横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※7本牧ママヨガ今月28日開催します。
8月は18日がお休み、それ以外の開催となります。
尚、6月より10:00~のみの時間帯となっておりますのでよろしくお願いいたします。

DSC_1549.jpg

念願かなってPuja(インド古来より伝わるお祈り)を受けに、いつもの練習&勉強場所へ。
インドへ、ではなく、それを執り行う祭司が来日したのでした。ホントにありがたい。

魂を浄化し、心の闇を取り除いてくれるというpuja。
ただマントラをきくのではなく、途中、いろんな参加をします。

DSC_1550~2

yogaの神様も奉られています。

本当に神聖な祈りの時間でした。
yogaではアーサナがメイン。
でも、yogaを教える身としては是非pujaをしておきたかったのです。
祈ったり、瞑想的に心を鎮めるという行為の時間。
別になにか怪しげな新興宗教ではありません(笑)
とにかく、本当に神聖であたたかいものでした。
こんなグラウンディングする時間が必要なのですよね。日常生活にも、yogaする時間にも、教える人としても。

DSC_1552_convert_20140726235152.jpg

お供えした食べ物は最後にみんなでありがたくいただきます。
インドのお菓子はココナッツ味で、お餅のようなかんじ。

DSC_1556_convert_20140726235231.jpg

最後にこれを結んでもらい無事に終了。

たくさんの仲間とこの時間を共有できたことにも感謝。

あ、そうそう、
DSC_1560_convert_20140726235817.jpg

これもつけてもらいましたよ。
似合ってる??

yogaの生まれた地に敬意を持ってこのpujaを受け、
それをまた、生を受けたこの日本で行えた事に改めて感謝な一日でした。

ナマステ



DSC_1460.jpg

本牧ママヨガ日程のお知らせです。

7月は21日が祭日のためお休み。残り28日開催です。

8月は4日、11日、25日の全三回開催。
18日がお盆休みとなりなす。

夏休みですね。
子供たちも是非一緒に。

お待ちしています

Om, shanti.

ブログ、またまたまたまとめて更新しました。

1404781307550.jpg
さて、先日、スタジオの仲間がチャリティレッスンを行ったので、朝ヨガ@山下公園

暑かったけど、海風が心地よい!

1404781301767.jpg

横浜の海と空と公園と、ヨガをする仲間たちの一体感を味わえて幸せな気持ちでした。
子供と一緒に公園ヨガ、やりたいところですが、小さな子供達だと追いかけ回ってヨガじゃなく、マラソン大会になったりして(笑)

それから、これからの季節は熱中症対策も重要。
スタジオにはお水の販売もあります。
その日のコンディションにあわせてエアコンも使用。

本牧ママyoga7月のレッスンは21日が祭日のためお休み、14日、28日開催いたします。
8月は4、11、25日の予定(変更の場合は早めにお知らせいたします)
お待ちしております

ナマステ



2014年3月10日は本牧ママyogaレッスンお休みとなります。
3月17日、3月24日あります!
そして、4月ですが、14、21、28で開催です。
4月7日がお休みになりますのでご注意ください。


空き地の写真。
以前は民家で、庭先にたくさんのフキノトウが生える美味しそうな土地でした(笑)

しかしいつのまにか空き地となり、もうあの無数のフキノトウに出会えないなぁと思っていたら、緑色のものがポツリ。

発見しました!
小さいけれど、遠くのほうにちいさなフキノトウ!

踏まれても耕されても元気に土から芽をだしてくる姿、元気をくれます。

自らのエネルギーで熱を起こす、これをyogaでは「タパス」といいます。
「忍耐」とか「努力」とか解釈されることが多いけれど、自ら立ち上がる力というか。
と、ちょうどそんなページを「ヨーガスートラ」(yogaの聖典の一つ)でふと読んだ所だ時にこのフキノトウが。

最初は「エイッ!」って頑張るエネルギーとか熱とかパワーが必要なんですよね。

3月4月からまた新しい生活が始まることも多いことでしょう。
私も。
子供の入学や新たに学ぶことなど盛りだくさん。

フキノトウのようになろう!と思いました。

そして、3月11日が今年もやってきます。
震災から3年。
早いのか長いのか。しかしまだまだ終息していない。

私のまわりでは、たくさんの復興イベントが開かれます。

と同時に、子供を育てている人になにができるか。
多分、大きなことでなくてもできることなのだと思うのです。

「伝える」ということを子供に対してしていこうと思っています。

あのときにどんなふうだったか。
横浜でも停電があり、ふとんにもぐりこんだことやお水がなくなったこと。
津波のこと、原子力発電のこと。

自ら「考える」力を発揮するときが熟す前に、子供達に伝えていくことが一番の責務ではないかと。

そしてまた、目を閉じて祈りたいと思います。

ナマステ




楽しかったです!この写真のディズニーシーもですが、yoga!!
本牧ママyoga、今年一年、本当にありがとうございました

ちなみに、このツリー、ディズニーランドの30周年のロゴが赤く輝いているのですが、yogaやっている人はこれを皆「aumマーク」と間違えます(笑)

レッスンで最初に歌を歌ってから唱える、マントラですね。
ちゃんと意味があり、yogaではマークとなって知られているのです。

さて、今日のレッスンの話にもどりまして、、
終了後、娘の迎えの時間まで丁寧にモップがけし、子供達に大人気のプルメリアの鉢は、本牧工房のsuw兄さんにメンテナンスしてもらいました。(みんなこの鉢のじゃり石が気になるらしく、気づけばジャリ石が床に散乱(笑))

で、先ほどsuw兄さんの本牧工房blogをのぞいたら、早速鉢に変化が!
感謝感謝です


今年一年、至らぬ点も多々あったかも知れません。驕ることなく、謙虚に、かつ自尊心をほどよく持ってじっくりとどっしりとyoga道をまい進してまいりますので来年もどうぞよろしくお願いいたします

と、レッスン自体は他の場所で27日までありますので、気を抜かず、風邪をひかずに頑張りたいと思います

ところで、今月から長女がピアノに通いはじめました。
「やりたい!」というのでどこかいいところないかなぁ~と探すことしばし。

近場で、月謝も納得で、楽しそうで、耳を育てるだけでなく、音符が読めるように指導してもらえる所で、とにかくピアノにもその指導にも情熱がある。
「じぇじぇじぇ!」ではなく、「ビビビッ!!」ときた先生とのめぐり会いでした。

またまだぎこちない指の使い方ではありますが、それでもピアノの音色は癒されます。

レッスン中にさらりと弾く先生のピアノはそれはもうプロで、しかも楽譜を見ればすらすらと弾けてしまう。ホントにすごいなぁと思います。

が、「もし、音大に行きたいとか、プロにさせたいとかなりたいという希望なら言ってくださいね~。別の先生や教室を紹介しますから」とサラリ。
私も娘も今のところそんな気もないのですが、先生には先生の方針とやり方があり、自分ポリシーと違うことや技術的にもっと他に行ったほうがいいと思えば、遠慮なく生徒を手放す。

