横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




冬になると飲みたくなるのが、これ、紅茶&スパイス&甘味 で作る、マサラティー。
スパイスはしょうが、甘みはてんさい糖なことが多いです。
これを飲みながら、友達と女子会するのが楽しいのね♪

さて、今月のyogaのテーマは「はなす」こと。
ヨーガの言葉では、以前にも記載したヴァイラーギャ(離欲、無執着)
ヨガ本「ヨーガ・スートラ」では、アパリグラハ(貪らない、手放す)という言葉がこれに関連します。

「はなす」

「離す」
「放す」
「話す」

パソコンで変換したら、こんな漢字がでてきましたよ♪

アーサナをするとき、できるだけゆーっくりと息を吐きながら、心や身体の不要なものをだすような気持ちで
yogaをしてみてください。
無理やり考える必要はないのですが、もし、yogaの途中でいろんな思いが沸き起こってきたら、ネガティブな感情も、一見楽しい感情も、出てくる思いを何もかも「あ~、今自分はそんなふうに思ったなぁ、」って、で、そのの気持ちを追うことなく、ただバイバイしてしまう。
第三者的な目線で客観視するように訓練していく

「思い」は心の中に置きっぱなしにしておくと、「重い」ものになっちゃうこともあるのです。
そんなときは、yogaや瞑想でリセットしちゃう。
うまくできなくても、訓練訓練(私もまだまだ訓練中です

それから、yogaの先生ではないのですが、私の恩師が「話すこと」は「離すこと、放すこと。自分の思いを手放してすっきり整理することだよ」と言っていたのが、今でも印象に残っています。

話していると、それだけで、スッキリしたり、あるいは自分の考えがまとまって脳の中が整理されたりすること、結構あるんですよね、私は。

そんなわけで、もし、はなせることがあったら「話す」月間を作る、ってのもいいのかなと思います。

で、そんな私の気持ちもあって生まれたこの企画。

マクロビオティックランチ会
詳細はこちらに記載しましたが、ご参加される方が何人か集まりましたので、開催決定しました
またそのうち詳細記事を再掲載したいと思いますが、ご希望の方、お申し込み、お待ちしております
お時間のない方、ご近所の方、申し込み制でお持ち帰り弁当も販売いたしますよ♪
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ヨガ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。