横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
20100830015032.jpg

ママYOGA本牧ヨガスタジオ 2013年9月~12月までの日程をまとめてお知らせします。

年内いっぱいは12月30日と祭日を除く全ての月曜日が開催日程となります。月三回。
そんなわけで、平日なのにお休みって日は年末30日以外ありませんので、お気軽に立ち寄ってみて下さいね


9月 2、9、30日
10月 7、21、28日
11月 11、18、25日
12月 2、9、16日

8月は伸びるうごきをたくさん取り入れました。
秋から冬にかけてはデトックス~身体を温めるアサナ、そして基本を見直しつつ丁寧に行いたいなぁと思っています。

私のyoga練習も基本の見直し中。
本当にシンプルなポーズをキープ長く、丁寧にやっています。
で、翌日激筋肉痛(汗)

アクティブなものもいいけど、基本はもっとシンプルなものでいいんだなぁ~というのを実感しています。

先日、yoga解剖学の勉強をしてきて、身体にトラブルのある人(痛みや病気など)へのアプローチを学んできました。

そこでわかること。
基本はシンプル。
そして小さく丁寧な動きであること。
小さく、というのは、可能性を狭めているわけではありません。
その人に応じた可動域で少しずつ進める、ということなんです。

思考をシンプルにすると新しい世界が開けるように、丁寧に、シンプルに。

また、皆さんに少しずつシェアしながらレッスンしていきますね

お待ちしています

ナマステ
スポンサーサイト

PhotoGrid_1376614168209.jpg

お盆明け。
yogaにきてくれたみなさんから、たぁくさんの有力お出かけ情報をゲットしました
どこに出かけた話、聞くの楽しいんですよね~。
それで勝手に妄想したりしてみんなと楽しい話をシェアできるというのはいいなぁ~って思います。

さて、私はレッスンのお休みが本牧以外は全くなかったので、週末にちょっとだけ帰省。

そしていつも大好きなマクロビオティックカフェ 「農cafe hakari」がリニューアルオープンした、ということで行ってきました♪

実家から車で数分。

今年はこの暑さと梅雨明けの速さで果物全般収穫が早まっているそうです。

なので、この日ランチして周りを見渡すと、もう巨峰らしき大粒ぶどうが色づいていました。(この季節はまだ青いはずなんですよね。。)

さて、ランチは、雑穀米も選べるようになり、玄米がニガテ、っていう人も気軽に立ち寄れます♪

娘さんはごはんをモリモリ、美味しそうに食べていました。
次女さんは 新しく出来たショップを勝手に物色(汗)なんでもレジに持っていきたがる最近の次女。

そして、ジャムやカレーの素やここの農園の桃も一緒に購入♪

この黄色い桃は「黄金桃」といいます。
ほんの少ししか作っていない珍しい桃なのだそうで、この日も買い求めるお客さんがちらほら。

中身がほんとに黄色くて、そして香りたかく甘くて美味しかった♪

田舎ではプール遊びや、バーベキュー、甥っ子姪っ子ちゃんたちと花火をやったり、子供達とじじばば達の楽しそうな姿は微笑ましいのですよね。

1376547394725.jpg

あっちなみに我が子達、暑い日にはキャベツをかぶっていました。実は私も一緒に(笑)
涼しいです!来年の夏、お試しあれ♪



アイスが食べたくなる8月中盤の猛暑。
たっぷり家族で楽しみたい、ってなわけで、ちょこちょことバナナソルベ作り。

イチゴソースをかけて、クッキーを添えると、それなりに美味しく見える

DSC_0016.jpg

保存はこれ。野田琺瑯の一リットルサイズの保存容器が活躍♪
ちなみに、つい最近までてんさい糖の梅シロップが入っていたのですがあっという間にこれは家族内売り切れ。

作り方は、
バナナ、豆乳、レモン汁などの酸味のある果実汁少々、それに玄米甘酒でおしまい。

これをブレンダーでガーっとして、冷やしてまたガーっとして、で、冷凍庫入れておしまい。

大雑把な私にも出来ちゃうわけです。

ただし、クリーミー感を求めるなら、配合ももっと丁寧に考えないといけないかもしれません。
できあがりはソルベなかんじです。

最近は涼しくなってきたから、もうアイスの季節もおしまいかな~。

夏の我が家は玄米甘酒が夏バテ予防にも栄養補給にも活躍してくれました




blogまとめて更新しました。

8月は残り19日26日開催します!

