横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




我が家の玄米は、山形の無農薬農家さんから直接お米を送ってもらっています。
毎回丁寧なお手紙が入っていて、気持ちもおなかいっぱいにさせてくれるような温かさが好き。

昨日炊こうと浸水していたのですが、用事もあり、家族みんなおなかいっぱいだったのもあって炊かなかった玄米。
一日半水につかりっぱなしだった、ほったらかしの玄米を恐る恐るのぞいてみると・・・



この写真だとちょっとわかりにくいんですが、ちっちゃ~い芽がでてるんですよ
あぶくもぷくぷく。

玄米が発芽玄米になりました

夏だったらだめになっていただろうけど、冬=寒いのも悪くないなと思っちゃいます

朝ごはんにおいしくいただきました

こんな日は、穏やかに、健やかにすごせそうな気がします

いやぁ、白米ではこんなことは起こりませんが、玄米って、生きているのですね。

玄米はマクロビオティックでは陰と陽の中間、中庸のものとされます。

で、yogaでは、サットヴァの食べ物とされています。

ヨガでは、食べ物を3つの種類(Guna グナ)に分けて考えることがあり、その種類とは、
サットヴァ(sattva: 純質、純粋)
ラジャス(rajas: 激質、情熱、刺激)、
タマス(tamas: 暗黒、怠惰、無気力)といわれます。

(詳しくは、アーユルヴェーダの本に書かれています。)

行為で言えば、yogaはグナのバランスが取れていて、総合的にサットヴァであり、サットヴァは心身の安定やバランスをもたらすものであり、そのパワーをupするにはサットヴァのものを食べたり、自然に欲したりするようになります。

玄米をはじめ、芽がでるくらいエネルギーがあって、新鮮で、オーガニックなものをたべることは、「食べるyoga」でもあり

とはいいつつ、辛いもの(ラジャス)も好きだし、漬物などの発酵食品(タマス)のものも大好き
お菓子も食べます♪

でも、そればっかりたべていると胃がもたれたり、余計に水分を欲したりするんですよね。

そんなときに、サットヴァなものを口にすると身体がリセットされて、落ち着くような気がします

そうやってバランスを取っていったらいいんじゃないか、と思っています




で、私はよく「子供にも玄米をたべさせているの?」

と聞かれます。

(長くなるので追記に記載します。)

はい。

食べさせています。


というか、うちの娘は玄米が大好きです。

でも、消化が悪いんだなぁ~というのは実感しています。

食べさせたことがあるママは知っていると思いますが、おかゆにしてもなんにしても、
一歳くらいにたべさせると、ウンチに全部でてきちゃいます(しかも量がすごい
(ちなみに、今は平気です。)

なので、一歳前から一歳半くらいは、あまり食べさせませんでした。

というのは、子供って、離乳食時期は「噛む練習」といわれるように、あんまり噛む事になれてないんですね。
かまないで飲み込む→栄養の吸収も少ない→ウンチにでてきてしまう
多分、消化器官も発達段階なのだと思われました。

これは、個人的な意見、母としての自分の子供に対する意見なのですが、無理に食べさせなくてもよいんじゃないか、と思っています。

で、我が家は精米機があって、分づき米にしたり、夫からのリクエストで白米も食べます♪








スポンサーサイト


追記を閉じる▲
はい。

食べさせています。


というか、うちの娘は玄米が大好きです。

でも、消化が悪いんだなぁ~というのは実感しています。

食べさせたことがあるママは知っていると思いますが、おかゆにしてもなんにしても、
一歳くらいにたべさせると、ウンチに全部でてきちゃいます(しかも量がすごい
(ちなみに、今は平気です。)

なので、一歳前から一歳半くらいは、あまり食べさせませんでした。

というのは、子供って、離乳食時期は「噛む練習」といわれるように、あんまり噛む事になれてないんですね。
かまないで飲み込む→栄養の吸収も少ない→ウンチにでてきてしまう
多分、消化器官も発達段階なのだと思われました。

これは、個人的な意見、母としての自分の子供に対する意見なのですが、無理に食べさせなくてもよいんじゃないか、と思っています。

で、我が家は精米機があって、分づき米にしたり、夫からのリクエストで白米も食べます♪








スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。