横浜のyogini、ritsukoのyoga日記。 出産を機に、積極的に女性のためのyoga、産前産後のyoga、子連れOkのyogaレッスンを行っています。他 心と体を整えるyogaをいろいろと。 地球と自分、家族や子供たちに健康的でやさしいhappylifeを♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



久しぶりの更新です。
そして、久々の家族休暇は家族で安曇野へいってまいりました。
こののどかな風景。どこにいってもふっとこんな景色が目に入り幸せな旅行でした。

変形性膝関節症の母に温泉をプレゼント。
といいつつ、子供達もいっしょでしたのでだいぶ子供時間にあわせた旅行になりましたが、元気に皆ででかけられたことにただただ感謝。

さて、遅くなりまして申し訳ありません。

今月から7月までのレッスン日程です。

5月12、19、26(全三回)
6月9、16、23(2日と30日はお休み)(全三回)
7月7、14、28(全三回)
です。

気候もよくなりました。続けることって大事です。
一回足が遠のいてしまったって問題ないんです。
ふと気が向いたときに戻ってきて下さいね。

いろいろ書きたいことがたくさんなのですが、また改めて。

そして、レッスンでもあたたかいお話を聞かせていただき本当に感謝です。
いつものさりげない会話が大好きです。

幼稚園に泣かずに行かれるようになった話や
宝物の話や
赤ちゃんがお腹にいるお話や

そうそう、二歳の娘に「あなたはママのお腹にいたんだよ~」と話をすると、もうほんとうに幸せそうな微笑みを浮かべます。


うちの娘に限らず、ここに存在する全ての人々はそうやって守られながら産まれてきたのです。
守られて産まれてきたということは生きる意味があるんですよね。

生きてるだけですばらしい

この言葉はそういうことだと思います。

では流産を経験した人は?という質問をされたことがあります。

それもやはり必要だから、意味があるのだろうと思います。

その人自身に「あなたには生きる意味があるのですよ。守られて産まれてきたのですから」
と教えに来てくれたのだと思うのです。

今日はホントに気候のよいあたたかい一日でした。
以前にも記事にしたことがある、娘の友人の男の子のお墓参りにでかけました。

ホントに小さな男の子。四歳でお空に旅立った男の子。

「今を笑って、今を全力で生きていますか?」

迷ったときに祈ると、いつもそんな答えが返ってくるような気がして。

いつも笑顔でいつも一生懸命な男の子でした。

深く深く呼吸して、自分のことを思い、いたわり、大切にする時間。
それがyogaです。

ナマステ




長女の入学式を無事終えて、ドキドキの登下校を見まもる中、私も新しい学びを始めた四月の前半。
4日間のyoga。女性のための、妊娠、出産、産後の勉強でしたが、それは素晴らしい、私の宝です。

「頭で考えるな、子宮で考えろ。」
以前、河瀬監督の「玄牝(げんぴん)」という映画を見たとき、講演にいらしてくれた吉村正先生の言った言葉
そして、「産まれる」という映画の中で助産師さんが言っていた言葉。

その後、私が次女を授かったときに、産院の助産師さんに言われた言葉。

そしてこのyogaトレーニングでも、先生に言われた言葉。
私は何か自分のマインドを強くしたい時に、この言葉に救われているような気がします。

受ける前までは、自分の指導の質を向上させるのが目的で、とにかく「頭で考える」ばっかりしていたのですが、
そうじゃなかった。

まず指導をする前に自分を正す。
そうすればおのずと人にyogaが伝わるのですね。

だからこの数日は自己に向き合い、子宮で考えて自分自身を整える日々となりました。

よく、指導者は、ほかのレッスンを受けるとき「自分ならこう教える」「この指導がすばらしい」とか、心ここにあらず、頭で考えてしまうことがあるといいます。
でも、それは真のyogaにはならない。意識が外に向いていて、自己に向き合うことが出来ていないから。

今回はそれは全く排除。
不思議とみんなそんな感覚だったようで。

だから、マインドの浄化が進み、涙したりたくさんため息をだしたり。終わることには本当にみんないい笑顔。

子宮で考える。
それは、頭で考えずに、自分の内側に向き合うこと。
直感を研ぎ澄ます訓練をするということ。
自分を大切にするということ。
自分をあたたかく見守るということ

生まれながら子宮を持つ女性にはその感覚がすぐれているのだそうです。
頭で考えてばかりだと、バランスが崩れてします。
そして、なにかの理由で子宮を取ったという方でも、それでもその感覚は一生持ちえるすばらしい感覚なのです。

たくさんの妊婦さんにも囲まれて、また、不妊治療をしている人達にも出会い、最後にはみなでいいエネルギーに満ち溢れたいい笑顔で解散。
ホントにステキなクラスだったな。


DSC_1073 (1)

これはそのときに先生からひいたカード。
直感、子宮で考えてぱっと取ったカードです。

これは先生の住むバイロンベイのアーティストの手書きカードなのだそう。

開いたのはこれ。

蓮の花。

connectionの文字。

DSC_1091 (1)

長女の描く絵に似ている。とぱっと思いました。
そう。
私は多分yogaを教える人である前に、自分の家族を愛し大切にしなさい。つながりなさい。と、心の声を聴きました。
そうしたらそれはyogaの道を経て皆につながる。そんなふうに
私の子宮は考えました。


蓮の花。connection

そんな思いを胸に、これからのレッスンで少しずつシェアしていきますね。

皆様ともつながれますように。
yogaを通じて蓮の花のように美しく花開きますように。

ナマステ




4月の日程です
4月7日はお休みになりますのでご注意ください。
4月14、21、28(月曜日全三回)
そして5月の日程です。
5月12、19、26(月曜日全三回)です。
6月は日程まだ未定ですが、分かり次第お伝えします。全三回のレッスン予定です。


出会いの季節、別れの季節。
この春はいろいろなことがありました。

卒園もあり、入学もあり、叔父が急逝したり。

レッスンでは産後仕事復帰される方が多く、新たな出発のちょっと寂しくでも晴れ晴れしくもある別れを惜しみながらのクラスが多かったです。
たくさん書きたいことがあったのだけれど、それはまた別の機会に。

桜の咲く空を見上げて、思いました。
毎年同じように巡っているようだけれど、この桜も毎回同じではなく。

今年も花を咲かせてくれたことに感謝しつつ、今ここにいることに感謝しながらの春。

それにしても、長女が小学生ですもの。
昔babyの頃から来てくれていたお友達も小学生になったり、入園をしたり。
何か新しく始動する春ですね。

私もみんなに刺激を受け、新年度早々、また新たにマタニティ、産後についての勉強に行ってきます。
もう何度も受けていることではあるけれど、また新たに。そして、レッスンの中に生かせますように。
それと女性とシニアのためのyoga、Pilatesの勉強も。
また別の指導者から受けると視点も変わるので新たな発見もあり。


DSC_1016_convert_20140407002539.jpg

生後10日のうさぎの赤ちゃんに出会いました。
ちっちゃっ!
こんなにちっちゃいのね~。
赤ちゃんってみんな、ここからStartするのですね。
人間も。
命って神秘だな。

DSC_1024_convert_20140407002825.jpg

次女さんと愉快な仲間たちも着実に成長しています。
まるまると?いや、スクスクと成長しております(汗)

このトンネルの中に「おばけやかいじゅうがいる~」と、想像をいっぱい膨らませて会話するちびさん達。
子供達の想像力、視点を変える力を持っているから好きです。
何でもないただのトンネルだって、こんなにワクワクドキドキになっちゃうもんね。

4月。
ワクワクドキドキの新鮮な気持ちをたくさん心に吸収するために、心をからっぽにしてyogaしてみませんか。

お待ちしております。

ナマステ







大雪でしたね。
我が家は雪降るその日から子供達の雪遊びのお供でした(汗)
付き合ってくれた家族たちにも感謝です。
この日は家に引きこもろうと心に決めていたのに、そういうわけにもいかず・・・
がしかし、出てみるとこれがまた楽しくて楽しくて
車が通らないことをいいことに、この日道路を独占!
そりすべりまで堪能です

DSC_0747.jpg

かまくらも完成~!