ナマステ

8月の初回レッスン。
お越いただきありがとうございました
来週12日はお盆休みになります。
よろしくお願いします。

残り8月19、26日開催します。

お待ちしています。

さて、以下は以前に書いたブログをそのまんま再掲載。
大事なことは繰り返す。ね

2011年7月16日の記事。

~太陽とひまわりとyoga~

20110714091008.jpg


昨日は結構大きな地震がありましたね。
人間は「忘れる」生き物ですが、この震災のことは風化してはいけないという自然からのメッセージなのかな。

ま、あんまり神経質にならないのがいいと思うのですが、食と放射性物質の問題も含め、「意識する」というのはとても大事なのかなと思っています。

さて、我が家のひまわり。
娘が朝、晩、せっせと水やりをしてくれます

自分でお水を汲んでくるもんですから、たびたび、洗面所が水浸し

そして

ついに咲きました

小さくてかわいらしいですが、このひまわり、きちっと太陽のある方向を知っているのですね

光のある方向へ顔をむけて、すっと伸びている姿は、か弱そうな茎や葉とは逆に、力強さをかんじさせてくれる存在です。

先日、久しぶりにサン=テグジュペリの「星の王子さま」を読みました。

有名な一節に、こんなくだりがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「地球の人たちって」 と王子さまが言った

「ひとつの庭園に、五千もバラを植えてるよ…それなのに、さがしているものを見つけられない…」

「見つけられないね」僕は答えた…

「だけどそれは、たった一輪のバラや、ほんの少しの水のなかに、あるのかもしれないよね…」

「ほんとうだね」僕は答えた。

王子さまは言いたした。

「でも目では見えないんだ。心でさがさなくちゃ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小学生か中学生の頃に読んだときは、なんのことかよくわからなかった、という記憶があるのですが、
大人になればなるほど、この言葉に納得させられる一節です。

ひまわりは、太陽に向かって、咲いている。

大事なものが何か、目指すものが何か、きっと知っている。

昨日記事にした「月」と同じように、「太陽」もyogaとつながりがあり、人間たちを照らしてくれる存在であろうと思います。

では、自分たちを照らし、導いてくれる「グ ル」(師、導いてくれる人。昨日の記事記載)って、誰だろう?

娘にとっては、母である私であるときもあれば、おばあちゃんや、幼稚園の先生、
学生なら恩師や、会社にいる人なら社長や上司に、好きなアーティストがいれば、その人が師にもなりえるでしょう。

でも、本当は、師は、導いてくれる人は、きっと自分自身の中にいます。

普段は忘れちゃっているけど、大事なときに導いてくれる。

道端にごみをポイっと捨てちゃったとき(そんなことしないですけど)、誰かとけんかしちゃって、ついココロにもないことをいっちゃったとき

誰かに言われるでもなく、「本当にいいの?」って、ココロの師が問いかけてきます。

何かがとても好きだとか、誰かを愛する気持ち。

何かをやろう!と決断したとき。

これも心の師が導いてくれるものなんだと思います。

その内なる力を研ぎ澄ますのに、私はyogaをやります。

深ーく呼吸をして。

心身をシンプルにして。

そうして、大切なものは何かを見失わない。

夏のひまわりみたいに。

ナマステ


NEC_2385.jpg

まだまだ混雑のマークイズにて、仕事終わりにランチ。
「OGADA」にて。
ベジメニューがありましたー。
そんなわけで、ベジタリアンな友達とも一緒に来られるお店みっけたぁ~
お茶におやつにランチに、活躍してくれるお店です。

NEC_2387.jpg

ドリンクが変わった器にでてくるのですが、安定感があってのみやすい。しかも、おやつ付でした。(なっつとおまんじゅうみたいなもの。)

NEC_2386.jpg

お店はこんなふうにオシャレ。
でも狭いのでけっこうすぐに満席。
そんなわけで子連れにはう~ん。混んでいるお昼時ははずしたほうが安心かもしれません。
テイクアウトもいくつかできるみたいです。

