横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100908095642.jpg

じめじめ蒸し暑い季節がやってきましたね。
蒸し暑くてだらだら一日を過ごしてしまった・・なんてこともあります。

そんな中、レッスンにご参加いただき本当に感謝です。
レッスンやると、私も元気がupします。
今月もあと一回ありますので、じめじめ空気に身体がだるいという方、雨で外にでかけられないな~なんてとき、ためしにyogaやってみてくださいね♪

yogaの効果って、すごいなぁって思うのです。

いろんなアーサナが効果ありますが、
まずはプラーナヤーマ(呼吸)で身心を一度リセットします。(詳しくはレッスンで。)

それから下半身をたくさん使う立位のアーサナで血流を良くし、胸や体側を開くアーサナ。
股関節周りを伸ばすアーサナ。バランスのアーサナ。で、内臓が冷たい飲み物や水分取りすぎなどで滞る時期ですのでねじる。これがいいんですよね。

・・・って、ほとんど全てのyogaアーサナですね。これ。

つまりは、自分の知っているyogaのポーズをしてみるのがいいんです。できるだけ、いろんな動きを。

と、私は時間があるとyogaの練習に通っているのですが、数日次女の体調が良くなく(発熱)ようやくの自分のために練習にでかけることができました。

いいですね。自分のための時間。
ほんの少しだけだけど、そこがまた貴重で大切な時間。
だから普段よりも集中するし、気持ちが前向きになれる。

全身筋肉痛での帰宅でしたが、それはそれは気持ちは晴れやかでした。

忙しいお母さん達。
そうなんです。自分のために時間を作っていいと思うのですよ。
子供と向き合うとき、心に隙間がなきゃ、穏やかではいられないもの。

と、今日レッスンでお会いしたYさんからそんな話を聞いて、ほんとその通りだと思いました。

私自身、子供が二人になったとたんなんだかあわただしく日々が過ぎています。
ご飯作るのも二倍、しゃべるのも二倍、部屋が散らかるのも、洗濯物も二倍・・・・・・。
こんな生活のなかでいかに平常心を保っていられるか。
その答えの一つは自分のために深く呼吸をし心の中を掃除することなのだと思います。

yogaのアーサナをやるのもよし、プラーナヤーマ(呼吸)だけでもいいし、哲学のなかから子育てのヒントも見出せる。

そうしたらまたカルマヨーガのごとく、子育てに没頭することができるから。

横浜でも、数年前に比べたら格段に預かり保育が充実したと感じます。(働いていなくても預けられる)
それから、次女を産んだ助産院でもこんなケアがはじまったようです。

値段等はともかく、お母さん達のサポートがもっともっと充実して、元気なママ達がたくさん増えたらいいなぁと願います。

お母さんの元気は子供にも伝わるから。

そんなわけで、私も少しでもそんなママたちやこれからママになる人たちをyogaを通じてサポートできたらいいなぁと思っています。
大きな意味でいうと、子供を産む産まないにかかわらず、女性のためにできることはなにか。
そんなことを模索する日々です。

6月は来週もあります。
7月は1日が休み、8、22、29日の三回です(15日は祭日のため休み)

ナマステ



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。