横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今日の我が家の晩ごはん。

玄米
きんぴらごぼう
かぼちゃ
サラダ菜の梅酢和え
ねぎ味噌ニンジン
大根葉のナムル風
おから&レンコンのベジミートバーグ
味噌汁

マクロビオティックの献立。

ここ数日、スイーツやら美味しいものを食べたり、外食が続いたので、そういうときは玄米ご飯を食べ、マクロメニューで身体をリセットする。

それがここ最近の私のマクロビオティックの取り入れ方です。

なので、友達や家族と楽しく外食もするし、マックやケンタッキーでランチなんてときもあります
でも、普段は基本菜食なのでたまに食べると胃にもたれて、リセットしたくなるのですよ。
歳のせいかなぁ(笑)

体調が悪くなる前に、マクロビオティックの標準食に戻すと、身心もスッキリ動いてくれるようになります。


マクロビオティックは、玄米菜食の食事方法。
食べ物をエネルギーととらえ、「一物全体」として食物の皮も含めて全て一緒に取り入れる、というある意味エコな食事法です。
「身土不二」というその人のいる環境と土地にあるものを食べるという考えや、エネルギー面では「陰陽調和」という考え方で食事を摂取します。

白砂糖、添加物、乳製品、卵 それから肉魚類を摂取しない心身を穏やかにする、食事方法です。
って、簡単に書いてしまいましたが、話せばもっと長く、人によっても朝昼晩や季節によっても老若男女によっても摂取の方法が違います。
詳しく書くと長~くなってしまうので、興味があったら、マクロビオティック教室に通うべし♪(私の習った先生でしたらご紹介もできます。)
本で見聞きした知識だかでは足りないし、誤って解釈していることが多々あるからです。

マクロビオティックの料理教室に通い始めたのが2年ほど前。
乳腺炎になったのもきっかけとなり、本格的に自分の食事を見直そう!とスタート。
それまではなんとなく本を読み、独学で作っていたのですが、独学と、習うのではぜーんぜん違う!!


yogaも、それ以外のことでも、本やDVDだけではいまいち分からなかったり、勘違いして認識しちゃってたってこと、ありませんか?
やっぱり、その場に行き、人対人で教わる、教える、ということって、よくわかるし、とっても重要なことだなぁって思います。

だから、まずは体験! ぜひ、yogaのレッスン受けにきてみてください♪ 

と・・・宣伝はここら辺にしておいて、マクロビオティックの話に戻りますが・・


それから一年半前に本格的に通い始め、3、4ヶ月くらいは完全に動物性食品を排除し、きっちりマクロビオティックの生活・・・。
そこから徐々に家族と自分に合ったスタイルの食事方法を見つめなおし、今のように外食は楽しみつつも
家のごはんは基本的にマクロビオテック標準食にしよう、というスタイルに落ち着きました。
(家族には時折お肉やお魚メニューも登場させてます♪)

それから、料理がニガテな私には、いきなりマクロビオティックメニューのみにしてしまうと、料理のレパートリーがあまりにも少なくなってしまうってのにも気がつき、今はゆるゆるマクロビの生活を楽しんでいます。

それでも、身体も変わるし、家族も健康になるし、たくさん野菜を食べてくれるようになるからとってもいいのです。

でもね、一番大事なのは、

美味しく楽しく食べること。味わって食べること。大事に食べること。ありがたくいただくこと。

それから、「今、自分は何を食べたらいいのか、欲しているのか」
そういうことをきちんと考えて食べる。

これはyogaの「今を大切に、今をきちんと生きる」という考え方にも共通しているのです。


ま、とは言うものの、ママたちは特に産後しばらくは、食事を丁寧に作ることなんてできな~い、あるいはできなかったっていう方が多いのでは? (←私はそうでした!!!)

出来るところからはじめる、そんなかんじでいいんじぁあないかって、思っています。

目下の悩みは、料理レパートリーの少なさ

料理得意な人がうらやましいわ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。