横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PhotoGrid_1362020987733.jpg

ごま塩を作りました。

塩を炒り、ゴマをいり、それらをやさしくすり鉢でする。
ひたすらする。優しくする。無言でする。

この時間はまるでyogaの瞑想のようで、とても穏やかで呼吸の深い時間でした。

優しくすったすりゴマは、しばらく酸化しないのだそう。
つよくやってしまうと油が出て酸化する、ということらしいです。

で、この塩とゴマの割合について悩んだのですが、先生に伺ったら、体調によるのだそうです。
これもまた、感覚を研ぎ澄まし、自分の身体の声を聞いて作る作業なのですね。yogaに似ているなぁ~なんて思いながら。

私は塩と黒ゴマを1;15で作りました。

お弁当に和え物に、ミネラル補給に大活躍しています。

さて、ここ数日、目が赤いときがあって、「もしかして花粉症?」という症状があります。
そんなわけで、食もyogaも含めて、体調を整える、という作業をしています。(基本早寝。)

小豆やレンコン、ごま塩、梅醤番茶、青菜、
yogaではリラックスを促すアーサナと身体をしゃきっとさせるアーサナをバランス良く。
呼吸法も入れて。

そして、ジャラネティ(鼻うがい・鼻に塩水を通す)もyogaのクリヤー(浄化法)でとっても効きます!
ただし、これはできれば誰か先生に倣って修得したほうが安全であることを補足させて下さい。こんな記事→
http://kenko100.jp/news/2012/08/28/01
もあるのでビックリしたところです。

(多く、清潔に保ってやるのが基本ですから、問題ないのでは、と思うのですが)

排泄の季節の春。
まずは体調の異変に気づいてあげるのが第一歩かなぁなんて思います。
気づけたら、そのまんま、じゃなくて、その声にこたえてあげる生活ができたらきっと丁寧な毎日になるはず。
と、いいつつ今日は夜更かし(汗)

ナマステ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。