横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




先日の娘の親子遠足に作ったサンドイッチ弁当。

お魚の形にしてみたんだけど、見えるかなぁ・・・

遠足があまりにも楽しみすぎて、朝5時前に起床してしまった娘さん。
しかし、その日は暑かったからか、はしゃぎすぎたからか、その日の夜に40度の高熱をだしてしまい、
今週はどたばたの一週間でした。

普段は、あまり薬に頼らない派の我が家ですが、子供の容態は急変するので注意が必要。

夜中悩んだ結果、座薬の解熱剤にて熱を下げることにしました。

それでも、熱は、体から毒素を排出しようとするなんらかの解毒作用なんですよね。

解熱剤で下げても、結局翌朝にはあがり、そのままだらだらと下がらぬまま・・・。

氷枕をして様子をみて、週末には回復です

一日幼稚園を休むことになった娘さんの落胆ぶりを見ていたら、なんだか切ないくらいでした。
幼稚園は、元気の源でもあるんだね。


子育てをして思うこと。


子供のいる生活は、生活そのものがカルマヨーガです。

カルマヨーガというのは、行為のyogaなどといわれています。

ひたすら奉仕すること。見返りをもとめずにその行為に集中するyogaのことで、
そうすることで利己的な自分から離れ、穏やかな、平和的な心を持つというyogaです。

つまりは、日常生活そのものがyogaになります。特に、子供を持つ親にとっては。

先日、本当に久しぶりにyoginiの友人に会ってきました。

彼女もまた一児の母になり、久しぶりにanusarayogaのトレーニングを受けに上京しているところでした。

産む前は、自分の思うように行動できたけれど、子育てはそうはいかない。生活がyogaそのものだ。

そんな話を同じようにしてくれました。

子供を看病するとき、着替えや食事やトイレのお世話をしているとき、めんどくさいなぁなんて思うことはあっても、見返りを求めたりしないのが多くの親じゃないかと思います。

私なんて、母の日に思いがけずプレゼントをもらい、「あ、そうだ、母だったぁ」と、時々母であることを自覚してないこともあったりなんかして前回のblog記事にも書きました
子供の発熱やらぐずぐず、思いがけずやってきたりしますが、そこをどう対処するかを繰り返しているうちに、
臨機に動ける自分や、待ってあげられる自分や、新たな自己の探求にもつながるのかなぁなんて、思っています

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。