横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



先週末にいった公園で、またまた生命力のあるどんぐりを発見。

写真、分かりますか?右側のどんぐり。
芽がでてそれが根をはるのです。そしてひょろひょろっと伸びてどんぐりの実は押し上げられ、ぶらぶらと宙に浮いています。

非情にも、子供達はたくさんある芽のでたどんぐりをひろって握り締めておりましたが、ひたすら感動するのは私が大人になったからなのか。。。(あ、歳をとったとも言えますね。)

産まれる、だとか、生きる、ということに子供を産んでより感動するようになったのは確か。

生きることの奇跡を知れたのは私にとって価値があり、yogaを深めることにもつながるいい転機でもありました。

と、今週も、9月末にご出産されたNさんがレッスンに産後初参加してくれました!
とにかく、生まれることに敏感なので、もうただただ会えたことに感動。

ママのおなかはすっかりもとに戻っていて、大きかったお腹はなんだか懐かしく、不思議な気持ちでした。

本当におめでとうございます。

これからこのどんぐりみたいにぐんぐん芽をのばし、すくすく成長してくれるのを楽しみにしています。

何か物をもらう嬉しさよりも、子供の誕生だとか、成長だとか、どんぐりの芽だとか、そういうのが嬉しい。
多分、そんな自然の摂理へ回帰していくものなのかも。

と、同時に、どんぐりのそばにはたくさんの枯れ木と枯れ葉が落ちていて、雨に濡れ、土と同化しつつあるのもあり。
死、は皆に平等に訪れるものでもあり、悲しくもあるけれど、また土に還りそこから芽が伸びていくつながりはyogaの考え方そのものだなぁ~、なんて考えながらの自然散策。

DSC_0395_convert_20131121222313.jpg

街を歩くときは回りに迷惑にならぬよう気をつけ、子供達が危なくないようにも気をつけ、どうしても注意してしまうことが多いもの。

泣いたら注意されたり、ベビーカーで狭い通路歩いてたら後ろから舌打ちが聞こえたり、そんなこともあるんですよね。
こんなもやもやもスッキリ解消♪

自然(っていっても整備された公園だけど)の中はそれのルールが極力押さえられるから、親も子ものびのびでいいのですね。

DSC_0409_convert_20131121222447.jpg

この公園にはゴジラの滑り台もあり。

しかし、のびのびといっても、お友達同士の最低限のルールは必要なわけで。
次女さん、お気に入りの滑り台を独り占め(汗)

「だ~めっ!順番!!」っと大声で通せんぼしちゃったりするものだから、困ったものです(涙)
そんな暴言を言い残してさっつさと走り去るものだから母は追いかけるのに必死。

そして、この後のフォローをしてくれるのが長女。(いつもは姉妹ゲンカばかりですが)

相手に「ごめんねぇ~。ちょっと今わがままな時期だからさ。ごめんごめん」
などと大人びたフォローを。(←ふだんの姉妹ゲンカのときも言ってくれたらいいのに~と思う母。)

ともかく、自然に触れると、子供たちにも、生命にも、自分自身にもじっくりと向き合う時間が生まれるものですよね。

子育てのときも、自然散策のときもyogaの練習通り、呼吸深く、じっくりと。

ナマステ



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。