IMG_20140211_222854.jpg

が、しかし、次女さん「おうちはいる~」の連発にて私も断念。
雪も寒さもキライなのか???


DSC_0749.jpg

と思いきや、単におなかがすいていただけのようでした(汗)
ごはんを食べて復活!その日の夕方も、翌日もせっせと雪遊び。

DSC_0751.jpg

あれ~?雪だるまを作るはずなのに、小さな頭が二つ・・・。次女さんの作品です(笑)


寒い曇天が続き、今日も粉雪が舞う一日。
この大雪の影響はまだしばらく続くかもしれませんね。

ちょうど10日は本牧ママyogaレッスンがお休み。
寒いし、雪解けもまだまだだし、休む運命だったのでしょうか。

足元まだまだ悪く、車も危ないですね。滑ってる人も車も何人も目撃です。
用心しながら、あたたかくなるのを待ちます。

それにしても、爆弾低気圧、大雪、やっぱり環境の変化を感じずにはいられません。
大雪に対しての備えももう一度見直す必要がありそうですし、地球のこと、もう一度考える必要がありそうですね。
雪遊びは楽しいけれど。

次回は17日です。
あたたかくなりますように。

お待ちしています

※2月10日、本牧ママyogaはお休みになります。
お間違えのないようにお願いいたします


DSC_0713.jpg

いつもは喧嘩ばかりですが、それと同じくらい仲良しな姉妹。
手をつないで歩いてる姿はいいなぁ~。あたたかい気持ちになります。

今日は夜、おばあちゃんの家に出かけ、義妹とおじいちゃんおばあちゃんと楽しく遊んでいたようです。
そして私は夜にレッスン先のスタジオにて勉強会。

今回は痛みがある人に対するyogaのアプローチの方法。

このお話は折に触れ、レッスンの中でシェアしたり活用していきますね。

充実の学び時間。

海外の講師に通訳のつくスタイルは悪くないです。
なぜなら、訳していただいている間に、より理解が深まるから。
ストンと身体の中に理解できるまでの時間ができるというか。
英語の単語もよく出てくる語がキーワード。
そこがポイントにもなります。

そんな講義の中で、「I don`t know」を大事にと。

心に響きました。

知らないってネガティブな言葉?
そんなことはないのです。
知ったかぶりの「知っている」よりどんなに素晴らしいか。

「I don`t know」の精神で向き合うと、より深くその学びや身体に対する理解、敬意が高まるのですね。
「知っている!」と、壁を作ってしまうことで、そこから先、何も進まないことがある。

その点子供を見てるといつも思います。私の先生だなぁって。

知らないからこそ、初めての経験に学び、喜び、わくわくします。
そして「すごいなぁ~」ってキラキラした目をしています。

自転車に乗りたくて、縄跳びを飛びたくて、積み木がつみたくて。
そうして出来たときのあのいい笑顔。ホントにステキです。

雪が降るってだけで、もう大喜びの娘達(笑)
まぁ、「そんなの知ってる~!」って時には知ったかぶりなときもありますけどね。

と、いつも子育てや子供達に照らし合わせてしまう私なのですが、それだけ、子供達の影響力って大きいんですよね。
なんというか、自分が生かされている、という畏敬の思いを感じます。
スタジオに来てくれる子供達を見ていても。

そんなわけで、心を開放して、空っぽにしてから受け入れる学びは、すっと心にも身体にも入ってきます。

いい一日でした。

家族に感謝!

さて、大雪の予報がでていますね。

本牧ママyogaは2月10日がお休みになります。
ちょうどインフルエンザ大流行中ですので、お休みにはちょうどいいかな。
雪解けを楽しむのもよし、オリンピックを楽しむのもよし、心を開放して感動や発見を楽しんでくださいね。
そうしてのんびり楽しめましたら再来週から是非yogaへ。

お待ちしています。

ナマステ



我が家の節分。
レッスンから帰ると、それはもう、娘さんたちが楽しみにしていて、せっせと「節分集会」の準備。

レッスンでも恵方巻きの話をしていたので、我が家も急きょキュウリを巻いて無言で食べ、そして豆まき!!

まずはこれ。

「せつぶんのへや」。節分が行われる会場は、和室だそうで・・・。

ま、とりあえず入りましょう。

DSC_0720.jpg

一緒に作った手作りの鬼たち。

なるほど。これに向かって豆を投げるわけね。

DSC_0722.jpg

下に用意されていた豆となぜか手づくりの豆。
私が「豆ちらばっちゃうとお掃除困るから、紙でつくろうね~」なんて去年一緒に作ったのを思いだしたかな。
しかも、「節分参加券」まで作られてる(汗)
ま、これもいいとして、

あれ?テープが張られてる。
「ここからはじめて!」
・・・。
どうやら、このテープのところに立って豆をぶつけるらしいのです。

DSC_0721.jpg

さて、これは次女さんが顔を書いてくれた鬼。
次女さんは絵に興味がないらしく、まだ目や鼻や口、顔らしきものを書いてくれません。
なのでこんなかんじ・・・。

あれ?でもまてよ?下のほうに長女がなにか書いてる

「3とう」


・・・・・・。

3等!?

あの、これ、夏祭りの的あてゲームじゃないんですけど・・・・

良く見ると、全ての鬼に一等から四等までつけられていて、1等は大きな鬼だそうで・・・。

我が家の節分、ギャグのように終了いたしました(苦笑)

DSC_0726.jpg

あ~もう!本物の豆よりも大変な紙豆のお片づけ・・・

DSC_0724.jpg

しかも、我が家の襖、こんなになっちゃって、鬼退治する前に鬼がきちゃってるし(次女の仕業。)

その後満足げに、幸せそうに眠りについた長女。
鬼を退治できてかなりホッとして寝た次女(ものは壊すクセに、かなりのビビリ屋)

どこまでも自由きままな節分なのでした。

鬼退治できたかなぁ?

邪気を祓い今年一年健やかに過ごせますように。

そしてあたたかい春がやってきますように。

大雪注意報でてますけどね。

2月10日はレッスンお休みです。

また17日にお会いできるのを楽しみにしています。

ナマステ










PhotoGrid_1390522983230.jpg

今年も味噌作り。
今年は近所の友達と一緒にチャレンジ。

次女は残念ながら爆睡お昼寝中でしたが、6歳の長女&友達、がんばってまぜまぜこねこねを楽しみました。

子供達には塩が手にしみるらしく(手も身体もいつも傷だらけ、あざだらけで遊んでますので)「楽しい~」と同じくらい「しみるぅ~」の声があがってました(笑)

お団子にしてポンっと保存容器に勢い良く投げつけて平らにしておしまい。

あとはじっくりと一年熟成です。

去年作った味噌は、夏の終わりに転地返しをし、しっかりと熟成させてから、大活躍しています。
出来上がった味噌は、冷蔵庫で寝かせたほうが味がしっくりなじむかなぁという印象。

大豆が塩と糀とまざり、でもそれだけでは味噌にならなくて、発酵という過程を経て味噌になる。
それには時間が必要なのですね。

「待つ」という時間。

まさに子育てとおんなじだぁ~なんて、そんなふうに思いながら出来上がった味噌を容器につめます。

それにしても、日々はこの「待つ」時間がなかなかもてずに子供達には「早くしてぇ~」「遅いよ~もうぅ~!」なんてことの繰り返しです。
でもねぇ、、、言わないと、行ってしまうんだもの、迎えの幼稚園バスが(笑)