ステキだなーと思いました。指導者としての大事なところに触れたような気持ち。そして、私もハタケは違えど指導者の1人。

マルチになんでもできる、というのもそれはとても素晴らしいこと。
でも、私もyogaを教える人間として信念を持って、毎回のレッスンに意味をもって取り組んで行きたい。
そう思った時間でもありました。

マタニティと産後のリカバリーのyogaやピラティスの学びを始めたのが約7年前。
それから出産を経験し、どの動きが有効で、かつ心地よいか自分の身体でそれを体得しつつここまでの道のり。

男性と女性のyogaは、やっていてもやはり違いがある。そして女性はホルモンの影響を受けやすい生き物です。出産をしなくととも、生理や閉経などそこで受けるからだの変化も大きいのです。

と、そんな勉強もしつつ、やはり今の軸はベーシックなyogaと共に、ピラティスも含め、マタニティ、産後のyogaの専門の知識と女性のそんなホルモン変化に対応できる適切なyogaなんだなぁということに行き着くのです。

というわけで、私の専門外のyogaや学びが必要な方には、仲間に委ねたり、お願いすることもあり。

また新たに学ぶ分野も将来的には出てくるかもしれませんが、今は自分の出来る分野を精一杯お伝えしたいと思っています。

新年にむけて信念をもって。

om,shanti ナマステ


P.S 本日もKさん出産の嬉しい情報をいただきましたおめでとうございます。来年早々出産予定のYさんにもエールを送りつつ、ドキドキも感激もしつつ、今日は心地よい深呼吸と瞑想で眠りにつけそうです♪



長いタイトルですが・・・夜中にblog更新しています。
レッスン先のスタジオの忘年会でこんな時間になってしまいました。

夜に出歩く、ということが長女の出産後から全く無く、実は、これが約6年ぶりの夜外出。
今年は以前在籍していたyogaスタジオに復帰したので、研修も勉強会も、そして忘年会も盛りだくさん。

yogaスタジオに所属していると、個人主宰と異なり、情報の更新やスキルを磨くチャンスがあったり、仲間とのシェアや交流ができるので有難く、楽しい場でもあります。

さて、早いですが、12月16日はママヨガ本牧の今年最後のレッスンになります。

というわけで、たった今みんなに配るプチプレゼント(子供向きおやつとカード)をラッピングし終えたところです。

ささやかですが16日はプレゼント付きでお待ちしています。

白砂糖を含まないおやつをチョイスしましたが、その他アレルギーの心配な方はパッケージの裏面の内容表示を見て子供達にあげて下さいませ

16日に来られないという方はお渡しできずに申し訳ありません。
また来年もやりますので、是非是非一緒にやりましょう!

今年一年の「ありがとう」をいっぱいこめて。
今月のyogaのテーマも「感謝」です。

って、昨年同様、先日レッスンの際に、家族に「ありがとう」って声かけられていますか?の質問に、皆さんの多くがうなずいてくれて、なんだかステキな人生だなぁ~って思った私。

私の場合は家族に言われてるかしら?あまり言っても言われてもいない気がするのですが、それならば、自分で自分に「ありがとう」を言ってしまいます。自分を思いっきり褒めてみたり。
そうすると、なぜだか気分がよくなって、普段よりも人や家族に優しくなり、感謝出来るのですよね。

手を合わせるポーズ、yogaでおなじみの「ナマステ」にも、相手への、そして自分への敬意と感謝が含まれています。

深く呼吸をして、今年一番の「感謝」を心に感じてみるyogaにできたら幸いです。

そしてそして、一月の日程です。

2014年1月 日程

6日、20日、27日(13日は祭日のため休み)(全三回)


お待ちしています。

ナマステ





スタジオもクリスマス仕様になりました♪

DSC_0450.jpg

クリスマスに限らずですが、飾りをすると、なんだかわくわくもするし、気持ちがしゃんとするような。。

いづれにしても季節を感じ、それを楽しむという前向きな心持ちは人間にはとても必要なことなのだと思います。

今年のスタジオは本牧工房の兄さんがありがたいことに暖房を入れておいてくれるからか、下の階や同じフロアのネイルとマツエクのサロンがにぎわってあたたかいからか、どうにか寒さをしのげそうな予感。
感謝です。

寒いときはマットを二枚しいたり、足元冷やさないように一緒に動いていきましょう♪

さて、「光」は暗いからこそ輝きます。
だから、闇もまた一筋の光があればそれはとても美しいものになります。
「暗」のイメージは悪いととらえるのは多分、yoga的ではないのですね。

夜は暗いほうがよく眠れるし、気持ちが沈静してクールダウンにちょうどよい日もあるのです。

で、「あ~あ、今日ついてないなぁ~」なんてことは日常に多々起こりうることでもありますが、
そんなときこそ、日常の普段気づかない、ちょっとしたプチhappy(光)を見つけるチャンスでもあります。

プラスもあればマイナスもあり、陰があれば陽もある。

人間でいえば、副交感神経と交感神経がお互いにつりあうことが身心のバランスをとることにつながったり。

そして、「明」にも「暗」にもよさや意味を見出すのは、自分自身の心の奥深いところにあるもの。
そこは常にエネルギーで満たされ、時には懐中電灯のように自分の道を照らしてくれます。
と、これは自己流のたとえなのですが、yogaはそんな考え方をします。

2013年は残りあと一回、16日のレッスンで最終となります。
心の灯火をもう一度燈すような気持ちで、自分自身に「ありがとう」を言うつもりでyogaしてみてくださいね。

お待ちしています。

ナマステ

PhotoGrid_1383484539957.jpg

ハマヨガ@大桟橋、ファミリー&キッズyoga終了ー!
ご参加ありがとうございました(^ー^)

yogaの語源は「むすぶ、つなぐ」

その語源通り、多くの人に再会し、そして初めて出会った人からは「産後ずっとyogaができなくて本当に久しぶりにyogaをまたはじめたんです」なんていう言葉をいただき、子供達はお父さんやお母さんと一緒にいられることをなにより楽しんでいて、yogaってほんとうに人をつなげ、心をつなげてくれるんだなと、ステージから感激しながらシャバアサナをする皆さんを見させていただきました。

今日の出会いに感謝。

まだ歴史の浅いイベントのようで、周知もその定着も少しずつの歩みのようですが、yogaと横浜をもっと身近なものとして結びつけてくれるこんなステキなイベント、じっくりゆっくり育ってくれたらいいなぁと思います。

さて、
帰りに山下公園でどんぐりを拾い、ひっさびさに観覧車に乗りました(キレイだけどちょっと怖かった)

