといいのだそう。

NEC_2198.jpg

そんなわけで、玄米ご飯のお隣には、味付けを梅酢にした切干大根のマリネ。
この日はわかめとオリーブオイルで。

酸っぱくて美味しい♪

NEC_2197.jpg

それでもキッチンで火を使うと、冷たいものが飲みたくなっちゃうのですよね。。。

これは我が家の手づくり梅ソーダ。
実は梅ジュースつくりは初めて。

てんさい糖で作ったので色がかなり濃いめ。

美味しいなぁ~♪

子供達も大好きなジュースです

NEC_2183.jpg

美容室が移転し、表参道~渋谷方面をぷらぷらっとお散歩。
その日は朝からピラティスを受け、元気をもらって颯爽と(のつもり。)

この写真は休日の国連大学。週末にいつもマルシェが開かれていてかなりの賑わい。

天然酵母パンからこだわり野菜、スイーツにこんなバッグまで!
私はここのマルシェが大好きです。

ベジメニューのお弁当やさんやスムージーのお店もアリ。

しかし・・・現金の持ち合わせがなく、この日は購入を断念。
あ、でも、お金があるとついつい買いすぎてしまうから、これはもしかして「節約しなさいよ~」の天のお告げだったのかもしれません

さて、この裏方面にザ・ビオクラが恵比寿から移転したのでランチがてら立ち寄り。

マクロビオティックアカデミーも同時に移転し、カフェの隣が調理実習できる場所になっていました。

NEC_2181.jpg

NEC_2182.jpg

ランチとスイーツ。
ほかにもいくつかあり、この日は1人で立ち寄りましたが、子連れでもokで、ベビーチェアの用意もあり。

ただ、トイレがcafeの外のビル共通のトイレで、おむつ替えシートあったかなぁ?というかんじでした。

あ、でも、近所には子供の城もありますし、子連れでここに遊び行き、お昼はビオクラで、っていうのもありですね。

渋谷は混雑して子連れにはちょっと気がひけるエリアですが、表参道方面にあるけばこんな子連れokな場所もありますね♪

値段も、高いといくらオーガニックでもうーん・・・主婦的にはNGって場合もあるでしょうが、この場所にありながら、わりと良心的お値段で美味しくご飯が食べられると思います♪
ちなみに、現在のところ、カード不可、現金精算のみ、とのことでした。



ママYOGAのパンフレットも置いていただき、時折(結構頻繁かも。。)ふらっと立ち寄るkukuruのランチ。
「今日は酵素玄米もありますよ~」と言われたので食べてみることに。(毎回あるわけではないようです)

酵素玄米初体験♪

小豆入りでこれが玄米?と思うほどやわらかく、でもおかゆのように水分はほどよく抜けていて消化がよさそう。そして、小豆もやわらかく炊けていて美味しいっ!

というわけで、さっそく酵素玄米の作り方を検索し、作ってみることに。

NEC_2171.jpg

小豆と玄米を合わせて泡だて器でかきまぜることしばし。
白濁した水になります。

その水と一緒に圧力鍋で玄米を普通に炊く要領で炊き、その後炊飯ジャーに移し変えて保温。

一日一回程度かきまぜ、三日目以降に食べる。

こんな手順。

NEC_2173.jpg

保温一日目。あ、湯気でカメラのレンズが曇った・・・・ちょっと味見してみるも、普段の玄米と変わらず。

そして保温三日目。

NEC_2184_convert_20130605232226.jpg

玄米がやわらかくなってる!!そして小豆もたべやすくやわらかい!!

普段玄米と白米(分づき米)どっちが食べたい?と質問すると、「白いの!」という長女ですが、この日は美味しそうに平らげていました。

しかし・・・
デメリットは三日以上は炊飯器で保温のため、炊飯器があかないのです・・・・。

というわけで、その間の炊飯は圧力鍋や土鍋で。
これもまた楽しいし美味しい。それはそれでいいかなぁなんて思うのですが、忙しい方やお弁当作り必須の人には、炊飯器が使えないのはちょっと不安かもしれません。

ちなみに、作り方や酵素玄米について詳細についてはネットで検索してくださいね♪
私はこれについては専門家ではなく、詳しくないのでこここには載せておきませんが、レシピや効果についての記載があると思います。

あ~美味しかった♪

20100906163609.jpg

梅雨にはいりましたね。早くてビックリ!
バランスのアーサナ(ポーズ)や胸を開くポーズで梅雨時期を乗り切れたらいいなぁと思っています。

さて、6月3日はレッスンお休みになりますのでご留意下さい。

ママYOGA6月、7月の日程です

6月10、17.24(月三回)
7月8、22、29(月三回)
尚、7月につきましてはもし日程の変更がある場合はメールにてお知らせをいたします。
回数券、月謝の利用がお得です。

10:00~ と11:15~ の60分クラス

今月もご都合のよい時間帯にご参加いただくことが可能です。

よろしくお願いいたします

NEC_2103_convert_20130506220752.jpg

以前見つけた季節はずれのトンボ。
よ~く見ると、この石の上に止まっています。

このトンボ、まだ羽が湿ってキラキラしていて、胴体も柔らかく、羽化したてのようでした。

しばらく観察していたのですが、じーっと動かずにまずは羽をかわかし、それから飛ぶためになにか高いところへ移動しようとしているように見てとれました。

誰に教わるわけでもなく、本能で命を輝かせようとしているのです。飛び立つことがこのトンボの今すべきこと。きっと。

そんな命と本能の姿に心打たれていた私なのですが、子供って時に残酷だったりします。

姪っ子ちゃんは棒でかなり豪快にツンツン、次女は「こわい~」とパパの後ろに隠れてしまうし、長女はちょっと興味を示すも、その後はブランコに夢中・・・・。

ヨーガでは、ヨーガの教典「ヨーガスートラ」の中のヤマ(禁戒)にアヒムサー(非暴力)という項目がでてきます。

他人や家族、動物だけでなく、自分自身にも。

これはyogaをする物としての大事なことではあるのですが、子供に伝える、というのは難しい・・・。

先日も、アリをつぶしていた娘。
子供はこんな経験をつみつつ、大人になっていくものなのです。
だから、ここは咎めたりもせず、自分も含め同じ命ある生き物なのだ、ということをただ伝えるにとどめています。

で、そんな娘の心に響いたらしい本が一つありました。

いのちをいただくいのちをいただく
(2009/05/11)
内田 美智子

商品詳細を見る


絵本ではなく、文章がたくさんでてきますので、小学校低学年向きの本かとは思いますが、本が好きで、長いお話が聞けるようになったら、4~6歳の子供達に読み聞かせてあげても理解できるかと思われます。

食肉加工センターにつとめる坂本さんの葛藤や坂本さんの息子の心を描いた作品です。
牛のみぃちゃんが売られてくるところはとても切ない気持ちになります。

「いただきます」の言葉の本質、命、本能、生きるってなんだろうと考えたときはこんなふうに本を読むのもいいのかなぁなんて、思っています。

それにしても「アヒムサー(非暴力)」ちゃんとできているかなぁ~なんて思うと日々反省の毎日。
心を改めて、日々子育てにも自分の身心にも向き合おう~とこの記事を書きながら思うのでした。

ナマステ。