味噌をみながら反省・・・・。

あ、yogaも同じかもしれません。
「待つ」という時間。
ただ待つのではなく、「人事を尽くして天命を待つ」という時間というほうが正確ですね。

そこに集中してやり、あとはそこに執着しない、「手放す」という感覚です。

例えば、yogaのクラスを考えてみると、

やっている時間はそこに集中します。ポーズ、呼吸、身心に注意深く目を向けます。
でも、最後に必ず行うのは「シャバアーサナ」。日本語では「屍のポーズ」などと訳されたりします。
だらんと仰向けになり。力を抜き、寝ちゃう人もいますが、正しくは身体も思考もからっぽにする時間。

今までやってたことも含めてすべて忘れてしまう時間、リセットする時間です。

その日やって出来たこと、出来なかったことにこだわる必要はないのです。
だから、身体が硬い、なんて思っている人もどんどんトライするといいのですね。

そんなことを繰り返して、ただ天命を待つ、、、というとなんだか大げさだから、身をゆだねるというか、味噌の熟成のように待ってあげるというか・・・
それを繰り返すとあれ?できなかったことができるようになったり、身体が軽くなったり、元気になったり、何か自分の中にきっといい変化が起こるものなのだと思うのです。

これは人間の「熟成」なのかな??(笑)

さて、私の日々のyogaの練習も、きちんと復帰して一年以上が過ぎました。
ここ最近、少し変化が起きていて、今まで基礎からやり直していたアーサナを少しステップアップさせて少しずつ漸進させています。

一年でほんのちょっぴり「熟成」。
でも私の産後の身体にはこの時間が必要だったのですね、きっと。

味噌のように「待つ」の時間を大事にしながら、
日々の身心にじっくりと向き合う時間を作りませんか。

ママyogaは月曜日に開催しています。

ナマステ




日常生活には「すごいなぁ~」がいっぱいあふれています。
単に私が感動したがり屋なのかも知れないけれど、「すごいなぁ~」に触れたとき、自分はやっぱりいい刺激を受けているのだと思います。

で、届いたピアノ。
私が子供の頃買ってもらったもの。娘がピアノを始めたので、山梨からはるばる移送。

狭い家がますます狭くなりました(泣)それに、娘たちが体操したり、私のyoga練習に使っていた壁も占領されてしまったので、しばらく壁練習が出来ず・・・。なにか策を考えなければ~。

さて、それはさておき、このピアノ、すんごく重くてどんなに頑張ったって持ち上がりません。

で、このピアノを何人でどうやって運びいれると思います?

正解は二人。そして、特別な機械もなく、完全に手作業です。

いやぁ~、プロはすごい!尊敬確かに重そうだったけど息の合った二人がひょいと持ち上げて見事に狭いうちの玄関から和室へと入れてくれました。

なにやら肩にスリングのような布をひっかけ、それで身体とピアノを固定して持ち上げるようです。

まさか、自分の子供時代に使っていたピアノが娘に受け継がれようとは夢にも思いませんでした。
でも、なんだかこうやって受け継がれるって、嬉しい。

と、そんなことを思っているとその後に頼んでいた調律師さん到着。

狂っていた音をきちんとなおしてくれました。
すごいなぁ~!!なぜ音がわかるの~?? ここにもまた感動。

DSC_0604_convert_20140112005212.jpg

そして、昔私が弾いていた楽譜も一緒に到着。

とっておいてくれた母もすごいし、この楽譜・・・音符がいっぱいだよぉ(@_@;)!

これ弾いていたのかぁ~!昔の私にも感動~(しかし今は弾けず。)

そして、昔の楽譜をもう一度見直し弾きなおしています。

出来なくなっちゃったらまたもう一度。

でもテキトーでは上手くはならない。

やっぱりそこは頑張らなくちゃ上手くはならない。そうやって、成長していくもの。

調律師さんも配送屋さんも、当たり前じゃなく、不断の努力があったはず。

yogaもおんなじ。

しばらくやらないとまた振り出しにもどるアーサナ(ポーズ)もあるけれど、そしたらまた最初からやったらいい。
そうやって心と体は日々漸進していくのだと思っています。

そしてまた、深呼吸をして、心をクリアにしておくと、「すごいなぁ~」にいっぱい出会えるはず。

ナマステ




2014年今年もどうぞよろしくお願いします。

本牧ママyogaは1月6日よりスタート。13日は祝日のため休みとなり、
1月は6、20、27の開催となります。
2月は3、17、24日(全三回)の予定。

どんな新年をお迎えですか
私はというと、年末は29日までyogaとピラティス。そして年始は2日よりyoga始め。
休日は家族や子供達、親戚一同でにぎやかな時間を過ごした年越しでした。

DSC_0574 (1)

おせちは今年は作らず、そのかわりに重ね煮をコトコト楽しみながら年越し。
マスタークックのお鍋でつくる重ね煮はほんのちょっとの塩しか入れていないのに野菜が驚くほど甘くなって美味しいのです。

これに、昆布と干し椎茸を贅沢にもたっぷり使った出汁でお雑煮。

DSC_0585.jpg

いろんな玄米餅の食べ比べをしつつ楽しみました。

DSC_0593_convert_20140104232234.jpg

寒いけど、日差しのありがたさを感じる公園では、長女が急激に自転車(補助なし)をマスター。そして、次女もストライダーに興味を示し、ひたすら公園を走り回るお正月。
今年の干支のごとく、馬のように颯爽と走れるようになれるかな?
ともあれ、上手く乗れたという充足感に満ちた子供達の顔はみていてすがすがしいのです。

先日話をした友人はしばらく休止していた自身のblogを新年を機に再会しました。
どうも自身のblog記事が、いつも見ているblogの記事や言葉のチョイスも含めて無意識に真似ているのがイヤで、一度休止していたのだそうです。

そして瞑想をするかのように一度活字をリセット。
そうしたら、また自分の言葉で自分のチョイスとセンスで記事がかけるようになったのだそう。

誰しも回りから影響を受けながら生きているとは思うのですが、自からの意志とセンスで行動するという能動性は自分自身を一番明るく元気にさせるのでしょうね、きっと。


yoga1-056[1]

さて、私のyogaは基本からじっくりと、しっかりと、どっしりと。
これが本当、大事なのですね。

例年通り、1月のyogaも「土台」をテーマに。基礎を丁寧に見直しながら進んでいきます。
食べすぎ解消、運動不足解消にもいいですね♪
お待ちしています

72.jpg

私の新年の練習は逆転をいくつか。

そして16.jpg

そしてリストラティブもやりました。

姿勢を正してまぶたを閉じる時間は内なる自己に向き合うのに最適。私も友のように、一度外界を見ることをやめ、ほんの少しの時間、自分を感じ、見つめます。

そして目を開けたあとのあの穏やかな爽快感。
全てのものが新鮮に見えてくるから不思議です。


目を閉じて深呼吸をし、スタジオに練習に来ていた皆でマントラも唱えて。

颯爽と走る馬のように、全ての人が光りある方向に向かって進んでいけます様に。


loka-h samasta-h sukhino bhavantu 
(世界のすべてのひとが、幸せになれますように。)

om,shanti, 



2014 RITSUKO



暦通り、年末の忙しさにくじけそうになる私ですが、子供との時間を大事に過ごそうと山梨へ帰省。
田舎の公園や無料の動物園は、祭日でもガラガラ、人がいません(笑)
寒いから、というのもありますが、それが田舎のよいところで、こんな空間ではなんだか急いでいたこともふと立ち止まり、果たして急ぐ必要があったのか?と振り返る機会をくれるのです。(とはいいつつ、確実に締め切りのあるものもアリ急がなくてはならないのですが。)

と、そんな片田舎の公園にカピパラさんが。
温泉らしく、湯気のほわんわか立つ浴槽の中にただひたすらじ~っと。

じ~っと

じ~っと

・・・・。

どんなに待っても動きませんでした(笑)