NEC_2336 (1)

新しくなったボーネルンドも子供達大喜びです♪

NEC_2382.jpg

甥っ子ちゃんと姪っ子ちゃんがステージに上がるので、ぶらり、ウクレレピクニックのイベントへ。

たくさんのウクレレ人たちでにぎわっていました。

そして、本牧スタジオにも出店しているアカハワイさんも出店していたのでさっちゃんにも会いに。
スタジオにあるハワイグッズをはじめ、アロハシャツからかわいいクッキーまでたくさんの品々と人々でにぎわっていました♪

夕刻4時。
ステージしたの観客席になんとくなく座ってまっていると、ぽつぽつと、ウクレレをもった老若男女が座りはじめました。

特に場所取りをするわけでもなく、のんびりと。
そしてその輪がどんどんひろがっていき、始まったのはそこにいるみんなでやるウクレレの演奏。

課題曲があってそれをみんなで演奏する、という流れ。
「High five」という曲を皆でシェア。
ハイタッチのことのようですが、webサイトでは、「身近な人とhappyを共有したり、友達や仲間であることの確認など、経歴や文化、環境の違う人々のつながりを表現する行為です」とあります。

そして、このウクレレピクニックの今年のテーマは「アイランドライフスタイル」。

そういえば、日本も島国ですよね。

そんな島国の生活や文化のよさを見直したり、それを共有することなのだそう。

なんだか、そういうの、いいなぁ~なんておもいながらぼんやりとそこに座っているとその周りにいる
ウクレレ人たちの演奏がはじまりました。

ウクレレ。
音がやわらかくて、なんだか空間に溶けていくようなみんなの演奏につつまれて、
というか、ほんとうにそこに包まれているような居心地の良さ。

感動でした。

NEC_2381.jpg

私達は特に楽器を持っていなかったのだけど、その日に買った笛をなんの音も合わないまま楽しそうに吹く娘さん(汗)

それでも、たくさんのウクレレ人とウクレレの演奏が優しく包んでくれました。

つながる、って、yogaの理論なんか使わなくたって、こういうふうに共有できるんだなって。

たまにはマットの上、離れるのもいいですね♪

って、結局私、yogaに結びつけてしまうyogaオタクなんですけどね(笑)

しかも、yogaイベントは最近、場所取りでものすごくあわただしい雰囲気だったりする場合もあるのですが、ここにはそんな雰囲気もなくほんとにただのんびり~のゆったり~。

これが癒される所以のひとつでもあるんだろうなぁ~。

ウクレレの響きがそうさせるのかなぁ?

そんなわけで、帰りに2000円のウクレレを購入♪
おもちゃながら、ちゃんと音もでます。

というわけで、娘とこれを練習して、来年はイベントに参加できるかな??

shantiな空間に本当に感謝な一日。


1375455465846 (2)

娘が作った「ネバットライス。」
ナイスなネーミング

でも、娘が考えたのではなく、良く見ているNHKの「みぃつけた」のキャラクター、ライスが大好きなコッシーが美味しそうに食べていたもの。

長女に「これ食べよっか~」と提案すると、喜んで、ごはんにのせてモリモリ、生き生きと食べていました。

ホントはトロロだったんだけど、なかったから、豆腐のそぼろで代用。

実は、オクラも豆腐も少々ニガテ
でも、ちゃあんと残さず完食!本人も嬉しそう~

子供達と食。
とっても難しいです。
「身体にいいから」っていっても食べないときもあるし、私が「絶対美味しい!」と思っても食べない。
かといって、ごはんじゃなく、お菓子類が全てすきなのかと言えば、そうでもない。
意外なものを好んで食べたり。

そして、思いどうりにはいかない。

気分のときもあるんですよね。

長女の場合、基本的には自分で作ったもの、お手伝いしたものは良く食べます。
あと「目」がついている。かわいい顔や動物にできなくても、これだけでもう喜んで食べてくれるときもある。そんなときはキライな野菜でもけっこう食べてくれたりする。

