横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、幼稚園入園のために、並んだり、泊まったりしているときに読んだ本の一つです。

考えない練習考えない練習
(2010/02/09)
小池 龍之介

商品詳細を見る


yogaの考え方ととてもよく似ています。
「あー、よくわかるわかる」と思いつつ、実際できていなかったり、また、子育ての視点では、賛否は別として、育児書に一般的にでている意見とは別の視点で書かれているので興味深かったです。

本書の表紙に、「頭で考えずに、もっと五感を使おう。すると、イライヤや不安が消えていくー」と
あります。

これは、yogaの考えと同じ。「今」を感じる今起きていることを五感を使って集中していく。
毎日そうしていくと、毎日が楽しくなるって考えです。

たとえば私の場合。

昨日のyogaの練習で、「バランス」がテーマでアドームカブリクシャアーサナをやりました。

ハンドスタンド=逆立ちです。

体操競技と違って、身体美を競うものではないので、いかに身体に負担無く効率よく出来るか、というのを追求していきます。

それから、逆さまになる、というのはある意味恐怖心と向き合うことにもなるので、心の自己鍛錬には分かりやすいアーサナ。
とにかく、やってみるってことが大事です。

そこで、五感を使って発見したこと。

・手首と腰椎が痛い(←他の筋肉を効率よく使えていない証拠)
・右足を軸に左足からは持ち上がることができるのに、反対側は難しい(←身体の癖を発見)

結局、先生にも見抜かれて指摘されましたけど

今あることに集中する時間は、頭の中をクリアにし、五感を研ぎ澄ませてくれます。

そうすると、必要な情報が、必要な分、必要なときだけ入ってくるようになる。

訓練が必要なのですけどね。(って、本にも書いてありました。)

ちなみに、私の師の一人は、たくさんのyoga関連の本を書いているにもかかわらず、「本なんか読むな、バカになる」的な発言を講義でおっしゃっていました。

聞いていたときは「????なんのこっちゃ?」と思ったのですが、
後になって「なるほどー」と思いました。

この例はちょっと極端ですが(実際本は人間にとって必需品ですし、私も好きだし)

本を読んで、人の意見に惑わされたり、考えすぎたりしてしまうのなら、
いっそのこと読むのなんかやめて、自分の心の中の声を聞こう!ってなメッセージなのだと感じています。

娘の幼稚園騒動は、ちょっと眠れなくなるくらい考えすぎちゃいました
まだまだ私は修行が足りないですね








スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ヨガ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。