半眼のとろりとした目は時折目を閉じたり、薄めになったり。。

かわいくて癒される

あわただしい年末だからこそ、夜な夜なyogaをやり、ピラティスをやりそして寝ることにします。

そんな時間やホッと癒される時間も大切ですよね。

ホリデーシーズン。

楽しく、そして癒される休日でありますように。

私はクリスマスもなくいつものようにレッスンをし、自分のための練習に行き、そして夜は家族と過ごす予定です。

あ、そうそう2014年2月の日程です。

3、17、24日 の予定です。

10日が休みになります。

よろしくお願いいたします

ナマステ



先週末にいった公園で、またまた生命力のあるどんぐりを発見。

写真、分かりますか?右側のどんぐり。
芽がでてそれが根をはるのです。そしてひょろひょろっと伸びてどんぐりの実は押し上げられ、ぶらぶらと宙に浮いています。

非情にも、子供達はたくさんある芽のでたどんぐりをひろって握り締めておりましたが、ひたすら感動するのは私が大人になったからなのか。。。(あ、歳をとったとも言えますね。)

産まれる、だとか、生きる、ということに子供を産んでより感動するようになったのは確か。

生きることの奇跡を知れたのは私にとって価値があり、yogaを深めることにもつながるいい転機でもありました。

と、今週も、9月末にご出産されたNさんがレッスンに産後初参加してくれました!
とにかく、生まれることに敏感なので、もうただただ会えたことに感動。

ママのおなかはすっかりもとに戻っていて、大きかったお腹はなんだか懐かしく、不思議な気持ちでした。

本当におめでとうございます。

これからこのどんぐりみたいにぐんぐん芽をのばし、すくすく成長してくれるのを楽しみにしています。

何か物をもらう嬉しさよりも、子供の誕生だとか、成長だとか、どんぐりの芽だとか、そういうのが嬉しい。
多分、そんな自然の摂理へ回帰していくものなのかも。

と、同時に、どんぐりのそばにはたくさんの枯れ木と枯れ葉が落ちていて、雨に濡れ、土と同化しつつあるのもあり。
死、は皆に平等に訪れるものでもあり、悲しくもあるけれど、また土に還りそこから芽が伸びていくつながりはyogaの考え方そのものだなぁ~、なんて考えながらの自然散策。

DSC_0395_convert_20131121222313.jpg

街を歩くときは回りに迷惑にならぬよう気をつけ、子供達が危なくないようにも気をつけ、どうしても注意してしまうことが多いもの。

泣いたら注意されたり、ベビーカーで狭い通路歩いてたら後ろから舌打ちが聞こえたり、そんなこともあるんですよね。
こんなもやもやもスッキリ解消♪

自然(っていっても整備された公園だけど)の中はそれのルールが極力押さえられるから、親も子ものびのびでいいのですね。

DSC_0409_convert_20131121222447.jpg

この公園にはゴジラの滑り台もあり。

しかし、のびのびといっても、お友達同士の最低限のルールは必要なわけで。
次女さん、お気に入りの滑り台を独り占め(汗)

「だ~めっ!順番!!」っと大声で通せんぼしちゃったりするものだから、困ったものです(涙)
そんな暴言を言い残してさっつさと走り去るものだから母は追いかけるのに必死。

そして、この後のフォローをしてくれるのが長女。(いつもは姉妹ゲンカばかりですが)

相手に「ごめんねぇ~。ちょっと今わがままな時期だからさ。ごめんごめん」
などと大人びたフォローを。(←ふだんの姉妹ゲンカのときも言ってくれたらいいのに~と思う母。)

ともかく、自然に触れると、子供たちにも、生命にも、自分自身にもじっくりと向き合う時間が生まれるものですよね。

子育てのときも、自然散策のときもyogaの練習通り、呼吸深く、じっくりと。

ナマステ






※本牧ママヨガレッスンにて洋服(ママ用)の忘れ物をお預かりしております。
心当たりの方がいらしたら次回のレッスン時に声をかけてくださいませ。

最近のママヨガレッスン。
暖房で調整はしていますが、床がかなり冷えるようになってきました。

そんなわけで、立位のアーサナ以外は靴下はいていても大丈夫ですので、レッグウォーマーや脱ぎ着しやすい羽織物など、快適なあたたかさで動けるように着てきて(持参で)いただけたら有難いです。

と、、暑がり屋さんの子供達はいつも元気にはだしで遊んでくれています。

この写真は先日、久しぶりに会えたMちゃん。
ずいぶんとお姉さんになっていて、背も伸びておしゃべりも上手くなって久々にスタジオに来てくれました。
と、私には全く興味を示さず(笑)ひたすら遊ぶことに夢中。
こんなに熱心に遊んでくれるとおもちゃも本望だなぁって思います。

気がづけば、こんなになが~いMちゃんの背丈ほどもあるタワーが見事に出来上がっていました。
しかも、一度私が安定しやすいように、さりげなく下に土台をつけてあげたのですが、それから何度崩れても、ちゃぁんと土台をつけて積み上げていくんですよね。

よ~く観察し、そして学習する。
何気ない行動をよく見ているから、子供ってすごい。

先月と今月初は、産後久しぶりにお会いできたYさんや、本当に久しぶりにyogaを再開してくれる人が多くてウレシイ時間でもありました。

気がつけばもう11月。
なんとなく気ぜわしくなる12月の前に、一度立ち寄って深呼吸をしてヨガで心と体を整える時間を作っていただけたら幸いです。

ナマステ

DSC_0096.jpg

この三連休で行われたヨガフェスタ。
今年で10周年。
一回目から参加してるのだけれど、あれからもう十年かぁ~。

さて、今回は家族時間にしようと思って有料レッスンの申し込みはしていなかったのですが、
ちょうどタイミングが合って、臨港パークでyogaへ。

外でやるヨガは無料のレッスン。
こんなレッスンがあちこちで開催されています。

同じスタジオ仲間のレッスン。
ファミリーyoga。

なので長女と一緒に参加♪

DSC_0102+(1)_convert_20130923155613.jpg

外でやるこのアーサナ、最高です♪

が、しかし、、、暑かった(汗)
そんなわけでかなり日焼けした私達親子。

DSC_0093.jpg

ついでに縄跳びなんかもしてみたりして(汗)

で、この後中華街に移動したのですが、もう、尋常じゃない混みっぷりにうろたえた親子なのでした。

でも、これだけにぎわっている、横浜。
横浜市民としてはうれしいな。

さて、午後からは敬老の日のお祝い会@中華街、山下公園。

仲の良い夫のおじいちゃんおばあちゃんたちで、ほんっとによく食べる!!!!!!
そしてよく笑い、よく動く!

これ、きっと長寿の秘訣なんだろうなぁ~。

いるだけで幸せになる。そんな祖父母達です。
いつもいつもありがとう。長生きしてね。

DSC_0104.jpg

スマホを操る92歳。
う~ん。かっこいい。

そして、おじいちゃんに「赤い靴の像ってどこ?」と聞かれたのですが、私・・・分かりませんでした(>_<)
横浜に住んですでに10年。
横浜市民検定があったら失格か??

