横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スタジオもクリスマス仕様になりました♪

DSC_0450.jpg

クリスマスに限らずですが、飾りをすると、なんだかわくわくもするし、気持ちがしゃんとするような。。

いづれにしても季節を感じ、それを楽しむという前向きな心持ちは人間にはとても必要なことなのだと思います。

今年のスタジオは本牧工房の兄さんがありがたいことに暖房を入れておいてくれるからか、下の階や同じフロアのネイルとマツエクのサロンがにぎわってあたたかいからか、どうにか寒さをしのげそうな予感。
感謝です。

寒いときはマットを二枚しいたり、足元冷やさないように一緒に動いていきましょう♪

さて、「光」は暗いからこそ輝きます。
だから、闇もまた一筋の光があればそれはとても美しいものになります。
「暗」のイメージは悪いととらえるのは多分、yoga的ではないのですね。

夜は暗いほうがよく眠れるし、気持ちが沈静してクールダウンにちょうどよい日もあるのです。

で、「あ~あ、今日ついてないなぁ~」なんてことは日常に多々起こりうることでもありますが、
そんなときこそ、日常の普段気づかない、ちょっとしたプチhappy(光)を見つけるチャンスでもあります。

プラスもあればマイナスもあり、陰があれば陽もある。

人間でいえば、副交感神経と交感神経がお互いにつりあうことが身心のバランスをとることにつながったり。

そして、「明」にも「暗」にもよさや意味を見出すのは、自分自身の心の奥深いところにあるもの。
そこは常にエネルギーで満たされ、時には懐中電灯のように自分の道を照らしてくれます。
と、これは自己流のたとえなのですが、yogaはそんな考え方をします。

2013年は残りあと一回、16日のレッスンで最終となります。
心の灯火をもう一度燈すような気持ちで、自分自身に「ありがとう」を言うつもりでyogaしてみてくださいね。

お待ちしています。

ナマステ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。