次女は、一緒に皆で食べていて、周りが美味しそうに食べているものは欲しがる。

つまり、「美味しい!」、というのは、その場の空気感も含めて美味しい!というのだなぁと子供を見ていて思います。

そして、食べるタイミングというのも重要で、お腹がいっぱいだと食べないし、すいていると今度は待てない。それが子供。

昔、長女を連れてマクロビオティックの教室に連れて行ったとき、段々機嫌が悪くなって、ついにはグズグズ泣き出したことがありました。

「おなかがすいてるんだな~」
とわかってはいたものの、なにも持参していないし、かといって言い出すこともできず・・・

結局、ごはんまでぐずぐずでしたが、ごはんをおいしそうに食べ、かぼちゃのあまった皮をおいしそうにつまみ食いしてご機嫌復活!なときもありました。

それが子供。

そんなきまぐれな子供達に向き合いつつ、日々美味しいご飯作りについて日々研究してお母さん達は料理の腕があがるんだろうなぁって思う。(う~ん、私はそうでもないかもなんだけど

で、参考にしているのが、二児の母である、奥津典子さんのblog。

雲仙に引越しされるようで、cafeにいけずじまいになりそうですが、その思いは共感できるものがあり。

で、そこにつながってこの本
日登美のオーガニックな家庭料理日登美のオーガニックな家庭料理
(2013/06)
日登美

商品詳細を見る


を購入
まだ作っていないのだけど、料理の参考にぱらぱらと楽しく見ています。

そのなかに、「食べなさい、のやさしさ」というタイトルの項目があって、子どもの好きなものを食べさせることもとくにはいいと思う、という前提のあとに次のようなことが書かれています。

~「けれど、その時に食べたほうがいいものを親がすすめる。または、食べやすい形で食卓に出すとうこともとても大事だと思います。そこにはきちんとした理があり、その時はそれがわからなくても、その理に守られることはてても幸せなことだと思うのです」~と。

子供達にどんなふうに伝わるかは分からないけれど、大人になったときこそ思い出すお母さんの味。
そしてその味とそのときいっていたことが、将来子供たちが大人になったときに、「食」について考えるときの礎になるのなら、今できることを、出来るだけやってあげたいなぁ~と思います。

(あ、でも、ときどきおにぎりだけや、パンだけの日もあるけどね











時間がなくて、というか子供二人連れだとどうしても食べる場所が限られてしまい、たこ焼きで終わり、おにぎりで終わりっっていうランチな日もありますが、平日の幼稚園登園日や出来る日はおうち弁当にしたり、夜に野菜いっぱいにして一週間でバランスをとっています。



で、ひっさびさに美味しかった自分スイーツ。

したは玄米甘酒のプリンで上は、桃のコンポートと梅ジュースのジュレ。
玄米甘酒は、そのまんまだと子供食べてくれません。

同じようにマクロビオティックの常備食材の葛や寒天も娘たちはイマイチ。

そんなわけで、なるべくゆるゆるの食感にして、酸味のあるフルーツやジュースを使うと子供達は喜んで食べてくれます♪

玄米甘酒は夏バテ予防のお助けアイテム。

てんさい糖やメープルもつかわない甘みが欲しい!というときには必需品。

ただし、使い方によっては全く食べてくれないので、ジュースにつかったり、おかずの甘み付けやスイーツなど工夫しつつ甘さを取り入れています。

fc2_2013-08-03_00-06-43-863.jpg

そしてこれはベジピザ。ビーガン使用。

なので、乳製品不使用です。

このチーズ、豆乳、酢、塩、白玉粉でできているのです。
でも、ちゃんとチーズ。

ただし、配合によって豆乳や酢のクセが残ってしまうので、この配合バランスが大事なかんじです。

娘さん、ランチに美味しそうに食べてくれました。

fc2_2013-07-16_13-00-18-369.jpg

時々立ち寄る大好きなkukuruのランチ。

酵素玄米♪もちもちやわらかくてお腹にやさしいごはんでした。

で、先日いったときはなんと「うなぎ」がでてきてビックリ!
ホントはうなぎじゃないんだけど、うなぎみたいなのです。(のり、豆腐、そこまでわかったけど、あとは不明)
ほんっと美味しいランチでした♪