どんぐりって、自力で芽を出すの知ってました?
あんなに華奢なのに、硬い殻を破って出てくる生命力って感動します。

横浜とヨガとのつながりもこんなどんぐりの小さな芽の様に、少しずつ、でも着々と芽を育てて行けたら、そしてそのお手伝いできたらいいなーと思いました。
未来ある子供達の芽もぐんぐんスクスク育ちますように。

ナマステ♪

※11月3日まで、この記事が一番トップにくるようになっています。
よろしければこの下の記事もご覧ください

20100830015032.jpg

この画像は長女がまだ小さかった頃、真夏の大桟橋でとった画像。
横浜のパワースポット。
しかし、ここでyogaをするイベントがこの先行われることになるとはこの当時特に思っておらず・・・。

それから月日が経ち、ここで何度もyogaのイベントが行われてきました。

私も横浜市民になって10年以上。横浜に貢献できることしたいなぁ~という思いが通じたのか、この大桟橋にて、イベントのインストラクターをさせていただきます。

みんなのワークショップ
ハマヨガ@大桟橋


日時11月2日、3日(二日間) 全て異なるテーマの6日のレッスンを開催!
※私のレッスンは11月3日(日)13:00~14:00
※内容:ファミリー&キッズyoga~動物のポーズをたくさんとろう!
※開催場所:大桟橋二階くじらのおなか(CIQプラザ)室内です。
※参加費:500円(レンタルマット代一枚100円)【マットの持参可】
※親子一組(3人まで)500円です。

親子で参加できるクラスは唯一私のこのクラス11月3日13:00~のみですので是非

気候のよい時期は屋外で行うハマヨガですが、今回は室内ですので雨が降っても北風がふいても快適な一時間♪

他にも大人対象のクラスが行われますので、500円で受けられるこの機会に、是非このパワースポットで楽しんでいただけたらウレシイです!

詳細はコチラ→
http://www.osanbashi.com/event/131102-03_hamayoga(CIQ)/131102-03_hamayoga(CIQ).pdf

PCでないともしかして上手く開けないかもしれません。詳細はこの横浜大桟橋のサイトhttp://www.osanbashi.com/のトップページから見ることができます。

または私の所属するyogaスタジオの一つ スタジオヨギーのHPからも入ることができます。(ピックアップインフォメーションの欄)
http://www.studio-yoggy.com/studio/yokohama/

いつもレッスンに来て下さっている方も、久しぶりの方も、そのお友達の方も、パパもおじいちゃんもおばあちゃんも可♪
お散歩がてらたどりついたら是非お立ち寄りくださいね。
お待ちしています 

