横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yogaphoto2

この写真のモデルは、私と私の娘です。
真夏の暑~い中、大桟橋で私と一緒にyogaをしてくれました。(家族にブーイングを受け、早々に退散・・・)

この子を産まなかったら、積極的にママのためのyogaには携わっていなかっただろう、と思います。
昔から子供はなーんとなく欲しいなぁと思っていたけれど、それほど好きなわけじゃなかったし、
子供同伴のレッスンは、「にぎやかすぎるし、思うようにレッスンは進まないし、大変だなぁ」っていうのが正直な感想だったのですよ

でも、子供を授かり、産んでから、がらりとその考え方は変わりました。
それほど好きじゃない←大好き可愛すぎるに。

レッスンに来てくれる子供たちは孫のようにカワイイのでございます
有り余るエネルギーに疲れて負けそうになるときもありますけどね
子育ては、大変なこともいっぱいあるのに、私はみんなの可愛いところばっかり見させてもらい、成長もみさせてもらっているのですから。そりゃ可愛いよね。
時々、小さかった頃の子供たちを思い出すと「ああ、大きくなったなぁ~」ってひそかに感動していたりします。

子供を産んでから、

「子連れでも安心して出かけられる場所がほしいなぁ」
「産後に身体を動かせる場所があったらいいのに」
「子供がいても、yogaやりたいなぁ~」

そんな思いが強くなりました。

じゃぁ、やってみようか!とサークルを作ったり。 そんな矢先に以前のヨガスタジオからお話をいただいたのがきっかけ。

だから、今、こうやってレッスンをしているのは、この娘ちゃんがいるから。
みんなと会えたのは、娘がいるから。
そして、みなさんが、レッスンに来たのは、やっぱり子供たちがいるから、ですよね、きっと。

子供って「つながり」を作ってくれる存在なのですね。

そして、私も小さな子供を育てているからこそ、「今」私に出来るのが、女性のため、産前産後の女性のため、子供たち同伴のママのため、のyogaがなのだと思ってます。

それが私の使命。

「うちの子は人見知りだから」
「泣いてばっかりだから」
「お友達がいても仲良くできるか心配」

時折そんな問い合わせをいただくことがあります。

心配無用。

むしろ、そういう子たちほど来て欲しい、と思っています。

なぜなら、うちの娘は生まれたときから筋金入りの泣き虫で、人見知り、ママにべったりな大変な子だったからです。
なので、どんな子が来たって大丈夫。うちの娘にはかないませんよ(笑)

そんな子を授かったのも、子供同伴のレッスンをするための運命だったのかなぁと今は受け止めています。
どんなことも「受け入れてあげられる」ための。

もしかしたら、しばらくはずーっと抱っこで終わっちゃう日もあるかもしれません。

でも、勇気をもって「えいっ」って来て見てください。

お手伝いできることは精一杯させていただきます。

泣きたいときなら、泣いていててもいいんじゃないかと思います。

そんな日もありますよね
一歳~2歳前半くらいは特に大変。それぞれの興味もバラバラ、上手く言葉で伝えられないし、イヤイヤ期だったり、おもちゃの取り合いもあるかもしれません。
それでも、繰り返すことで、何か変化がおこりますから。その変化を大事にしてあげたいなと思います。

気にしないでどんどんお出かけしてみてください。

そして、ママ達も、たまにはちょっとリフレッシュして、yogaでココロと身体を洗っていってください。

om shanthi NAMASTE ritsuko
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ヨガ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。