横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



風邪で幼稚園をお休みしていた娘さん。
バレンタインデーが近い、ということで、お手紙を一生懸命書いてくれました。
あて先は、パパとおじいちゃん。

パパのも上手に書けていたのですが、「おじいちゃん」とあら、いつの間にか字がうまく書けててびっくり。
(や、の文字だけ私がお手伝いしました)

去年の今頃は、文字も読めなかったはずなのですが。。。特に教えることなく、知らずにこんなかんじ。
子供の記憶力、ちょっとうらやましいです。

さて、スタジオに、makiさんが、アルコール除菌スプレーを置いてくれました。
風邪やらインフルエンザが気になるこの季節。よろしければお使いください

また、ティートゥリーとゼラニウムのアロマを炊いています。
ティートゥリーは、風邪予防、除菌に効果のあるエッセンシャルオイルといわれています。
芳香浴+マットのお掃除スプレーにも使用されているんですよ。

5,6年前、アロマのアドバイザーの勉強した頃は、ただ、アロマはいい香りだから、と簡単な理由でやりはじめたのですが、寝る前にラベンダーやらユーカリ、ティートゥリーなどを芳香浴で使うだけでも、眠りやすかったり、咳が納まりやすいのを実感し、今でも続いています。

それから、手洗い、うがいなど、基本的な作業が予防につながるのだそうです。
基本が大事。yogaもおんなじですね。

ただ、人間はあらゆる菌と共存しながら生きている、善玉菌や発酵食品を作る菌など、身体に必要な菌も必要なことを認識しながら、あとは免疫を上げていくのが強い身体をつくるために必要なのだと思います。

共存。これもyogaと同じ考え方だなぁ、と思います。
「私」だけで生きているわけではなくて、全てはつながっている。という考え。

だから、必要以上に神経質になりすぎて、無菌状態もよくないだろうし、かといって、抵抗力の弱い子供達は気をつけなければならない。
そこらへんのバランスってむずかしいですね。

菌にまけない身体を作る。
ここをベースに、必要なときはお医者様にかかり、薬をのみ、あとは自分の免疫力を高めるには何がいいのか、試していくのがいいのかなぁなんて思います。

昔、yogaなんて縁遠かった頃、病気になれば、すぐに薬。
熱が出れば解熱剤
下痢になれば下痢止め

そんなことをやっていた私がいました。

でも、小児科の先生に言われます。「悪い菌を退治するために、熱がでるのだ」と。
それから、ウンチやおしっこで九割がたのデトックスが行われるのだそうです。

どれも、必要で起こるべくして起こる試練なんですね。自然の摂理。

子供の高熱は要注意で、解熱剤も必要だったりしますが、まずは自然界と共に生きてる、こんな心構えがいるのかなぁって母になってより感じています。

うちの娘、一歳過ぎと、幼稚園に入りたては病気の洗礼を多々受けました。
でもちょっとずつ体力も免疫力もついてきているのかな

ナマステ

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。