ナマステ

~~~~~
本牧ママヨガの日程

年内は、祭日と12月30日以外の全ての月曜日で開催しています。



今年も来ました!この季節。

スタジオはハロウィン飾りがチラホラ。

そして、スタジオ前のテーブルには怪しい手が・・・。

去年は子供達を毎回驚かせていたこの手ですが、今年は、はい、オーナーのmakiさんがスイッチ切ってくれています。

というわけで、安心して、中のお菓子取りにチャレンジしてみてください

個人的には、子供達のびっくりしてる姿が見たくて仕方ないのですが
やっぱり急にこの手が動いたら、怖いよね

ちなみに、私はお旧正月にやってくる獅子舞がこわくて仕方なかった子供でした

レッスンのほうは足を意識した秋らしいyogaのアーサナに入っています。
心と体の「安定」。

じっくり、ゆっくり、マイペースに心に向き合い、身体に向き合います。

毎回楽しそうに来てくれるbaby&kids達。
動かなかったはずなのに、あっという間につかまり立ちできちゃたり、驚くことたくさん。

そして、運動会の代休で、幼稚園のお友達も久々に会えたりもする季節。

さて、9月まで通われていたNさんが無事出産との報告をいただきました。

本当におめでとうございます。

どうしてるかなぁ~なんて思っているところに連絡をいただきました。

不思議だなぁ~。なんど聞いても産まれるって不思議。
そして、感動します。

また産後にレッスンでお会いできたらウレシイな。

10月は14日が祭日で休みになります。
21日、28日開催です。

また、年内いっぱいは、祭日と年末を除いて全てレッスン開催いたしますのでよかったらお越しください♪

ナマステ

ヨガフェスタ横浜 2013

今年も開催されます。
無料で参加できるyogaや、ショップも充実しています。
大きなイベントなのでお祭り気分でいけますよ♪
詳細はHPをご覧になってみて下さい。
PCで見たほうが見やすいかと思います。

と、このフェスタも、初回からしばらくは本当にこれが大きなyogaを知る場であったのですが、最近はほかにも全国各地でこんなイベントが開催されてます♪それはとってもいいことですよね。
それから、講師の方のもっと小規模なレッスンや勉強会も年間を通じて充実し始めてきました。(←集中できるので私好み♪)

yogaが定着し、多様化してきているのだなぁ~って思います。
第一回目は今は無き赤坂プリンスでの開催だったのですが、あれからもう10回目かぁ~。はやいなぁ~。

時間があれば是非♪

ちなみに、今年私は家族優先で行くかどうかはまだ未定です♪(いつも家族の休日に勉強に出させてもらっているのでたまには一緒にのんびりもいいかなぁ~)

ナマステ




レッスン内は、時間いっぱいにyogaをやっているので、最近、レッスン風景の写真が撮れず。。。

この積み木はレッスン後、帰宅したらおばあちゃんの家にて長女が作っていた力作
不安定な積み木ではありますが、見事高く積み上げてます。

成長したなぁ~。

と、これは娘の作品ではありますが、ママYOGAレッスンでも、子供あーティストによる、本当ににステキなブロック作品やおままごとや折り紙作品が生まれています♪

みんな、成長したなぁ~。

7月、8月、そして9月の一週目とレッスンが終了しましたが、夏休みになって久しぶりに園児のお友達がたくさん遊びにきてくれました♪

背が伸び、出来ることが増え、いままでもっと無鉄砲に走るだけだったような気がするけれど、ちゃんとお話を聞ける立派な子供になっていたみんな。

人見知りで泣いてたこともあったのに、人見知りはハニカミに変わり、出来た絵や折り紙や、おままごとでつくれたお料理をたくさん運んでくれたり。

それから、そんな頼もしいおねえちゃんお兄ちゃんをみながら、じーっと、ときにはニヤニヤ、ニコニコしながら、楽しんでくれていたbabyちゃん達。
広いスタジオは動くのも楽しいよね、きっと。

気がつけば一緒にyogaしてくれるお友達もたくさん出現しました

yogaをするのはママ達ですが、子供達あってこそのクラスであり、いつでもwelcomeなんだよ♪って思っています。

みんなが大好き。

に、しても、今年の夏は暑すぎる・・・・
まだまだ暑いですね。

そんなわけで、スタジオはまだまだ冷房のお世話になりそうです。
水分補給しつつ、冷房の直風の当たらない場所にマットやbabyちゃん達をセッティングしてあげて下さい。

妊婦さん達は 足首を冷やさない対策もお忘れなく。

夏は 後屈のアーサナや体側を伸ばしていくアーサナでした。
9月は基本のアーサナを大事にしながら、バランス、をテーマに、整える動きをじっくりと取りたいなぁと思っています。

来週もありますよ。

9月9日開催です!
で、祭日で、16、23日がお休み。
二週あけて最終週30日が開催日になります。

それ以降についての日程は以下の通り。

お待ちしています♪ ナマステ

:::::::::::::::
ママYOGA本牧ヨガスタジオ 2013年9月~12月までの日程をまとめてお知らせします。

年内いっぱいは12月30日と祭日を除く全ての月曜日が開催日程となります。月三回。
そんなわけで、平日なのにお休みって日は年末30日以外ありませんので、お気軽に立ち寄ってみて下さいね


9月 2、9、30日
10月 7、21、28日
11月 11、18、25日
12月 2、9、16日

8月の初回レッスン。
お越いただきありがとうございました
来週12日はお盆休みになります。
よろしくお願いします。

残り8月19、26日開催します。

お待ちしています。

さて、以下は以前に書いたブログをそのまんま再掲載。
大事なことは繰り返す。ね

2011年7月16日の記事。

~太陽とひまわりとyoga~

20110714091008.jpg


昨日は結構大きな地震がありましたね。
人間は「忘れる」生き物ですが、この震災のことは風化してはいけないという自然からのメッセージなのかな。

ま、あんまり神経質にならないのがいいと思うのですが、食と放射性物質の問題も含め、「意識する」というのはとても大事なのかなと思っています。

さて、我が家のひまわり。
娘が朝、晩、せっせと水やりをしてくれます

自分でお水を汲んでくるもんですから、たびたび、洗面所が水浸し

そして

ついに咲きました

小さくてかわいらしいですが、このひまわり、きちっと太陽のある方向を知っているのですね

光のある方向へ顔をむけて、すっと伸びている姿は、か弱そうな茎や葉とは逆に、力強さをかんじさせてくれる存在です。

先日、久しぶりにサン=テグジュペリの「星の王子さま」を読みました。

有名な一節に、こんなくだりがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「地球の人たちって」 と王子さまが言った

「ひとつの庭園に、五千もバラを植えてるよ…それなのに、さがしているものを見つけられない…」

「見つけられないね」僕は答えた…

「だけどそれは、たった一輪のバラや、ほんの少しの水のなかに、あるのかもしれないよね…」

「ほんとうだね」僕は答えた。

王子さまは言いたした。

「でも目では見えないんだ。心でさがさなくちゃ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小学生か中学生の頃に読んだときは、なんのことかよくわからなかった、という記憶があるのですが、
大人になればなるほど、この言葉に納得させられる一節です。

ひまわりは、太陽に向かって、咲いている。

大事なものが何か、目指すものが何か、きっと知っている。

昨日記事にした「月」と同じように、「太陽」もyogaとつながりがあり、人間たちを照らしてくれる存在であろうと思います。

では、自分たちを照らし、導いてくれる「グ ル」(師、導いてくれる人。昨日の記事記載)って、誰だろう?

娘にとっては、母である私であるときもあれば、おばあちゃんや、幼稚園の先生、