空が青く、高く、風を心地よく感じた一日。

この日は、娘の大好きな友達がなくなった日でもありました。
風になっているかな。

手を合わせ、深呼吸をし、たくさん祈りました。

その家族たちにあうと、まだまだ自分の無力さや被害者への法の矛盾とか、いろんな問題にためいきつくことも多いけど。

それでも、今できることを精一杯、毎日を精一杯やって行こう。


DSC_0005_convert_20130904223524.jpg

近所の公園で夏に見た、セミの抜け殻。

地上にぼこぼこと、セミたちが抜け出た穴あり、この木は手が届かないくらい高い場所にあるのですが、
そこまでたどりついて、殻をやぶり、羽ばたいていったようです。
生命力の跡。

8月。ママYOGAに通って下さっていたYさんが無事第二子を出産されました。
おめでとうございます♪
お姉ちゃんになり、二歳にもなったRちゃん。今どうしているかなぁ。

命の誕生は、いつ聞いても本当に胸がいっぱいになります。

そして、もうすぐ正期産に入るNさん、第二子安定期に入ったKさん。
お腹にいるもう1人の命。何度出会っても神秘的です。

と、思えば、bigbabyで誕生したTっくんは、あっという間におすわりが上手くなり、ずりばいをはじめました。すくすくと、ぐんぐんと。


ママYOGAでは、マタニティの方にはyogaのアーサナを変えて、無理のないように、そして出産するための呼吸法と骨盤の動き、筋力の維持、リラクゼーションを行っています。
なので気軽にご参加くださいませ

そして、私が助産院で第二子を出産したときに言われて印象に残っている言葉

「どんなお産でも、りっぱなお産だよ。」

を心をこめて、改めて記載します。

出産は本当に何が起こるかわからない。
それはもう、神の領域です。

私達はとにかく最善を尽くし、あとは子のパワーを信じるしかない。

帝王切開でも、途中で入院することになっても、立会いでもそうでなくても。

無事産まれてきたことに感謝。
そしてまた、新たな命が無事産まれてきますように。

ナマステ


PhotoGrid_1376614168209.jpg

お盆明け。
yogaにきてくれたみなさんから、たぁくさんの有力お出かけ情報をゲットしました
どこに出かけた話、聞くの楽しいんですよね~。
それで勝手に妄想したりしてみんなと楽しい話をシェアできるというのはいいなぁ~って思います。

さて、私はレッスンのお休みが本牧以外は全くなかったので、週末にちょっとだけ帰省。

そしていつも大好きなマクロビオティックカフェ 「農cafe hakari」がリニューアルオープンした、ということで行ってきました♪

実家から車で数分。

今年はこの暑さと梅雨明けの速さで果物全般収穫が早まっているそうです。

なので、この日ランチして周りを見渡すと、もう巨峰らしき大粒ぶどうが色づいていました。(この季節はまだ青いはずなんですよね。。)

さて、ランチは、雑穀米も選べるようになり、玄米がニガテ、っていう人も気軽に立ち寄れます♪

娘さんはごはんをモリモリ、美味しそうに食べていました。
次女さんは 新しく出来たショップを勝手に物色(汗)なんでもレジに持っていきたがる最近の次女。

そして、ジャムやカレーの素やここの農園の桃も一緒に購入♪

この黄色い桃は「黄金桃」といいます。
ほんの少ししか作っていない珍しい桃なのだそうで、この日も買い求めるお客さんがちらほら。

中身がほんとに黄色くて、そして香りたかく甘くて美味しかった♪

田舎ではプール遊びや、バーベキュー、甥っ子姪っ子ちゃんたちと花火をやったり、子供達とじじばば達の楽しそうな姿は微笑ましいのですよね。

1376547394725.jpg

あっちなみに我が子達、暑い日にはキャベツをかぶっていました。実は私も一緒に(笑)
涼しいです!来年の夏、お試しあれ♪

NEC_2382.jpg

甥っ子ちゃんと姪っ子ちゃんがステージに上がるので、ぶらり、ウクレレピクニックのイベントへ。

たくさんのウクレレ人たちでにぎわっていました。

そして、本牧スタジオにも出店しているアカハワイさんも出店していたのでさっちゃんにも会いに。
スタジオにあるハワイグッズをはじめ、アロハシャツからかわいいクッキーまでたくさんの品々と人々でにぎわっていました♪

夕刻4時。
ステージしたの観客席になんとくなく座ってまっていると、ぽつぽつと、ウクレレをもった老若男女が座りはじめました。

特に場所取りをするわけでもなく、のんびりと。
そしてその輪がどんどんひろがっていき、始まったのはそこにいるみんなでやるウクレレの演奏。

課題曲があってそれをみんなで演奏する、という流れ。
「High five」という曲を皆でシェア。
ハイタッチのことのようですが、webサイトでは、「身近な人とhappyを共有したり、友達や仲間であることの確認など、経歴や文化、環境の違う人々のつながりを表現する行為です」とあります。

そして、このウクレレピクニックの今年のテーマは「アイランドライフスタイル」。

そういえば、日本も島国ですよね。

そんな島国の生活や文化のよさを見直したり、それを共有することなのだそう。

なんだか、そういうの、いいなぁ~なんておもいながらぼんやりとそこに座っているとその周りにいる
ウクレレ人たちの演奏がはじまりました。

ウクレレ。
音がやわらかくて、なんだか空間に溶けていくようなみんなの演奏につつまれて、
というか、ほんとうにそこに包まれているような居心地の良さ。

感動でした。

NEC_2381.jpg

私達は特に楽器を持っていなかったのだけど、その日に買った笛をなんの音も合わないまま楽しそうに吹く娘さん(汗)

それでも、たくさんのウクレレ人とウクレレの演奏が優しく包んでくれました。

つながる、って、yogaの理論なんか使わなくたって、こういうふうに共有できるんだなって。

たまにはマットの上、離れるのもいいですね♪

って、結局私、yogaに結びつけてしまうyogaオタクなんですけどね(笑)

しかも、yogaイベントは最近、場所取りでものすごくあわただしい雰囲気だったりする場合もあるのですが、ここにはそんな雰囲気もなくほんとにただのんびり~のゆったり~。

これが癒される所以のひとつでもあるんだろうなぁ~。

ウクレレの響きがそうさせるのかなぁ?

そんなわけで、帰りに2000円のウクレレを購入♪
おもちゃながら、ちゃんと音もでます。

というわけで、娘とこれを練習して、来年はイベントに参加できるかな??

shantiな空間に本当に感謝な一日。


fc2_2012-07-18_21-39-23-057.jpg

ちょうど一年ほど前の写真。
娘二人共に一年経つとほんとに成長してる。

と、それに比べると私は母として成長しているのだろうか?やや反省の毎日です・・・・。

年長さんの娘。クラスでは選挙ポスターが「あれはなに?」と話題になっているらしく、しきりに説明を求めてきます。

「選挙ポスターだよ」

「選挙って?」

「投票で代表を決めるの」

「投票って?」

 ・・・・・。

と、こんな感じでずーっと質問攻め。
しかし、ここは根気良く教えてあげるのが親の務め、と思い、ここの町のお当番さんを決めるもので、どの人がいいか、考えて、お当番やってほしい人の名前を書いて決められたところに出すのだよ。と。そしてお当番さんに選ばれた人は、町を良くするために一生懸命働くの、

と、こんなかんじの説明です(汗) 

「お当番」というのは娘にとってはとても身近で栄誉ある幼稚園の係で、当番になると先生のお手伝いをしたり、みんなの前にでて挨拶をしたりインタビューをしたりするのでとても身近なんですよね。

と、そんなわけで、娘と一緒に「投票」をはどんなものなのかを体験しに、一緒に投票に行きました。

社会の仕組みをしる第一歩かな。

と、こんなふうに特に真剣に選挙について考えるようになったのも、子供ができてから。
「私が投票しなくても別に~」なんて考えてる若かりしときもあったのですが、それじゃぁ何も変わらない。

避けていても、誰かが何かしてくれる、では変わらない。

未来を担う子供達のために、考え、投票する、ということはとても大きな意味を持っています。

「投票もせずに世の中の文句ばかり言うな」と、私の義妹が先輩に言われたそうですが、ごもっとも。
本当にその通りです。

TPPとか、食の安全、子育ての支援、教育・・・・。

ちょっとずつ、できるところから、考えて子供たちにも伝えていくのも親としてできることなのだろうなぁなんて思います。


57213403_o1[1]

これ、買いました
とーってもお気に入りです。

画像はホームページよりお借りしました。
私の所属しているレッスンスタジオの一つ、スタジオヨギーの展開するyoga&ライフウェアの「ヨギーサンクチュアリ」のチュニック。

yoga用、というよりは普段着。気に入りすぎて、色違いも購入予定。

オーガニックコットン100パーセント。
肌が弱い方や、着心地重視、あと子供が肌が弱いなんて方にもコットンっていいですよね。

我が家は次女が肌が弱く、服によってはすぐに湿疹ができるので、コットンはすごく助かります。

そういえば、コットンといえば、娘の卒乳後から、布ナプキンへ移行。
これがまた心地いいんですよね。(布ナプキンの記事はまた改めて。)


