横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



久しぶりの更新です。
というのは、4月からごはんもままならないほどの忙しいっぷりで、しばらくPCを開くのをお休みしておりました。
まずは仕事&家庭のバランスを保ちながら過ごさせていただきました。
見ていただいた方、申し訳ありません。

そんなわけで3月の出来事から。←って古すぎですねぇ(汗)でも心に響いて書きたかったことがあるので書くことにします。

インド帰りのyoga友と一緒にyogaを受けに。
いいご縁をいただいて、とあるyogaの知る人ぞ知る先生の元へ。
他の曜日は満員で入れないらしく、ちょうど時間とタイミングのあった空いてる時間があり、これも縁かなあなんて思いつつ。

私よりずーっと長いキャリアの大先輩。
yogaはじっくりゆっくり、人それぞれのペースで進みました。
やってること、みんなばらばら。

というのは、このクラス、年齢層がとってもばらばらで、経験の年数もばらばらで。
それを上手く指導できるというのはほんとに素晴らしいなあと、指導の面でも勉強になったクラス。

終わった後にこれまたステキな話をいただきました。
「家族はね、大事にね。何よりも大切なこと。」
「子育てって、マットの上よりもyogaだって感じることあるでしょう。私もそう思ったわ」
「子育てしてる時期はほんとに少ししかレッスンしてなかったの。ハマりすぎちゃうよりも、ほそーくながーくよ。それが大事なの」

私、特に何か悩みを話したわけではないのだけれど、「ホントに大切なのは何か」の本質を突いた元気をくれるメッセージでした。

人には人それぞれのyogaがある、と思います。
いろんなyogaスタイルがあり、いろんな練習方法がありますが、いいなと思うものを細く、長くやり続けることは大切。
時には励みにもなり、楽しみにもなり、道しるべにもなるから。

そして、子育てもyoga。
究極のyoga。
産後のyogaに携わると、よく、専業主婦の方から「私もなにか働かなきゃと思うんですけど」
なんて相談を受けることがあります。
いいえ、むしろ自尊心をもって胸を張って専業主婦やってくださいね。
ホントにすばらしいお仕事です。
家族を大事に、そして子育てを24時間やっているのですから。

働いているママ(私も含めて)悩むこともあるけれど、ほそーく、ながーく、自分スタイルの子育てと仕事をしていきましょう。
人には人それぞれのスタイルがあり、そしてそれを続けるってことが素晴らしいんだって思います。

さて、写真は美味しかった銀座プランタンにあったスムージーのお店。
yoga前にいただいたもの。

とっても美味しかったんだけど。
3月には冷たすぎた(涙)
この後、トイレが近すぎて大変でした。

スムージーはヘルシーではあるけれど、私の身体には毎日は合わず、そして時期的に寒い季節は合わないのですね。きっと。
健康的なイメージの食べ物も、実はそれも人それぞれ。
「自分にあったものは何なのか」は、試して実感しながら進むのが大切。

3月の出会いに感謝します。




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。