横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



20160307193742_p.jpg

昨年から私、書道をはじめました。
縁あってyogaのような考えを持つyogaを全然知らない先生のもとへせっせと通っています。
私の場合、お手本を見ないと書けない。
でも先生は「お手本を見ないで自分の感性で書いて」といいます。

へっ??
私にはへっ??無理難題(笑)

がしかし、それを見事にやってのけてくれる人たちがいます。
それが子供。
特に小さな子供。

わが娘4歳。
ようやくひらがなが読めるようになり、書くことにもチャレンジしているようす。
そこで、先生のところから水で書いて消える書道セットを購入。
自由にかいてもらいました。

ね、
自由でしょ。
こんなかんじ。

しかも豪快!
線が元気いっぱい!
おまけに横線もくるくるもサービスして多くかいちゃってる(笑)

8歳のお姉ちゃんのほうも元気で豊かな字ですが、やっぱりもう「上手く書こう」の壁が
心にうっすらとできているのがわかる。

私もそう。
上手く書きたい。
どうやって書いたらいいかわからないけどうまくなりたい。
そんな思いが逆に障害となって硬い字にしてしまうようなのです。

のびのびと書くというのは、なにもスピードだして何にも考えずに書くのとは違う。

そう。
今、その場所にとにかく集中することなんだと思います。
集中する脳、マインドは波のない穏やかな海のような状態。

yogaの考え方も然り。
yogaでは人間を「五つの鞘(層)」ととらえます。
マトリョーシカを創造してもらえるとわかりやすいです。

そのマトリョーシカの5体目のハートがほんとの自分。
そこはいつも穏やかで喜びに満ち溢れているのだそうな。

外側にまとっているのは
世間体の自分。
身体的な自分。
先入観の自分。
培ってきた教育や知識、環境の自分etc...

本当の自分は、もっとうちにあります。
そしてその誰もがこの次女の書のように、
自由でのびのびとしているのです。

毎日が学びです。
子供たちに感謝。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。