学生なら恩師や、会社にいる人なら社長や上司に、好きなアーティストがいれば、その人が師にもなりえるでしょう。

でも、本当は、師は、導いてくれる人は、きっと自分自身の中にいます。

普段は忘れちゃっているけど、大事なときに導いてくれる。

道端にごみをポイっと捨てちゃったとき(そんなことしないですけど)、誰かとけんかしちゃって、ついココロにもないことをいっちゃったとき

誰かに言われるでもなく、「本当にいいの?」って、ココロの師が問いかけてきます。

何かがとても好きだとか、誰かを愛する気持ち。

何かをやろう!と決断したとき。

これも心の師が導いてくれるものなんだと思います。

その内なる力を研ぎ澄ますのに、私はyogaをやります。

深ーく呼吸をして。

心身をシンプルにして。

そうして、大切なものは何かを見失わない。

夏のひまわりみたいに。

ナマステ




大人になってから、忙しく働くようになって、あまり季節感を意識するこが少なくなったのですが、家族を持ち、母になってから、子を通じて伝統や季節感を大切にする生活に戻させてくれていることに気がつきます。

伝統や季節感を感じる、ということは、「今を生きる」を実感することにつながります。
そんなわけで、「忙しい」が口癖になってしまう日常生活で、ちょっと立ち止まり、今を感じられることはなんと心地いいことか、と思う。

子を育てていると本当にあわただしくて、明日の幼稚園の支度だとか、次女の幾度となく繰り返されるオムツ替えとか。「あ~早くアレしとかなきゃ~」って、頭の中は本当にいろんなことを考えているんですよね。


だから、トウモロコシを剥いている時間は、ほんの一瞬、自分自身もそれに集中し、楽しむことができていて、心と体が今を通じてつながっている幸福感を感じるのです。

「yoga」はもともと「むすぶ、つなぐ」が語源。

マットの上を離れて日常生活の中でyogaを感じることが増えたのは、子供がいるおかげなんだなぁ~と、感謝せずにはいられません。

実家の山梨から届けられたトウモロコシ。
次女はひげをなぜか怖がって、むこうとしませんでした

甘くて美味しい~

NEC_2257 (1)

先日食べた、cafeのマクロビオティックランチ。
夏野菜のフリット、よく噛み味わいました。

「食」は季節や伝統、そして「今」在ることへ気づかせてくれる大事なツールなんだろうなぁ~。

NEC_2259.jpg

これは長女が幼稚園で掘ってきたじゃがいも。

カレーに蒸しジャガ、子供達も楽しそうで美味しいみたい。

たくさん食べておなかいっぱい。

さっ今日も夜yogaして寝よう。

ナマステ



ダウンドッグは英語できちんと言うとdownward facing dog。日本語では下向きの犬のポーズと訳され、
サンスクリットでは Adho Mukha Svanasana(アド・ムカ・ シュヴァーナ・アサナ)と言います。

yoga1-056[1]

毎回lessonではおなじみの、このアーサナです。

yogaの勉強を本格的に始めた昔、先生から「ダウンドッグはお休みのポーズにもなる」と言われたことがありました。

その昔、yogaをはじめた頃は、こんな格好したことあまりないものだから、これでいいのかよく分からないし、時間が経つと結構キツイし、「なぜこれがお休みにもなるの?」とずっと???な私。

しかし、日々練習をしていると分かります。
短期間で集中的にyogaをする、というよりも、例え毎日でないにしろ、なにか長い時間のなかで定期的に、継続的にすると「なるほど!」と思える時が。

例えば、今日の私。

yoga3-017[1]

yoga3-025[1]

ひたすらこのアーサナを繰り返し
それから

yoga1-084[1]yoga1-089[1]yoga3-097[1]yoga1-012[1]

ねじりに前屈、腹筋群を使い、アームバランスに集中したクラス。

で、ひたすらホールドし続け、終わったらこダウンドッグのに戻る。
と、
yoga1-056[1]

するとホッとしている私。あれ~?さっきよりも楽々出来ているような・・・

もちろん、なにか怪我をしている人や、はじめて間もない人、高齢者や産後すぐの人など、ダウンドッグはちっとも休憩のポーズなんかじゃありません。

正確に言えば、このアーサナが全てのアーサナの基本になるため、レッスンの前半はひたすらこのポーズの意識化を図ります。
どこに意識を向け、どういうふうに身体を動かすか。
何回やっても意識は抜けやすく、持続するのは本当に難しい。
だから、いつも練習をし、いつも繰り返すのです。

でもね、頑張るとなにか一歩進んでいる(ほんとにちょびっとだけど)自分に出会えちゃうものなんです。

と、身体を絶えず意識化し、動かしているのに、心は穏やか。終わった後も。
この集中した心はyogaでは波のない穏やかな海によく例えられます。

この穏やかな海の状態は、ヨーガの教科書といえる、「ヨーガスートラ」という古書に

yogash chitta vritti nirodhah
ヨーガシュ チッタ ヴリッティ ニローダハ
(ヨーガとは心素の働きを抑制することである)

とでてきます。

で、その先には

タットラ スティタウ ヤトゥノービヤーサハ
(絶え間ない不断の努力が修習(アビヤーサ)である)と。

そうなんです。
何事も頑張らずしてはその先のことは見えてこないのですね。

学生のころとか、働いていた(る)ときとかそういう経験、少なからずあると思います。
頑張ったからこそ見えてきたもの。

継続していたら、大変だったことがふと楽にかんじられたこと。(楽は「楽しい」の楽と同じですね♪)

実は、身体の中も同じ。身体を柔軟にすのがyoga。と思われてしまうのですが、
やわらかくしたいその反対の筋肉を強固にする必要があるんです。

なので、アーサナ(ポーズ)をする、繰り返す、をしているとその思いを体感することがあったりします。

と、同時にこの努力の少しあとに
vairagyam 離欲(ヴァイラーギャ)という言葉が出てきます。

頑張る!がアヴィヤーサだとしたら、ヴァイラーギャその反対。流れに身をゆだねるような状態なのです。

あっ話が長くなっちゃった。。。

このお話はまたレッスンのときにでも♪

そうそう、レッスンに来てくれているお母さん、未来のお母さん達。
いつもいつも十分頑張っています♪
妊娠、出産、子育てを機に生活そのものがまるっきり変わっちゃうのですから。
そのための努力、それを受け入れる柔軟性が素晴らしいなぁって思うのです。

自分ではいつも気がつかないかも知れないですが、時には自分で自分を褒めて誇りに思って下さいね。

そしてyogaを通じて心穏やかな時間を体感してもらえたら幸いです。

ナマステ

















NEC_2121.jpg

娘がこれなあに?というので、「ヘビイチゴだよ」と教えてあげたら、それからというもの「えびいちご」
ということになっています(汗)

そういえば、「蒸し暑い」という言葉が、娘には「虫暑い」という認識らしく、毎回のごとく「「虫あつい」って何???おかしいよ」と聞いてきます。

自分の語彙力の中で結びつけて言葉を連想し、誤認識が生じるんですよね。
子どもの言い間違い、聞いていてオモシロイです

さて、yogaオタクの私は時間ができると先生の元へyogaの練習に出かけるのですが、もう、何年やっていても、新しい発見があります。
昔はこれが正しい、と思っていたことも、そうでなかったり。(誤認識していたことに気づくときもあります。)
忘れかけていたことを再認識したり。
分かっている、と思っていても正しくできていなかったり。
できなかったことがゆっくりではあるけれど出来るようになっていたり。

それらを吸収するためには、一度心の中をからっぽにしてその場のyogaに集中してみるとすーっとその感覚が入りやすくなります。

心に壁を作るとなかなか新しいことは入ってこない。

