横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



実は私、先月、3○歳のお誕生日を迎えちゃいました。
気持ち的には、永遠の29歳(気持ち控えめ)なんですけどねぇ~。
歳月って、早いものです。

で、あまり期待していなかったら、夜に、「ママ誕生日おめでとう」と小さな花と小さなケーキが登場

私が授乳初期で、コッテリ系、乳製品、油を控えているのを気遣って、夫がスマホで調べ、自由が丘までマクロビケーキを買いに行ってきてくれたようです。感謝感謝。

パティスリーシンプルモダンマクロビオティック」のもの。

値段高級、ですが、素材も質もよいので、私みたいな方にはオススメ。
スポンジケーキ系の苺ショートとか、ロールケーキがお勧め。
チーズケーキはうーん・・・ニガテな人もいるかなぁ。
私的には大満足ですが、マクロのケーキって、普通のを食べてる人にとっては、物足りない感があるものも事実なんですよねぇ。

ちなみに、幼稚園に入ってから、いろんな味を知ってしまった我が娘は、苺だけ食べて「あといらなーい」だそうです(汗)

NEC_0206.jpg

ちなみに、私はここのスコーンがお気に入り♪

なぜ、コッテリを控えているかというと・・・
私、過去の出産後、2度のひどい乳腺炎経験者なのです。

高熱、悪寒、胸の痛み、経験者にはおわかりでしょうが、育児しながらの体調不良は、そりゃぁもう、しんどいです。

中には、どんな食べ物食べても、「ぜーんぜん平気♪」って人いますよね。

産院で助産師さんとお話しながら、「なるほど!」と思ったのですが、それは結局、一人ひとり、生まれ持ってくる遺伝子や個性というものが違うからなのだと。

産後すぐから授乳が順調な人と、そうでない人と。(←私は後者・・)

そこで人と比較して、「あの人はいいなぁ~」とうらやましがる心ってどうしてもでてきちゃうんですけどね。

そっちじゃなくて、自分が乳腺炎になりやすいなら、ならないための最善策をとればいい。
それが、自分の身体や食事を見直す、いいきっかけにもなってくれます。

yogaとおんなじ。

身体が硬い、このポーズができないというときは、自分を知るチャンスなんだと、以前のこのblog記事に書いたことがあります。

自分の不調や発見は、自分の先生になってくれるもの。

なんでもできちゃったら、何も気づかないで終わっちゃうってことですものね。
出産も、大変だった~!だけじゃなく、そこから得る母への尊敬の念とか、感謝とか(これは人によっていろいろ)思いますよね。

これが楽々産んでしまったら、もしかして、命の尊さを本能的に学ばずに終わっちゃうのかもしれない、とも思います。(ま、あの痛みは楽なほうが嬉しいのですけどね


私、yogaでは、自分の心身にあまり興味がなさそうな人こそ、普段忙しそうにしている人こそ、「あなたはyogaに向いていますね」ってお話をすることが多々あります。(本とは、万人に向いていて、向き不向きなんて、ないんですけどね。)yogaが自分を知るきっかけになるから。

誰かと比べちゃう自分がでてきたら、その気持ちをキャッチし、自分を知る方向にもっていってあげること。

本来、人ってみんなそれぞれの個性や特性をもって生まれているんだってことにたちもどれば、自分が何を頑張れば良くなるのかが見えてくるんだと思います。

で、でも、私、たまーに甘いもの、食べちゃいますけどね そんな息抜きもたまにはいいでしょ♪

得られた自分を知る時間、大事に過ごしたいと思います。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。