横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
DSC_0494.jpg

寒いけど海さんぽにいってきました。
自然を感じる時間は心穏やかで呼吸も穏やかです。

さて、2016年4月までの本牧ママヨガの日程のお知らせです。

2月は残り28日お待ちしております。

そして
3月4月は、昨年同様、一回券(ドロップイン)チケットを回数券と同様の¥2000にて受講可能にもなります。
卒園入園入学シーズンで毎回は来られないけどでも行きたいなぁ~という方々のご要望に応えての春のお得な情報です。

日程は
3月7、14 (21祭日と28日休み)
4月4、11、25(18日休み)


3月が祭日と春休みの関係で2回しか取れず(涙)
そんなわけで、
3月と4月の二か月間、お好きな日の三回を月謝チケットにて来ることができるお得な2か月間とさせていただきます。

桜の花芽のように
春に向かって伸びましょう。
yogaしましょう。

お待ちしております。
スポンサーサイト

DSC_0492.jpg

インドから先生が戻ってきました。
そんなわけで再び師の元で練習再開!

家でやるアーサナ、プラーナヤーマ、瞑想(ここのところヨガニドラーが主)もとても大切。
もちろんそれだけでもOKなんです。
でも、先生がいるのはそれだけでパワーをもらえるし、心身の軌道修正を与えてくれる素晴らしい場所でもあります。

ふと、
私もそんな指導者であるだろうか?と思ってみたりしたんだけど、うーんどうなんでしょう?
まだまだかな???

それは私自身が決めることではないので、私も学び、できることを自分の心と言葉で精いっぱい伝えていく、ただそれだけを
大事にしていきたいなぁと思っています。

毎年魅せてくれるこの苺の花みたいに。
できることをただ精いっぱい。
いつもの繰り返しでも咲く花は毎年違い、表情は毎日違うように。
毎日のアーサナや呼吸や瞑想を繰り返すのは本当に大切なことなのです。

けれど
毎日の皿洗いがそう思えなくなるときもあります(苦笑)
特に眠い時や風邪をひいたとき、自分の体調がすぐれないとき。
健康管理は心にも影響するんですよね。
そんなことを感じた先週の風邪っぴきweek.。

毎日のルーティンがこなせることのありがたさを身にしみてかんじています。

今日は心をこめて皿洗い。

どんな小さなことでも丁寧さは心を健やかにしてくれます。

アーサナも、呼吸もその瞬間瞬間を丁寧に。
yogaをしましょう。

ナマステ

1456386618417.jpg

節分の日の我が家の恵方巻。
が、作ろうと思って時間がなくなり、手巻きすしに変更となり(笑)
黄色いのは卵ではなく、カボチャの卵焼き風で、これがふんわり甘くてなんともいえない手巻きのアクセントになります。
そんなこんなで今年はより一層の手抜きになってきてしまった私のごはん。

しかし、、、、先週家族がひどい風邪にかかり、やっぱり食って大事だなと思った2月なのでした。
手抜きといっても体調や季節に見合ったバランスは大切なわけでして。
ここのところ、買ってきたものとか、インスタントで済んでしまうものが多かったことを反省。
私も忙しかった週を抜けて気が緩んだのか、風邪がうつり、めずらしく食欲なし。。。

そんなわけで、春に向かい体も心もすっと立ち直り空に伸びようと思った2月の終わりなのでした。

2月もあっという間。
今月は28日本牧ママヨガレッスンあります。
一緒にyogaしましょう。

お待ちしております。
ナマステ

ブログ、久しぶりに更新しております。
よろしければ下のほうも是非是非ご覧くださいませ。

さて、本牧ママヨガ二月の日程です。

2月1(終了)、8、29日(全三回)
となります。

15日、22日とお休みになりますのでご注意くださいませ。

一月は雪のために一回しか開催が叶わなかった本牧ママヨガ。
それでも楽しくじっくりと、子供たちに癒されながらスタートしております。

2月も雪が降るかなぁ?
交通機関の遅れや安全面などを考慮し、悪天候のために休講になる場合は
メール配信&このブログでお知らせいたします。ご了承くださいませ。

2月は胸を開き、春への準備をしたいと思っています
同時に土台作り。
基礎となる足、脚を意識しそこから産後の回復に必要な筋力を意識化、使っていきます!

寒いからこそyoga。
お待ちしています。


DSC_0414.jpg

去年の「一文字」シリーズに続き、今年の私の一文字。

「光」。
先生と共に書道で書いた字です。
見方によっては何か動物のようにも見える(笑)

どんなことにも「花マル」を!という先生の考え方なので、この字にも花マル付き。

「光」はなにも有名になることでも目立つことでもないのです。
yogaの世界ではよく、光を「内なる光」と表現します。

そう、内なる光。
生きとし生けるものすべてはもうそれだけで光り輝く素晴らしい存在であるということなんです。
「私は私」それを大事にし、それを生かし、それに満足し、肯定する。

と、そんな一年でありたいなぁと思っています。
自分がそうだとみんなもそうだったらいいのになぁと思うようになります。
なので自らそれを実践!

人っていつも「良い・悪い」で比較したり判断してしまう生き物。
たぶんそれは生き抜いていくうえで必要なことだから身についた能力なんだと思います。

でもね、いらないんです。もともとそういう評価。
そう思うと自分の嫌なところは「欠点」ではなくなり、個性として光ります。
「欠点」だから見るのが嫌だ、目を背けたい、ではなく、それを受け入れて「さてどうしようか?」
という行動に生まれ変わります。

そのためには「どう考えるか」ではなく「どう感じるか」を意識化することが大事。
そのためにyogaをすることが役立ってくるのです。

「光」
太陽でも月でも
キャンドルでもなんでも。
光り方は様々。

それでいいんだって思えるように。
「内なる光」を大切にした「yoga」を伝えたいなぁと思っています。

ナマステ。





今年も子供たちと一緒に味噌作り。

DSC_0447.jpg

大豆って、一晩お水につけるとものすごく水を吸収します。
一見見ると固くて水分なんて吸収しないようにみえるのに。。。
→人は見かけによらず。

DSC_0445.jpg

糀と塩を混ぜる。
手の感触は記憶を呼び覚ますようで、「ママ~これ去年もやったよね!!」と二人の会話。
→経験は宝なり。


DSC_0449.jpg

大豆と塩と糀を混ぜてお団子を作る。
私よりも綺麗なお団子を作る娘二人。
そして、これがじっくり時間をかけるとお味噌になるんだね~というお話を毎年恒例のようにしています。

→「待つ」ということの大切さ。(これ、毎年記事にしていること。)

味噌作りには生きるヒントのようなものも、子育てのヒントなようなものもあるんだなぁとしみじみと感じる如月。

そして、今年はほとんどの工程を長女は覚えていて、ほぼ二人に任せきり。
私は大豆を煮るのとお片付け係で終わったのでした。

子供の成長ってすごいな。
じっくりと、ゆっくりと。
それは決して悪くないこと。

それなのに、日々の私は「早くはやく~、もー!遅い遅い」を繰り返しちゃうんだなぁ~。
でもね、そうじゃないと決められた時間には遅れちゃうものね。

世の中バランスが大事。
だとしたら、「早く早く~」の生活の中に、味噌づくりのようなスローな時間をじっくりと味わう時間を入れていきたいなぁと
そんなふうに思うのです。

ナマステ。