横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ここ連日、暑い日が続いていますね。

夏にぴったりのひんやりスイーツをつくりました

火曜日ににいった1dayクラスの料理教室で習ったもの。(料理教室の話は後日記載しますね)

玄米甘酒プリン

玄米甘酒のプレーンが手に入らなかったので、抹茶味のでつくりました。
上はグレープフルーツのジュレをつかっています。

寒天&くずでつくるプリン。上のジュレはくず粉とりんごジュース

甘みはこのりんごジュースと玄米甘酒だけで十分で、他の砂糖類は一切つかいません。

で、この甘酒。

実は、俳句では「夏」の季語って知っていました??

私、大学で近世俳句を勉強していたのですが、全然しりませんでした

夏の暑い時期に疲労回復の効果があって、昔は夏に飲んでいたものなのだそうです。

しかも、なんてったって、発酵食品です なので白砂糖を使うより安心でヘルシー。

最近は、日本古来の発酵食品が見直され、いろんな書籍もでています。

それから、葛(くず)。

葛は整腸作用があって、胃腸の弱い女性や子供にもオススメ食品なのだそうです。

(マクロビオティックでは、片栗粉などは使わず、このくず粉をよく活用します。粉末タイプが便利ですよ

葛粉を使う場合は、入れる前に、同量程度の水分でしっかりとかすのがポイント。
ダマになります(私はよくダマを作ってしまいます

また、プリンなどで使うときは、器に注ぐ一番最後で、濾してから入れるのが舌触りなめらかで美味しいです
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。