横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨日、吉村正先生にどーしても会いたくて行ってきました映画館は渋谷ユーロスペース

昔よく行ってたクラブエイジアの近く。
このクラブ、名前も姿も変わらず営業してるみたいだったから、なんかちょっと嬉しい。
時代の変化とともに、どんどん変わってく、特に渋谷なんて町はさらに速いから、もうないのかとも思っていたけど。懐かしいなぁ~。

見てきた映画は「玄牝(げんぴん)」。
とにかく、感動しました。
ドキュメンタリーでナレーションがないところが、女性の神秘性や先生やそこにいる人々の人間らしさをぐっと引立たせる。
映像だけで、十分に命の尊さや切なさが伝わってきました。
多分、私が女だからかなぁ。映像の目線、捉え方が、すごくぐっとくる。


もし、もういちど産むチャンスがあるのなら、吉村医院のようなところで産みたい、と思う一方、自分自身のことや、これまでに出合ったたくさんのマタニティの生徒さんたちの状況を見る中で、「自然出産」って、ある意味この時代にしてはエゴなんじゃないかって、思う気持ちも心の中にあったの。
「自然」ってナンだろう?
現代社会の営みがすでに原始野生の時代とかけ離れてるのだから、どうやったら「自然」になれるの?って。

だって、自然育児を推奨している産院や助産院でも、高齢者お断り、リスクがあればお断り、不妊治療した人お断り・・・そんなところばっかり。
以前、自分の思うように産みたくても受け入れてくれる産院がない、そんな話を聞いたときに、自然出産ってなんなんだろう?って思いました。
じゃぁ母乳じゃなくミルクをあげる母親や、私みたいに予定日超過で促進剤をうった母親や、帝王切開になった母親はいつも後悔や懺悔の気持ちををもって生きていかなきゃいけないのか?とも思っていたのです。
自然でなければバーストラウマが何とか…とか、なんだか母親を困惑・不安にさせるような言葉や情報ばっかり横行して…

そんなことないよね、レッスンをしながら、自分自身を振り返りながら、友達をみながら、みんなりっぱに出産を乗り越えて、ママやってる!
・・・自然出産ってなんなんだろう?って。

映画を見て、吉村先生に会って確かめてみたかった。

先生は、ちょっと毒舌で、おじいちゃんで、頑固そうで、なによりも、人間らしかった。
で、強い意志の中に先生も迷ったり、悩んだりするっていう人間くささがすごくいい。

子育て中のママに一言お願いします、と言われた先生。

「わしは、産むほう専門なんだから、子育てなんてよくわからん」と言い放った。
分からないことを「わからん」って堂々といえる先生はすがすがしい


「先生」って名のつく職業の人は、ついつい見栄をはってしまうものだからだ。
もっともらしいことをいって言葉でとりつくろったりして・・・

で、私の疑問はというと、自然とかそこにこだわること、そんなのどうでもいいことだったんだ、という結論でした。

出産に大事なのは、どこでどうやって産むかではなく、自分自身で産もう、挑もうとする強い意志。
誰かがどうにかしてくれるのでなく、お産は自分自身で産みだすもの。
それは、産後も、子育てのときにも通じる、母としての強くて優しい気持ち。
方法が大事でなく、自分でやろうという「YES」な気持ちが大事。
(←これは、yogaにも通じている考え方ですね。)
幸か不幸か、今の世の中は情報ばかりが先行するし、選択肢も多いです。
そんな中で、もともと備わっているはずの強い意志とか意欲とか、母性とか、シンプルな人間の思いがかき消されてしまうのでしょうね。きっと。

それを手助けしているのが吉村医院のあり方だった。

結局のところ、どの出産も子育ても、どんなママもすばらしいということ。
ただ、シアワセなお産のあり方を追求して今まで地道に努力してこられた先生がそこにいる、ということだった。


先生は映画のなかで語る。「何でも昔にもどれってわけじゃない、現代の医療のいいところは取り入れる」と。
そんななかで、「生きるものは生きる死ぬものは死ぬ」
そんなことも語る。
人間の「生」は神の領域で、それはもう、医者でも手を尽くしても尽くしきれないことだってあるんだと。

命はつながり、命はめぐる。
この映画を通じて、感動したことはたくさん。
そして、命は産まれることでつながっていくんだ、という、シンプルなことのすごさをかんじました。

うーん。長々とごめんなさい~。
やっぱりうまく伝えられないなぁ~。

blogじゃ上手く説明しきれないので、興味があったら、映画館に行ってみてください
日曜~金曜午後の1時~の渋谷ユーロスペースは「家族みんなで・あんしんシネマ」ってのをやっています♪
狭い映画館なのですが、オムツ換えスペースもその時間帯には設置されるそうです。

それから、1000円でパンフレットを購入してきたのですが、これまたステキで読み応え抜群なパンフレットでした
読み物大好きな方はオススメです

そして、これから出産を迎える方々。
いつもレッスンにきてくださり、ありがとう
きっときっと大丈夫ですよ!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。