で、この左むねに、ポケットが付いてるのです。

名づけて「どんぐりポケット」♪

お母さんなら、「ママぁ~これちょっと持ってて」って言われることよくありますよね。
特に、小さいもの。シールとか、石とか、どんぐりとか。

この「ちょっと持ってて~」のときにこのポケットが活躍してくれるんですね♪

あ、あと、マタニティの方も着られるし、授乳中の方は下のほうからbabyちゃんを入れてもらい、授乳も可能です。

もちろん、そうでないステキ女子も。スタッフもかわいく着こなしていてニーズが幅広くてステキ。

yogaをするときはユニクロとかナイキとか、値段も手ごろで機能性にすぐれたのも活用しますが、日常生活にあるコットン、大好きです

7月は残り22、29日レッスン開催します。

ナマステ

NEC_2273.jpg

今朝、レッスンにでかけたら、このわんちゃんが私のことを走って出迎えてくれました。



惚れましたっ

本牧スタジオ、同フロアにあります、まつげエクステhiromiさんの新しい家族なのだそうです。

名前はちゅらちゃん。(あ、ちゅら君か。。。)

人懐っこくてかわいくて、もぉぉ~、犬だけどネコっかわいがりしてしまいそうな予感です

いろんな悲しみを乗り越えて、今、一生懸命頑張っているわんこです。

暑い日は一緒に出勤しているそうなので、もしかして、ママYOGAの日にも会えるかもしれません。

しかし、お客様施術中は、このイスに座って大人しく待っていますので、お客様にご迷惑のならないよう、そぉーっと、そぉーっと見守ってあげて下さい

ナマステ

NEC_2255.jpg

先日の夏空にまっすぐ向かうように伸びていた七夕飾り。
長女の幼稚園にて。

なんだかすがすがしい~。

そして、子供達の願い事、さまざまあってオモシロイ

みんなの願い、届きますように。

7月のママYOGAレッスンは、8,22,29(全三回)にて行います。

お待ちしています

ナマステ

20100908095642.jpg

じめじめ蒸し暑い季節がやってきましたね。
蒸し暑くてだらだら一日を過ごしてしまった・・なんてこともあります。

そんな中、レッスンにご参加いただき本当に感謝です。
レッスンやると、私も元気がupします。
今月もあと一回ありますので、じめじめ空気に身体がだるいという方、雨で外にでかけられないな~なんてとき、ためしにyogaやってみてくださいね♪

yogaの効果って、すごいなぁって思うのです。

いろんなアーサナが効果ありますが、
まずはプラーナヤーマ(呼吸)で身心を一度リセットします。(詳しくはレッスンで。)

それから下半身をたくさん使う立位のアーサナで血流を良くし、胸や体側を開くアーサナ。
股関節周りを伸ばすアーサナ。バランスのアーサナ。で、内臓が冷たい飲み物や水分取りすぎなどで滞る時期ですのでねじる。これがいいんですよね。

・・・って、ほとんど全てのyogaアーサナですね。これ。

つまりは、自分の知っているyogaのポーズをしてみるのがいいんです。できるだけ、いろんな動きを。

と、私は時間があるとyogaの練習に通っているのですが、数日次女の体調が良くなく(発熱)ようやくの自分のために練習にでかけることができました。

いいですね。自分のための時間。
ほんの少しだけだけど、そこがまた貴重で大切な時間。
だから普段よりも集中するし、気持ちが前向きになれる。

全身筋肉痛での帰宅でしたが、それはそれは気持ちは晴れやかでした。

忙しいお母さん達。
そうなんです。自分のために時間を作っていいと思うのですよ。
子供と向き合うとき、心に隙間がなきゃ、穏やかではいられないもの。

と、今日レッスンでお会いしたYさんからそんな話を聞いて、ほんとその通りだと思いました。

私自身、子供が二人になったとたんなんだかあわただしく日々が過ぎています。
ご飯作るのも二倍、しゃべるのも二倍、部屋が散らかるのも、洗濯物も二倍・・・・・・。
こんな生活のなかでいかに平常心を保っていられるか。
その答えの一つは自分のために深く呼吸をし心の中を掃除することなのだと思います。

yogaのアーサナをやるのもよし、プラーナヤーマ(呼吸)だけでもいいし、哲学のなかから子育てのヒントも見出せる。

そうしたらまたカルマヨーガのごとく、子育てに没頭することができるから。

横浜でも、数年前に比べたら格段に預かり保育が充実したと感じます。(働いていなくても預けられる)
それから、次女を産んだ助産院でもこんなケアがはじまったようです。

値段等はともかく、お母さん達のサポートがもっともっと充実して、元気なママ達がたくさん増えたらいいなぁと願います。

お母さんの元気は子供にも伝わるから。

そんなわけで、私も少しでもそんなママたちやこれからママになる人たちをyogaを通じてサポートできたらいいなぁと思っています。
大きな意味でいうと、子供を産む産まないにかかわらず、女性のためにできることはなにか。
そんなことを模索する日々です。

6月は来週もあります。
7月は1日が休み、8、22、29日の三回です(15日は祭日のため休み)

ナマステ




NEC_2103_convert_20130506220752.jpg

以前見つけた季節はずれのトンボ。
よ~く見ると、この石の上に止まっています。

このトンボ、まだ羽が湿ってキラキラしていて、胴体も柔らかく、羽化したてのようでした。

しばらく観察していたのですが、じーっと動かずにまずは羽をかわかし、それから飛ぶためになにか高いところへ移動しようとしているように見てとれました。

誰に教わるわけでもなく、本能で命を輝かせようとしているのです。飛び立つことがこのトンボの今すべきこと。きっと。

そんな命と本能の姿に心打たれていた私なのですが、子供って時に残酷だったりします。

姪っ子ちゃんは棒でかなり豪快にツンツン、次女は「こわい~」とパパの後ろに隠れてしまうし、長女はちょっと興味を示すも、その後はブランコに夢中・・・・。

ヨーガでは、ヨーガの教典「ヨーガスートラ」の中のヤマ(禁戒)にアヒムサー(非暴力)という項目がでてきます。

他人や家族、動物だけでなく、自分自身にも。

これはyogaをする物としての大事なことではあるのですが、子供に伝える、というのは難しい・・・。

先日も、アリをつぶしていた娘。
子供はこんな経験をつみつつ、大人になっていくものなのです。
だから、ここは咎めたりもせず、自分も含め同じ命ある生き物なのだ、ということをただ伝えるにとどめています。

で、そんな娘の心に響いたらしい本が一つありました。

いのちをいただくいのちをいただく
(2009/05/11)
内田 美智子

商品詳細を見る


絵本ではなく、文章がたくさんでてきますので、小学校低学年向きの本かとは思いますが、本が好きで、長いお話が聞けるようになったら、4~6歳の子供達に読み聞かせてあげても理解できるかと思われます。

食肉加工センターにつとめる坂本さんの葛藤や坂本さんの息子の心を描いた作品です。
牛のみぃちゃんが売られてくるところはとても切ない気持ちになります。

「いただきます」の言葉の本質、命、本能、生きるってなんだろうと考えたときはこんなふうに本を読むのもいいのかなぁなんて、思っています。

それにしても「アヒムサー(非暴力)」ちゃんとできているかなぁ~なんて思うと日々反省の毎日。
心を改めて、日々子育てにも自分の身心にも向き合おう~とこの記事を書きながら思うのでした。

