横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



娘ちゃんのブーツ。
去年はぶかぶかだし、歩くのも不安定であまり出番がなかったのですが、今年は大活躍!
と、思っていたら、もう足が大きくなり、きつくなってしまい、2代目ブーツに変更となりました。
成長の早いこと。

ブーツ履くと、普段の洋服がちょっとおしゃれに見えてかわいいのね♪

さて、10月末に、足の指と手の指が同時に膿んでしまい、外科通いをしていた私。
足のほうはひどくて、ちょっとした手術(爪の一部を切り、患部を焼く)になり、10日ほど病院通いでした

担当医師いわく、ちょっと深爪傾向にあること(巻き爪になるからよくないのです。)と、
手足の爪の形状上、なりやすいから注意してね、とのこと。
さらに、
マニキュア、ペディキュア、ヒールの靴、爪を圧迫する靴は当分禁止!(できればずっとしないほうがいいらしい・・)

ってなことになってしまいました

もともとそれほどマニキュア、ペディキュアはしないほうですが、出来ないとなると、ちょっと悲しいな・・・
しばらくは爪を育てて健康にするように努力です。

そういえば、月曜日のbabyクラスにきていたK君。
キレイなものが大好きなのか、私のネックレス(akahawaiiで購入)をいつも褒めてくれます(多分。私には褒めているように聞こえる・・)
先日は、キレイなペディキュアが気になったらしく、キレイな足を見つけてはニコニコ

でも・・・

残念ながら、私の足のところにはきてくれませんでしたぁ

病院通いをしながらかんじたこと。

足の親指を治療していたのですが、ほんの足の一部なのに、痛くて歩けない
片足をひきずるように歩くしかなく・・・
拇指球(ぼしきゅう)に力が入らないというのは、なんてあるきにくく、いかに足が身体を支えているか、
ということに気づかされた通院期間でした。

yogaでも、足の裏を意識する、というのはとても大切です。
足の指をひらくようにして立つと、土踏まずが引き上がります。
すると、身体が上に伸び、腹筋の深部が引き締まって、身体が安定します。
必要な筋肉が目を覚まし、身体を安定させようと起動する。

そして、姿勢がよくなります。

これが、「ターダアーサナ」山のポーズ。

足を意識すると身体全体が変わります。
患ってみて改めて感じた足の大切さ。

マタニテヨーガでも、足を刺激することを大切にします。
ツボを刺激しするし、むくみの解消にもつながるし、腹筋の深部を使うのに役立っているし(足を使うと、腹筋深部をしっかりつかえるようになるから。)
そしてそれがお産への準備・活力につながるから。

ちなみに、このポーズをすると、
「ただ立っているから、ターダアーサナ(笑)」とオヤジギャグ的発言をした師の一人をいつも思い出します



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ヨガ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。