横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




紛らわしいタイトルですが、産まれたのは私のbabyじゃないです
以前掲載したこのお写真のYさんH君親子に新しいbabyちゃんが誕生したのです。

本当におめでとうございます

熱心に通っていただいたYさん。
yogaが好きなこと、趣味なこと、続けてくださること、とっても嬉しく思いながら毎回お会いできるのを楽しみにレッスンしておりました。

そしてH君。
今でこそやんちゃっ子なかんじですが、私と初めてあった当初は、泣いてる、ママのそばを離れない、私にも警戒心炸裂、だったんです。

次第に言葉が増えて、たくさん動きまわるようになって、そしてここ一年では、私もH君との会話と遊びを楽しめ
るまでに成長してくれました。

最近の口癖は「やーだよぅー」らしく、面白いからついつい話しかけてはこの「やーだよう」が出るたびに笑っている私。

でも、おもちゃの片付けとマットの片付けは率先してやてくれるジェントルマンなのです。

そんなH君がお兄ちゃんになったなんてね。

なんだか、とてもウレシイ。

陣痛のときはママの手を握ってくれていたそうで・・・私まで胸がいっぱいになったエピソードです。

「産まれる」って、いろんなドラマを「生み」ますね。

きっと皆さんもそうだったのでは?

今ではすっかり忘れている自分の出産ですが、胸がいっぱいな思いと、疲労と興奮でなんだか泣けてきたのをちょっと思い出しました。

でも、人間は「忘れる」からこそまた次に進めるのだそうです。

と、そんな話を先日産院の院長さんがぽつりとつぶやいていました。

「今」を感じ、「今」を一生懸命生きるというyoga的な行為は、その裏に「忘れる」という行為があるのかもしれません。いい意味で。


YさんH君、本当におめでとうございます。

また時間ができたらお会いできるの楽しみにしています。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。