5月は風の抜ける気持ちのいい時期でもあります。

心に風を通すように、衣替えするつもりでyogaをしてもらえたらいいなぁ、なんて思っています。

今月は残り27日開催します。
6月は10、17、24日開催。(3日が休み)

お待ちしております。

ナマステ



人間っって、元々は心の壁やら蓋がきっとないのだろうなぁと思うわが子らの一場面。

この写真のうち、二人は私の娘だけれど、残りの二人は始めて公園で出会った少年二人。

最初は娘二人ともじっとその少年たちを観察してたのだけれど、いつの間にか一緒に楽しんでいる様子。

どうやら少年達が「くるみの種」(私には木クズに見えたのだけれど)を集めていて、そのうちに一歳の娘まで巻き込んでその種を見たり探してた模様。

子供って、自然にその輪の中に溶け込んでいくんだろうなぁ、と見ていて思う。
人見知りでなかなか輪の中に入れない、なんて子でも、興味のあるときや、ふとした瞬間に急に輪の中に入ってしまっていることがある。

大人になると、経験値やら警戒心やら羞恥心やらもういろんな壁が邪魔をして、そうもいかないときもある。

先日、TVを見ていたとき、心屋仁之助さんという方が芸能人のお悩み相談に答えるという中で印象的な言葉がありました。

「自分の思いに蓋をしてそこから逃げたり別のことをしていても、結局その感情はいつかあふれ出てしまうもの」

といった内容の言葉。

だから、その時々に出会った思いから逃げずに、自分自身でそれを受け止めてあげるのが大事と。

yogaも同じだぁ、と思います。

負の感情って、どうしても出てくるものなんだと思います。
怒り、ねたみ、憎しみ、イライラ、いろいろ・・

私もyogaを何年もやっているけれど、そういう感覚が全くなくなるわけではないのです。
子育てしていたら、毎日「もう~」って思うこともたくさん。
ただ、その思いと向き合うことに強くなったかなぁ~なんて思います。

そういう感情について「あたしってやだ~」って思わなくていいんだと思うのです、きっと。

心に蓋をして、いい人を演じてみたり、元気にみせたところで、きっとそれでは心は疲れてしまうのですね。

「あ、今、自分はそういうこと、考えてるんだなぁ~、よしよし、」ってまず自分を受け止めてあげる。

で、もし、一歩踏み込んでできるならば、「自分はなぜそういう風に思ったのだろう?」って考えてあげると自分自身がその感情から開放されることがあります。

yogaのアサナ(ポーズ)は自己の身体に向き合っているようで、実は自己の心との向き合い方を教えてくれます。
集中する。
そこから逃げない。
感覚に耳をすまして体の反応を感じてみる(伸びている、ちょっとつらい、心地よい、いろいろ)
繰り返す。

そんなことで身体と一緒に心を強くしているのだと思います。

だから、yogaって続くんだろうなぁ、なんて思います。

ナマステ






NEC_1866.jpg

ここ何年か、女性とyoga、そして妊婦さんや産後の女性についてより効率的なyogaのアプローチはなんだろう。と日々考えています。

それは、yogaオタクな私自身だけのこだわりで、多分、他の人にはわからないものであってもいいし、そこに固執しないのだけれど、yoga教室をやるからには、一つ一つのアサナや呼吸法にだって、意味をもってやりたい。

と、そんなふうにいつも考えています。

産まないと分からないことがたくさんあった。だからこそテキトーには出来ない。その感覚も大切に、マタニティyogaやママYOGAとして必要なこと、やらないほうがいいこと、そのときのそれぞれの状況に合わせて常にライブで適切なものを、と思って。

そんなわけで、日々精進と勉強ではあるけれど、自信を持ってyogaを導きますので、yogaを楽しみにきてくれたらうれしいです。



さて、先週のレッスン。

きてくださったMちゃんとKさん。
でもMちゃん、いつもと様子が変。
私は久しぶりだからかな?と思って一緒に遊ぼうといろんなおもちゃをだしたり、話しかけたり。

だけど、その後、Kさんは途中で早退という手段を選択しました。

後に連絡をいただき、発熱で体調不良だったとのこと。

あぁ~、私、Mちゃんの体調不良に気がついてあげられなくて、反省です

子供の体調は急変します。
さっきまで元気だったのに、急にぐったり、とか、ぐずぐずとか。

そんなサインをすばやくキャッチしたママの感覚ってすごいなぁと思うのです。

yogaは自分自身について考え、自分自身の感覚を研ぎ澄ましていく作業をしていくのですが、
ママはきっと知らないうちに、子供への感覚も研ぎ澄まされていくのでしょうね。

我が家の次女は靴下を履くことを今、とても楽しんでいます。
履いたときにニッコリ。
まだおしゃべりが上手くないので、この思いをすばやくキャッチして共感してあげられる。
これがお母さんの醍醐味でお母さんの感覚なのだと思います。

yogaでは、子供のこととおんなじように、呼吸を深くして、ほんの少しでもいい、自分の心や身体について考える時間を作ってもらえたらいいなと思います。

集中する時間をつくると、頭の中が整理され、スッキリして、感覚が鋭くなるんです。
それを何度も何度も繰り返して。

ナマステ

yoga4-maternity027[1]

来週は祭日のため、ママYOGAのレッスンはお休みとなります。
18日(月)25日(月)にお待ちしております

今年に入り、妊婦さんだったお二人が無事出産し、babyちゃんを連れてレッスンにご参加してくださっています。

毎回書いてしまうけど、お腹の中にいた子が今ここに存在する軌跡に本当に胸がいっぱいになります。
改めましてご出産おめでとうございます
今回も出産のお話を少し伺いましたが、やっぱり出産は千差万別。誰一人として同じパターンなことがないのですよね。

そして、生きている、ということは必ずそこに意味があるのだと思います。
老若男女問わず、子を持つ人もそうでない人も。

さて、出産はもう一年以上前の話になってやや懐かしくもある私は、育児とレッスンの合間を縫いつつ、yogaやピラティスの研修と練習にでかけています。

今週はヨーガ療法とラージャヨーガの定期勉強会。

瞑想には実はさまざまな方法があり、シンプルなものから高次なものへと、やはりこれも練習が必要になります。
大昔、もともとはこのシルエット写真のように、yogaは何時間も、何十時間も 同じ座位の姿勢で目を閉じ瞑想できるる強靭な心と身体を作ることでした。

今はyogaといえばアーサナ(ポーズ)をイメージされることが多いと思うのですが、それはほんの一部で、そこからもう少し掘り下げると、自己に向き合い、そこから客観視し、我執を取り払い、幸福へと向かう作業をします。
yogaが単なる体操ではない、というのはここにあるのだと思います。
これは普段yogaを教える上でアーサナメインで行うにしても、私自身が知っているのと知らないのでは大きく変わってくるのです。

と、自分がyogaを教えると同時にまだまだ学ぶことが膨大にあり、yogaってすごいなぁ~といつも再確認。

で、また別の場所ではアーサナから深めていく練習も。

yoga2-064[1]

さて、こちらはおなじみのヴィーラバドラアーサナⅡ(戦士のポーズ)。
これを長ーくやるのですが、後半足がプルプルしてきます(汗)シンプルだけど、立位のポーズは身体や自分の呼吸と向き合い意識しやすいですね。 

で、いくつかポーズをとって

yoga1-056[1]


このアーサナに戻ってくると、最初にやったときより、明らかに動きやすい。

日によっては逆転や後屈のチャレンジングなアーサナですが、時折基本に立ち返ると、シンプルな動きにこそ身体を変える要素は多様にあると思うのです。

実は瞑想も同じ。
心の内にある、真の自己(アートマン)は穏やかでもっとシンプル。
壁を取り払い、そこに気づく作業をしていきます。(瞑想の話は記事にすると書ききれないのでまた別の機会にでも。)

呼吸を深くして目を閉じる。
