横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
クシマクロビオティックアカデミー(blogはコチラ)の川崎校へ初めて1dayクラスを受けに行ってきました

D

講師は中島デコさん。
千葉でブラウンズフィールドを主宰されています。

今回は少人数でクラスを行えたのでなんだかとっても和やかで、楽しくて
皆、一緒に記念撮影もしていただきました

多分、今まで習ったお料理の中で一番美味しかったマクロメニュー。

デコさんの持っているエネルギーと、一緒に受講した方々とのエネルギーがうまく私にあったのだと思います

人生観がyogaにつながっていて、ものすごくいい意味でゆるさのある人。
料理に惚れたのは、きっと、この人のもつオーラに魅かれたんだと思います。

「とにかく、マクロビオティックだけが全てだと思わなくていい、自分で考えて、自分で感じて自分で取り入れる、それが大事」

こんな話をしてくれました。

私が出会う師は皆、具体的な方法論も語った上で、最後に「自分で考えなさい」
と必ず言います。

若い頃は、「どうやって考えるのか」よくわからない時期もありました。

yogaをやって、心身がクリアになると、「自分で考える、自分で感じることを大切にする」

これがだんだんできるようになってきます。

(慣れてきたら、特に瞑想や呼吸法はオススメです。)

とにかく、とても楽しかった

共感、同感できたこと、ココロに響いた言葉、とにかく、ここじゃ書ききれないので、自分の中でうまく消化して、自分の言葉をつかって皆様にお伝えしたいなぁと思います。




メインは、玄米の祭り寿司。千葉では郷土料理なのだそうです。
それを玄米ご飯、マクロビオティック食材を使って。

これ、カニさんの形

周りの黄色いのは卵ではなく、かぼちゃケーキでできています。(もちろん卵乳製品不使用)





この日のメニューは、

【子供と楽しめる夏レシピ】

・祭り寿司
・えごまの冷やし汁
・飛竜頭
・ひじきのサラダ
・甘酒プティング柑橘ソース

でした。

早速 娘と冷や汁を試した私。

えごまは手に入らなかったので、ごまをすりすり、味噌を混ぜて・・・



ごちそぉさまでした

ほんとにいい出会いでした。

マクロビオティックをすることで、考え方や使う食材が限られてきて、食事の幅が狭くなるんじゃぁないか、ということはよく言われたりすることだったりします。


しかし、デコさんは、「何でもありがたく食べればいい」ここが大事なんだって言います。

そして、自分が自分でいられる、健康でいい方法を知っているから、いつでも自分を安定こ導くとができる、と。


ちょうど、レッスン後でもお話したことにも重なります。

母になることで、世間と孤立してしまいがちなのかなぁと先入観を持っていた昔の私。
ところが、そんなことはない。

子供を通してつながった輪がたくさんありました。

レッスンで出会えた子供達、ママたち、妊娠・出産・子育てを通じて出会えた友達。

頭で考えるばかりでなく、yogaと同じ、今この瞬間を感じながら生きていたら、いつのまにか広がるのですね。

人は先入観にとらわれやすい生き物。

マットの上だけでyogaをするだけでなく、妊娠・出産を経験することで、yogaが生活に根付いたような気がします。

食、出会い、いろんな価値観に触れ、別のことを学び、そんな生活の中でよりyogaが深まる。

yogaをして、頭の中をクリアにして、「自分で感じ、自分で考える」を続ける。

こうやっていくと、
出会うべくして、出会うべく人と、出会うのだと思います。

全ての出会いに感謝
スポンサーサイト