横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2_2012-08-15_14-06-24-501.jpg

毎年、父がナスとキュウリで馬と牛を作ります。
そして迎え火、送り火をして。
これが小さい頃からのお盆の風景。

私の姉と、そして祖父母や先祖の魂の行き来する日。
と思うと、なんだか神秘的というか、不思議な思いでこの作業を見届けていた子供の頃の私。

NEC_1153.jpg

さて、こちらはリアル子供の娘さん。
あれ??いない・・と思ったら、どういうわけか、洗面所にあがりこんでいた10ヶ月の娘さん(汗)
なぜ?どうやって??

でも、、、偶然のようで必然、ということは、実は世の中にたくさんあるのかも知れません。
この子も毎日をただ一生懸命生きて、つかまり立ちをし、どうにかよじのぼっちゃった・・・んだと思います。

そして、今、ここに生きているということも。

先祖があり、魂がつながって、今ここにいることを、子供達は大人になってから知るのかな。
それでも親として、大人として、それを伝え続けていきたい。

偶然のようで、今ここにいることは必然でもあること、先祖が命をつなげて今ここにいること。
そして、それは今を精一杯生きることでつながっていること。

私はそんな思いを、親になったことと、yogaの哲学を学ぶことで、より深く思うようになりました。
それは、多くを語らずも、ただ私の父母がこんなふうに送り火や迎え火をして、ナスやキュウリのお馬さんをお供えし、魂を大事にしてきてくれたからなのかな。


そしてこのお盆8月はヒロシマ、ナガサキ、終戦記念日、戦争、、、平和への思いをより強く願う時。
子供達へ伝えるべきことはたくさん。

できる限りお盆は家族ですごし、それを思う日でありたいと思うのです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。