でもね、ママyogaでは子供がいると目が離せないからなかなかできないですよね(笑)日常生活も然り。
そこでママYOGAのレッスンポイントを一つ。

目をあけていても、一つ一つのアーサナの後に一息呼吸する時間をとりますよね。
ここ、大切にしていただけたらいいかなと思っています。

あしたは大雪?どうなるでしょう?
またお会いできるの楽しみにお待ちしております。

ナマステ

20100908095642.jpg

2月レッスン日程のお知らせです。

2月4、18、25日(月三回)

です。

寒くて背中がまるーくなりやすい時期。
肩周りをやわらかく、そこから胸を開いて心も柔軟にできたらいいなあとー思っています。

お待ちしております♪

ナマステ

インストラクター RITSUKO

fc2_2013-01-19_22-23-00-970 (2)

雪の日はちょうどママYOGAのレッスンが祭日でお休みでしたが、雪遊びしましたか?
久しぶりの雪、我が家も子供達はワクワク、ウキウキしていて、翌日、自由登園となった幼稚園にも元気に登園して、雪だらけになって帰宅しました

下の娘さんは雪にやや驚いていたようですが、園にあるこの雪ダルマを先生達が作ってくれたら大喜びだったそうで。

わかるわかる~!このウキウキワクワク感。私も子供の頃そうだったもんなぁ~。
寒かったけど、遊びたいの気持ちが勝るこの子供の好奇心。雪が降る=「やだなぁ~明日仕事いけるかなぁ~」なんてつい考えてしまう大人も見習うべき自然との向き合い方だなぁって思います。

というか、雪の日の当日はあちらこちらで車が立ち往生し、滑っている方々がいたのを我が家のマンションの窓から発見したし、翌日の幼稚園送り迎えも実際大変ではありました(汗)

たまにしか降らない都市部の雪ですが、それについての備えも心がまえも必要。
自然には逆らえない、自然と共に生きるのが自然。
雪は、そんなことを伝えてくれるメッセージなんじゃないかなって思っています。

だから、「雪の日は休んで無理しない。仕事は思いっきり休んで思いっきり楽しむ」←みたいな法律できちゃえばいいのになぁなんて思います

とはいえ、大人は子供よりやはり冷えます。特に女性。
お風呂や洋服などで調整するのも大事ですが、中から温めるというのには、運動が必要なのです。

そう、冬もyoga!

風邪も流行っていますが、体調OKな時は是非中から代謝を上げにレッスンに立ち寄ってください。
お待ちしています♪



スタジオもさりげなく新年の飾りが。

7日よりママYOGAレッスン開始しております。
食べすぎ飲みすぎの場合、ちょうど七草粥の時期に一緒にyogaもすると胃腸の調子もよくなるんですよね。
そんなアーサナをたくさん取り入れながら今月は開催しています。

それから1月は基礎。足の土台をしっかりと意識しつつ、かつ新年の新たな気持ちを助長するように胸を開きます。

来週は残念ながら祝日のためお休み。

1月は残り21日、28日お待ちしています

NEC_1726.jpg

スタジオ、新たに暖房入りました♪ありがたや~♪ だいぶ暖かいです。
ただし、石油ファンヒーターのため、安全上難しいと思う場合は停止させていただきます。
子供たちにも配慮しつつ、この冬はエアコン&このヒーター&yogaであったまっていってください。

しかし、床が冷えますので、長袖や脱ぎ着るしやすいあたたかめのウェア、また、立位のアーサナ以外は靴下を履いたりしつつ、あたたかくyogaできる格好でお越しくださいませ

NEC_1729.jpg

そして、受付カウンターにはなぜか箱根駅伝の旗?(←これ載せてほしそうだったので一応撮影)
本牧工房のsuw兄さんが応援に行ったのだそうです。

駅伝の選手たち、一度間近で拝見したことがあるのですが、早い早い!
全速力?というスピードで駆け抜けていった記憶があります。
それも努力の賜物なんですよね。日々継続することは大きな力となる。それを思い出させてくれます。

寒さに負けず、えいっとスタジオに来られたならそれもまた素晴らしいこと。
毎回、が無理でもコツコツとyogaを日常に取り入れてもらえたら・・子育てしていたってできるって思うのです。
そんな思いを新年新たに思いながら、今日もyoga!

本年もよろしくお願いいたします

大晦日から家族親戚にぎやかに過ごし、新年を迎えました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

どんな2012年でしたか?そして2013年はどんな抱負を持って過ごしますか?

年は変わり、気持ちは新たに。だけど、日々繰り返す毎日をただ丁寧に過ごせたらいいなと思っています。
そして、皆の穏やかで健やかな日々を祈りたいと思います。

2013年もお待ちしています!
YOGA一緒にやりましょう。




さて、私は1月2日よりyogaプラクティス始め。
で、終わった後に空があまりもきれいだったので、撮影しようとしたら、アサナで腕が疲れ、手が上まで上がらずに、こんな仕上がりの写真に(汗)

ヨガマットと街の写真になっちゃいました。
そんなわけで、早速始動しています。

レッスン開催日は
1月7日、21、28日
2月4、18、25日
3月4、11、18日

を予定しております。


fc2_2013-01-02_09-03-54-678.jpg

元旦は穏やかに、お節も少なめに製作。
上の娘さんは昨年同様家出中~(おばあちゃんの家に。)

fc2_2013-01-02_09-03-29-631.jpg

と、いただきますの前にしのびよる食いしん坊の手。
一歳二ヶ月の娘。ほんとによく食べます(笑)

2013年が豊かな年でありますように。

ナマステ

12月17日、今年最後の本牧ママyogaのレッスンが終わりました。
今年ご参加いただいた皆様、ありがとうございました
なんだかまだ12月も中旬で終了だったので、本当はもっと開催したかったし、ちょっと寂しいのですが、また来年!お待ちしております。

1月の日程は

7日、21日、28日(月三回)
となります。


スタジオのかわいい子供達と共にyogaできる時間がもてることがとっても幸せです。

年末、家yogaしたいなぁ~、最近食べすぎだなぁ~なんてときは、
慣れてるかたはスリヤナマスカラ(太陽礼拝)を。

しばらく動いていない方は

yoga1-049[1]

このアーサナを。

いやいや、うそうそ(私もできませんよ。これ)

yoga1-056[1]

身体全身を使うこれがいいですね。

産後の方がいたら、ネコのポーズ、やってみてくださいね。

NEC_1680.jpg

さて、今年のクリスマス
子供の頃のあこがれ、「お菓子のお家」を娘と作りました。二個製作。

お菓子は以前紹介したこの本
卵、乳製品、白砂糖なし。塩麹&甘酒で作る、麹のおいしいスイーツレシピ卵、乳製品、白砂糖なし。塩麹&甘酒で作る、麹のおいしいスイーツレシピ
(2011/11/19)
小紺 有花

商品詳細を見る


この本の塩麹と玄米甘酒のクッキー。
これ、乳製品と卵不使用なので、さっぱりビッスケットっぽく仕上がります。
甘みを減らしたら、オードブル用に上にお惣菜をのっけたりしても美味しいかも。

で、これをくっつけるために、通常アイシング(白砂糖とお水でできているもの)を使うのですが、どうにか白砂糖を使わずにできないかなぁ~と試行錯誤の上、くず粉、甜菜糖、豆乳でどうにか接着!
しかし・・・不器用な私にはこれがもう限界で、細かい装飾はナシとなりました(汗)

この白い粉はココナッツパウダーを使用。
一つはサンタさんに、一つはクリスマスイブのおやつに。

ちなみに、奥に見えているクリスマスツリーは、一歳の次女が幼稚園で作成したかわいいツリー。

NEC_1674.jpg

それにしても、台所の隅っこで、みかんを盗み食いしている次女にサンタはくるのでしょうか・・・

NEC_1682.jpg

「さんたくろぉすへ ほんちょうだい」

こんなぶっきらぼうな長女のお手紙にサンタさんは応えてくれるのか・・・