ナマステ。



NEC_2085_convert_20130506220718.jpg

故郷の公園から見える富士山。

先日、世界文化遺産登録されるとの報道がありました。
率直に、うれしいなぁと思います。

幼い頃からこの山と山々に見守られるように育ってきたので、山を見ると、特に富士山をみるとなぜだか
拝みたくなります。

だけど。

世界遺産でも、そうでなかったとしても。

富士山は富士山。

ただそこにずっとあるだけ。

本質はかわらない。

経済的には効果があるのだろうけれど、そして、世界遺産とは喜ばしいことだとも思うけれど。

本質は変わらない。

ただそこに美しくあるだけ。

そう考えるのはyogaの智慧でもあります。

自分の身辺や肩書きや役割や年齢が変わったとしても、私は私。
だから、何もあせらず、恐れず、どっしりとしていればいい。
そんなふうに内観することがyogaとしての第一歩。

富士山、まだまだ雪化粧。
夏の富士も、雲に見え隠れする富士も大好きです

ナマステ


fc2_2013-04-28_23-47-18-803.jpg

ママYOGAは祭日が重なり、二週連続のお休みとなりました。
ゴールデンウィーク。
風邪やら胃腸炎の方が私の周囲には多かったような印象で、この季節は体調を崩しやすいのですよね、きっと。
早く回復しますように。そしてまた元気に再会できるのを待っています。

私自身も子供の頃から毎年のごとく、GWにお腹をこわすというのを繰り返してました。
おそらく、はしゃぎすぎ、遊びすぎ、あ、あと柏餅の食べすぎ、ってのが原因のような気が・・・・。
そんなわけで、毎年、用心しなければならない季節なのです。(今年はどうにか元気に乗り切れたようです。)

さて、普段はレッスンのために時間が限られている分、休日は家族時間。
GW前半は箱根に。

初めての箱根彫刻の森。
子供の遊び場満載で、かなり満喫していた娘二人。

しかし、、、子供の後を追いかけまわり、肝心の作品はゆっくりと見れずじまいでした(泣)
ピカソが見られなかったのが心残りでなりません

宿泊先ではゆっくりとお茶とお饅頭を長女と堪能。。。

の、はずだったのですが、おかわりのお茶を入れている間に、長女の置いておいた食べかけのおまんじゅうがないっ!!

fc2_2013-04-28_23-52-58-406.jpg


犯人はこの小さい人。
見てる前ではやらないのに、見ていないところで盗み食い。
これって本能なのでしょうか・・・。

本人、反省のポーズ。

fc2_2013-05-06_14-31-01-363.jpg

そして、GWの後半は山梨へ帰省。
連日公園めぐりの毎日でした。

その成果あってか、娘さん、側転をマスター♪
子供の身軽さ、うらやましいです。

私はyogaプラクティスに行くと毎回のようにハンドスタンド(逆立ち)ですが、なにしろ自分の身体が重くて、おまけに意志も弱いので、長時間のキープに耐えられず、すぐに下りてきてしまう始末(汗)

それでもまだまだあきらめず、ただyogaする時間をつくりたいと思っています。

それにしても、子供の日があるなら、「大人の日」ってのを作ってもらえないかなぁ~と思うエゴ丸出しな私です。

ちょっと1人になりたいっっ!

とっても楽しいけど、連日子供達と遊び、帰省も旅行も全て4つ5つの電車を乗り継いでの移動でしたので、疲れた~ってのが本音です。
特に帰り道。
電車に全く興味のない二人。この二人を飽きさせずにどうにか自分の平常心を保って連れてかえる、というのが難しいです。。。

ほんとに、日常生活は日々修行の場だなぁ~と思います。
ずっと穏やかではいられませんもの。

GWどんな毎日でしたか?

ママYOGAは5月13、20、27日で開催します。

食べ過ぎた人。
自分に向き合う時間を作りたい人。
体力をつけたい人。
身体のメンテナンスしたい人。
心穏やかに深い呼吸の練習をしたい人。


お待ちしています

私も、早く会いたいし、皆さんとyogaしたいなぁ~。

ritsuko



ブログの更新が本当に久しぶりになってしまいました(汗)

春休みではありますが、レッスンは普段通りなので、娘を幼稚園の預かり保育に送り迎えしつつ、
のんびりと、花咲く春を堪能した今シーズン。

レッスンにも、今週、先週は会いたかった久しぶりの方々もみえて、もうすぐ幼稚園の子供達もすんごく大きくなり、お腹に赤ちゃんがいるママや初めてのかたや、ほんとに再会が嬉しいレッスンとなりました。

進級、入園、出産、本当におめでとうございます。

春ですね。

今年は桜の花が早く、春休みの公園は花がいっぱい。

PhotoGrid_1364882270604_convert_20130415212703.jpg

娘さん達は、「花より団子」ならぬ「花よりブランコ」なのですが、それでも空を仰ぎ、「わぁ~」といいながら桜見物をしていました。

NEC_1975_convert_20130415213010.jpg

散り落ちる花びらで遊ぶのもまた楽しいのですよね。

そしてすでに新緑がまぶしくなり、木々ってこの季節にあっという間の移り変わりを見せてくれます。

そう。

自然は移り変わります。

この世は変わるものであふれています。

「変わらないもの」と勘違いしてしまうと、そこにエゴが生まれるのですね。

移り変わる、と受け入れると、心はふっと軽くなります。

子供は大きくなるし、おしゃべりも増え、ちょっと生意気、にもなるかもしれません。
そして自分自身は歳をとり、ちょっとイヤだけどシワも白髪もでてくるものなんですよね。

そんなときどう思うか。
やだな~って思いつつもすぐに穏やかにまたはポジティブに考えられる思考へと導いてくれる、それがyogaなんですよね。

本質にある自分。内なる自分をみつめなおす時間。
yogaのアーサナを通じ、身体の感覚を注意深く観察しながら心を穏やかにしていくのです。

そうすると、自然と心が軽くなる。

そんなことをyogaでは繰り返します。

今月は残り22日に開催します。
5月は13、20.27日です。

10:00~と11:15~の二回。

また、ママYOGAではなく、大人のみのyoga行きたい、という方がいらしたら、本牧yogaが水曜と土曜日に開催しています。(担当は私ではありません。)
ブログはコチラ
内容はこのブログ内一月の日程のところをご参照いただくと共に、各インストラクターにお問い合わせ下さいませ
回数券につきましては、こちらのママYOGAとの相互利用も行っています。

ナマステ


先日のレッスンに来てくれていたUちゃん。
最初はのんびりと、みんなの様子を伺っていて、後半にブロックを出したら目がキラッキラ

で、何をするのかと思ったら・・・

NEC_1941.jpg


おおーっ!!乗り物になってた

このブロックで車を作った子ははじめて。
そんなわけで思わず記念撮影です。

NEC_1940.jpg

二人乗りバージョンもあり。

yogaでもこのブロックがあるとできるアーサナがぐんと増え、身体の関節や弱い部分にかかる負担を減らすことができます。

さらに子供の遊び道具にもなるなんて。

そして発想力一つでこんなステキな乗り物にも変身

子供達の発想力って、すごいな。
大人は「こういうものだ!」って思うと、そこから発想力にブレーキがかかっちゃうけど、子供の思考能力は壁がない。無限大。

いつもは写真をとるチャンスを逃してしまうけど、yogaをやりながら、そんな光景を何回も見かけます。

それならば。

大人だって子供に負けず、心の壁をちょっと低くして、心を開いていくと見えてくる発見があるはず。
まずはyogaのポーズと呼吸法から。
自分と向き合って、楽しみながら、自分の身心でためしてみるといいかなぁなんて思います。

ママYOGAは、月曜日に開催中~

ナマステ



一ヶ月以上前から飾って楽しんでいる我が家のお雛様。
手のひらサイズです。

ひな祭り。

初節句を迎えたbabyちゃん達、おめでとうございます。
そして、二回目、三回目、○十回目の人も

fc2_2013-03-03_14-33-57-432.jpg

チラシ寿司の具は、欲しい椎茸、ニンジン、こんにゃく、高野豆腐、レンコン。

呼吸器系に万能とされるレンコンをどうしても使いたくて、細かく刻んで混ぜ込みました。

寿司飯はりんごジュースに梅酢で簡単に。

fc2_2013-03-03_14-32-10-075.jpg

で、毎年このデザインのお子様メニューな我が家(汗)

