横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




先日、産院で母親教室が開催された際にいただいたマクロビオティックランチメニュー。
玄米ご飯はひじきとしょうが、かぼちゃには小豆が入り、切干大根も青菜も玉葱も、とーってもおいしかったです





そして、翌日、マネして似たような食材で作ったおうちごはん。

車麩の使い方は、マクロビオティックをはじめてから知った私です。

しかし、大事なのは、季節や体調や自分の心に合わせた食事をとること なんですよ。

なので、マクロビオティックを取り入れたい方は、専門の先生に教わったほうが絶対にいいです。

やりかた間違って、野菜がいいからと野菜ばかり食べていると、冷え性になったり、逆に身体をこわしやすくなったりもしますから。

で、最近の私。

妊婦だからか少しむくみがでてきました。

いくつかの問診の後、調理してくださった方に「あー、塩分取りすぎてない?」と一言。

・・・

あ、あたってる。

私の最近はまっているもの。

ぬか漬け(自分で漬けると美味しくてとまらない)
梅干(玄米ごはんにあうんですよ)
梅酢(これもなんでも料理にかけちゃってるくらい好き)

というわけで、塩のきいたものばっかり・・・・

ちょっとならいいんですが、いっぱい摂っちゃうのが悪いクセなんですよね

以前にも書きましたが、「陰性」と「陽性」の食物、調味料、調理方法があります。
これらを体調にあわせてバランスよくとり、身体を「中庸」に導くのが食のバランスをとる、ということなんですね。

yogaでは「サットヴァ」がこれにあたります。

身体を純に保つ。

そうすると美しくいられます。

でもね、
子供がいると、丁寧に、いろいろやるのは難しいですよね
私もそうなんですよ。

なので、気負わずに、どれか一品、身体にあわせたものを作る!ってことに決めました(私の場合。)

あ、ちなみに、むくみによいのは、

「小豆かぼちゃ」だそうです。

産院で教わったレシピを下に書きますね。

あずき1カップ
水3カップ
塩少々
こぶ一片
かぼちゃ

やわらかくなり、水分が残らないまで似たら、一口サイズのかぼちゃをいれ、やわらかくなるまで煮る。
(塩・甘みはお好みで)

かなり薄味がオススメです。
私は別に教わったやり方で蒸し煮しているのですが、今度これも試してみようと思っています

どんよりしただるい梅雨の時期。

身体にあわせた、おいしいおいしい食べ物をたべて、できるだけ心地よくすごせるといいですよね

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。