長女の予想では「10時くらいに来る」らしいのですが。(なぜ?)
ひとまず飾り付けをして待つことにします。

皆様もステキな冬の夜を。





NEC_1655.jpg

今週レッスンに来てくれた、Rちゃんの絵。

だいすきな「おいも」(さつまいも)だそうです。

すんごく上手くかけていたので、ささっと記念撮影

しかも、三個のおいも。
パパとママとRちゃんのおいもなのだそう。
笑顔のおいも、おいしそう~

子供の絵や発想力って、無限で楽しい。
そんな子供達にいい刺激をうけながら、yogaをするのも悪くないです。

今月のテーマは、先月に引き続き「感謝」。
一年のしめくくりに、自分自身へ感謝の気持ちをこめて。

それからもう一つ、これは毎年恒例、「大掃除」
ねじりのポーズ、体側をのばすポーズ、肩甲骨を寄せて胸を開くポーズを取り入れて、一年のいらなくなったものをギュギュっとしぼりだしましょ♪ あ、ついでに脂肪もでていってくれるかも

たくさん美味しいものを食べる季節でもありますので、身心のメンテナンスに、子供の感性の新しい発見に、レッスンを是非活用してください

17日が今年最後のレッスンとなります。
皆様に会えるのをお待ちしております

NEC_1574.jpg

11月、12月の日程の記事に今月そして来月のyogaテーマは「感謝」だというお話をのせました。

呼吸をするときにも、前に前屈をするときにも、自分自身に「ありがとう」とお礼を言うような気持ちで。

で、先日のレッスンで家族ありがとうって、言われたりしますか?って話をしたのです。

みなさんはどうですか?

レッスンに来ていたAさん。お弁当を作ってあげたときにご主人が「ありがとう」って言ってくれるのだそうです。

そのお話を聞いてなんだかじ~んと心があたたまった私。

「ありがとう」は多分皆普段さりげなく使っているのだと思うのです。
でも、いつ言われたっけ?って思うと思い出せない。そんなことがあります。

私も家族にいつ言われたっけ?それから自分はいついったっけ?あまり思い出せません。

毎回気にしなくたって別に構わないと思うのだけれど、ちゃんと感謝の気持ちを受け止めたり、感謝の気持ちを伝えている丁寧な毎日はとてもステキだな、と思うのです。

ましてや自分が自分に「ありがとう」なんて言う機会は全然ないし。
そんなわけで、yogaの時間は「ありがとう」を意識して、自分自身に是非心の中で言ってあげてください。
感謝をこめて身心をほぐしてあげてください。

心も身体も穏やかに軽くなると思います。

私も心をこめて言いたいと思ってます

11月26日、ママYOGAははお休みです。
よろしくお願いします。

NEC_1574.jpg

本牧スタジオにはツリーが登場♪
ツリーがあると日没の早い冬でもなんだかあたたかい気持ちになって好き。

NEC_1573.jpg

あ、一足先にサンタさんもきてます。というか住んでる?
ちなみに、このサンタさんは踊らないらしいです。

NEC_1572.jpg

カウンターには電車も走っていてかわいい♪

NEC_1571.jpg

その後ろにはトナカイさん。
さらにその後ろにのっかるシャイな吉田くんがチラリ。(このアフロヘアーの人は吉田君というらしいです。)

NEC_1576.jpg

飾り付けでとっても気に入っているのはトイレに飾られていたこれ。

yogaと全然関係ないけど、スタジオに来ると一緒にクリスマス気分も味わえてステキです。

スタジオのmakiさん本牧工房のsuwにいさん、いつもありがとうございます。

NEC_1573.jpg

サンタさん、サンタさん、どうか私にも何かください(笑)

12月は前半の三回3、10、17日でお待ちしています。

サンタさんとツリーを見がてら、是非是非。









出産を機に、女性には女性ならではの身体の動かし方とケアの方法がある!
と考えさせられてから、女性にフォーカスした勉強をちょこちょことしています。

yogaはもちろん男性も含めその考え方は万人にに通ずると思うのですが、yogaアサナ(ポーズ)や食、体力のことなどは男女さがあり、それにあわせた方法が必要だなぁ~って。

と、先月スポーツドクターの中村格子さんにお会いし講義をお聞きしました。

「大人のラジオ体操」はTVでも取り上げられてみたことがある人も多いのでは?

このブログは主にママyogaのブログとして記事を書いているのであまり書かないのですが、私はピラティスの勉強もしていてレッスンを持っています。
それから以前はエアロビクスのインストラクターも。
(ちなみに、その昔はなぜか高校国語の代替教諭もしていてたという紆余曲折な経歴(汗))

話がそれちゃったのですが、で、講義を聞きつつこのピラティスとyoga、女性には特にいい動きが入っているなぁ~って改めて思った私です。

それからまた、男女の筋力の差や、加齢に伴う能力の変化などを具体的に数字で教えていただきました。

レッスンでお話をすでにしたのですが、yogaでは眉間のアジュナーチャクラを意識しながら行うyogaが効果的というお話。この講義でもお話されていてなんだか納得。
脳科学とか医学とかホルモンの働きとかまったく知らなかった時代にyogaをあみ出したインド人って、すごいな。

そんなわけで、この内容は私のレッスンに活かしますね。

女性にいいyogaレッスンをこれからも心がけて。

ナマステ



NEC_1502.jpg

久々の更新になってしまいました。
これはレッスンにきてくれたRちゃんのブロック作品。
滑り台に階段をつけてくれました
カラフルで、しかも斬新でしょ♪
こんな創作遊びしながらママたちがyogaできるって、ステキだなぁと思います

それから、ママだけ参加の方々も増えてきました。
集中して自分自身に向き合える最高の時間だと思います。
ママyogaはかなりにぎやかですが、それでよろしければ、時にはママだけでご参加是非してみてください♪


さて、日程のお知らせ。

11月12月共に前半の三回をレッスン日とさせていただきます。

11月5、12、19日(月三回)
12月3、10、17日(月三回)

10:00~with baby
11:15~with Kids

安全上時間帯を分けさせていただいておりますが、お昼ね等の関係でどちらにご参加いただいてもOKです。
(ただし、とくにねんねのbabyちゃんには配慮をお願いしております。)

びっくりなことに、今年もあと二ヶ月なんですね~。
スタジオはだいぶ寒くなってきましたので暖房もつけております。
床は冷えますので羽織りモノや靴下、レッグウォーマー、レギンスなどなど、身体のあらゆる「首」まわりをあたためられて動きやすい格好でお越し(持参)下さい。

靴下は立位のポーズときに脱いでいただければOKです♪

今月は身体をあたためる呼吸法とゆっくりのんびりとした(っていいながらしっかり動いちゃったりするんですが)アーサナをメインに進めていきます。

なぜなら、今年一年の感謝の気持ちを自分自身にこめてyogaをするからです。

一息ごとに自分自身に「ありがとう」の気持ちをこめて。

じっくりのんびりと。
ただし、ゆるめるだけでは身心はダメになっちゃうのです。なのでメリハリもつけて強化もしつつ。

ナマステ

ハッピーハロウィーン♪
YOGAとは全然関係ないのですが、子供達も一緒のママYOGAでは子供達の大好きなイベントも大事にします

PhotoGrid_1347283232203.png

というわけで、もうすぐハロウィンの29日のレッスンでは、ちょっぴりだけど、お菓子をプレゼント♪
白砂糖、乳製品、卵不使用のクッキーをプレゼントの予定です♪

NEC_1404.jpg

これのおわびに(笑)もらって帰ってね。

この日に体験の方、久々の方ももちろん、皆様にお渡ししますので是非お越しくださいね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。