そんなわけで上の娘さんからは「あ~!コレ知ってる~!」ってな反応でした(笑)

この黄色いのは卵焼きではなく、かぼちゃと小麦粉でできています。
これは甘みをつけているので娘たちが大好きなのです。

fc2_2013-03-03_14-35-14-505.jpg

と、準備をしてる間に、早速つまみ食いしちゃってる娘さん。顔食べちゃってるし

我が家、食事は大変あわただしいです。
テーブルの上を片付ける間もないまま、一歳の娘さんが待てずに食べる・・・。そんなパターン。

fc2_2013-03-05_13-02-07-793.jpg

ひな祭りには甘酒~♪

でも、うちの娘さんたち、このままでは味がニガテな様子。
マクロビオティックをゆるゆると続けていますが、無理しない、美味しく食べるものを工夫する、が基本。

fc2_2013-03-05_13-04-17-306.jpg

そんなわけでこれとくず粉でココアプリン風に。

苺をのせて、美味しそうに食べてくれました。

美味しい顔が一番。

子供達皆が健やかに成長しますように。
そういう世の中でありますように。

もうすぐ震災から二年。

loka-h samasta-h sukhino bhavantu 
(世界のすべてのひとが、幸せになれますように。)

om,shanti, 



12月になりましたね~。
今日はとっても寒かった~。

暖房が途中効かず、ご迷惑おかけいたしました

レッスンご参加の皆様、よかったらあたたかい格好+動きやすい格好を着ていただくか、ご持参くださいませ

シャバアーサナ中はブランケットがあります。

久々に会えたAちゃん。大きくなっておしゃべりも上手くてなんだか感激な再会。
写真が上手く撮れておらず、掲載できずでしたが、お母さんと一緒にyogaもやっていってくれました。

fc2_2012-11-30_21-55-14-326.jpg



さて、これは、オーストラリアにいる大学時代の親友に送るクリスマスプレゼント。
こちらのブログでもリンクしている水玉新聞舎のナリタノゾミさんにオーダーして作っていただきました
「ネコーシカ」さん、日本風バージョンです。

いつもクリスマスカードやプレゼントを贈ってくれる彼女になにかピンとくるものをあげたいな~と考え続けて数年・・・何も贈らずに数年・・・・
返信はしたものの薄情な友?

いやいや、そう思いつつ、ピンとくるものに遭遇したので、今回やっとオーストラリアへ贈ります♪

写真をとろうと思ったら、早速一歳の娘怪獣に破壊されそうだったので、そそくさと梱包。

この写真にはうつっていませんが、全部で五体。そして最後の一番ちいちゃなコが幸運をもたらすといわれているそうで、我が家も普段しまってあるのですが、なにかお願いしたいときや心穏やかに過ごしたいときに時折出して飾っておくのが私流。

NEC_1644.jpg

我が家に毎年登場するアドベンドカレンダーにもお菓子が入りました。
娘は毎日ワクワクしながら3時に箱をあけてはおやつを食べる毎日。
そわそわしちゃう師走をわくわく丁寧に過ごす親子の儀式でもあり。

NEC_1589.jpg

先日いったディズニーリゾートは気持ちのいい青空で(翌日のシーは雨模様)クリスマスの気分を堪能~。
子供達の目のキラキラ感がたまりません。

NEC_1639.jpg

こちらは先日の日曜に行った横浜ベイサイドのアウトレット。
夕方海辺を散歩しているとなにやら遠くからあかりが・・・

ん?

NEC_1641.jpg

なんと!サンタさんが海から登場~ しかし、大海原に小さないかだのような船はちょっと地味。
音楽もかすかに流れてきます。

さらに拡声器でお兄さんが1人「サンタさぁ~んって呼んでみましょう」と子供達に呼びかけ。
盛り上がりも若干小さめ。

ディズニーリゾートとは規模の違うサンタさんの登場でしたが、一人ひとりにプレゼントを配ってもらい、
これはこれでなんだか手づくり感たっぷりで、寒い冬にホッと温まる思いがけないイベントの一コマでした。

(ちなみに、週末はこのイベントがまだ開催されるようです。)


NEC_1573.jpg

スタジオではこちらのサンタさんが皆様をお待ちしております。(ザキヤマがどこかにいるらしいですよ♪)

寒くなる冬ですが、一年の締めくくりに、自分のために「ありがとう」をいえるほんの少しの時間を一緒にシェアしませんか?

ママYOGAは子供も一緒。だけど、ママたちのために動く時間がたっぷりあります。

今月あと二回、10日、17日 お待ちしております。

1月は祭日を除く月曜日 7日、21日、28日でお待ちしております。

ナマステ

NEC_1575.jpg

今週着てくれたRちゃん。
yogaブロックで遊んでます♪
写真にはとれなかったんだけど、このブロックで道を作り、その間にボールを転がそうとしていて、この発想に感激していた私です。

子供は遊びの天才!

ママyogaのレッスンは、時間が限られていることもあり、特にkidsの場合、最初と最後以外は基本的には自由に遊んでもらいます。

遊びの中の子供時代の自由さや自発性ってすごく大切にしてあげたいと思うから。

子供経ちは遊びの中で学ぶと自らの子供時代を振り返って思うのです。

そんなわけでその理念をもつシュタイナーのこども園(広尾)にあそびがてら子育て講座を受けに言ってきました。

fc2_2012-11-17_17-27-26-844.jpg

整然としてあたたかみのあるおもちゃ達。

fc2_2012-11-17_17-27-05-081.jpg

で、娘二人も参加して、他のお友達も一緒に整然としていたおもちゃはあっという間に広がってます。

fc2_2012-11-17_17-27-47-886.jpg

うまく写っていないんだけれど、部屋や各所にシュタイナー独自の季節飾りがされていて、お花や絵を丁寧におかれています。
yogaも祭壇を作るのですが、どこかそれに似ているかんじ。

娘連れだったので、全部じっくりはお話を聞けなかったのですが、この子供時代の遊びの大事さの話はすごく参考になります。
それから、自由とはいえ、叱るべきときはきちんと叱る!このポイントを話されていてちょっとホッ。
なにせ、子供とずーっと一緒にいると、100パーセントホトケの顔、というわけにはいきませんもの。

ちなみに、我が家はシュタイナーの幼稚園には入れていません。
親が学んで取り入れることで生かされるのかなぁなんて思います。

どんな場所、どんな学校にいても誰でも日常生活の中で子供達を生き生きせるヒントアリ。

fc2_2012-11-17_17-40-48-526.jpg
fc2_2012-11-17_17-42-07-667.jpg

さて、終了後のおたのしみはココ。
アイランドベジーでごはん。

ハワイアンマクロビオティックなカフェのようです。

確かに、置いてあるメニューも油多めだったり、生(law)フードだったり陰性。

でも味も見た目も雰囲気も、とってもおいしかったです。

fc2_2012-11-17_17-49-44-767 (1)

で、母子共々こども園のおもちゃ以上に気に入ってしまったのがコレ。
カフェの壁。
古いドアやたんすがそのまま壁になっている様子。

この扉はどこに通じるの?
この引き出しには何が入っているの?
ワクワクするような壁です。

心が閉じちゃったり、何かアイデアが浮かばない、そんなときはここのカフェを訪れたら、何かいいことあるかも♪
と思った一日でした♪

fc2_2012-11-03_22-03-41-068.jpg

ふと見ると、我が家の和室にこんなものがっ

ま、まさか、う○こではっ??

うちの下の娘さん、こ、こんなとこでしちゃった???

と、思い、よ~くみたら・・・

さつまいもでした(汗)

あ~よかった

最近、よく動くようになった下の娘さん。
キッチンの野菜ワゴンから持ち出して放置したらしいです。

さつまいもでよかった


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。